b0191190_381287.jpg
閉校した旧仙美里中学校のステンドグラス=2011年8月撮影

b0191190_21454050.jpgリンク集を設定
 インターネットを使って調べ学習などをする場合,意外に検索に時間と労力を使います。そのために
児童のための
★調べ学習リンク集
教員のための ★教師指導リンク集
を作成しました。右のカテゴリをクリックしても進めます。
 教師指導リンク集では,学習指導要領などの情報を検索できます。どうぞご利用ください。

b0191190_16474322.jpg仙美里中学校閉校
 2014年3月31日,仙美里中学校が閉校し,67年の歴史を閉じました。同年4月から 本別中学校に統合しました。
 なお、仙美里中学校の旧校舎は,町民有志のまちづくりグループ「仙美里プロジェクト」(朝日基光会長)が、「世代を問わず楽しめる場所」として,ボルダリングやレストラン,健康促進施設,カラオケ会場などとして再利用されています。また,
グラウンドではトマトの栽培を行い、スポーツセミナーの屋外運動場、関係者駐車場を整備しています。


b0191190_07391069.jpg
本別中,卒業生が1万人
 本別中学校は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,平成25年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。平成26年度3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破
します。卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(前田芳雄会長)が,記念事業として,本別中学校に在籍したことがある読売テレビ特別論説員の岩田公雄氏の講演会と本別中学校校歌挿入DVD制作が行われました。

[PR]
# by sembiri | 2019-12-31 06:06 | 未分類 | Comments(0)


b0191190_04523970.jpg
本別町図書館
=2017年2月撮影

 本別町図書館のボランティア団体「ぶっくる」は4月20日までに,本別中央小学校,勇足小学校,仙美里小学校の町内3校の新1年生計41人に,手作りの交通安全 ストラップとしおりをプレゼント しました。
 4月19日、勇足小学校を「ぶっくる」のメンバー岡部さく子さんと浜向千惠子さんが訪問し,欠席の1人を除く児童6人に手渡しました。

b0191190_04552777.jpg
本別町図書館手作りのしおり
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「新1年生にしおりとストラップ贈る 本別・ぶっくる」 と伝えています。
 【本別】町図書館のボランティア団体「ぶっくる」(綾野治男会長,会員30人)は20日までに,本別中央,勇足,仙美里の町内3小学校の新1年生計41人に,手作りの交通安全ストラップとしおりをプレゼントした。

 安全に登下校してもらおうと,交通安全のストラップを作り始めて4年目。2003年から配布しているしおりと一緒にプレゼントしている。

-略-

 勇足小学校(濱田和光校長)には19日,ぶっくるのメンバー岡部さく子さんと浜向千惠子さんが訪問。欠席の1人を除く児童6人に「車に気を付けて元気に通学してください。本もたくさん読んでね」と手渡した。

-略-

(松本佳久通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月20日17時30分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-23 06:39 | 本別町内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_16293108.jpg
大樹町生涯学習センター
=2016年5月撮影

 4月22日,大樹町で地域の子どもたちに無料で食事を提供する 子ども食堂「たいき食堂おかわり」 が,大樹町生涯学習センターでプレオープンします。
 開設に向け,主催する町民有志の団体「たいき食堂おかわり会」のメンバーが準備を進めていて,22日のメニューはカレーライスを調理します。

 十勝毎日新聞が, 「22日に子ども食堂プレオープン 大樹」 と伝えています。
 【大樹】地域の子どもたちに無料で食事を提供する子ども食堂「たいき食堂おかわり」が22日,町生涯学習センターでプレオープンする。開設に向け,主催する町民有志の団体「たいき食堂おかわり会」(松本麻美代表,19人)のメンバーが準備を進めている。

 メンバーは民生委員や同OB,図書館ボランティア「どんぐりの会」の会員らで構成する。民生委員も務める松本代表(63)が,以前から一人で食事する子どもや独り暮らしの高齢者などの現状を目の当たりにし,「力になりたい」と周囲に相談。昨年5月から,全国各地で広がる「子ども食堂」の大樹での開設を模索してきた。

-略-

 22日当日のメニューはカレーライスで,メンバーが調理する。開催時間は11時半~午後1時半で,参加無料,事前申し込み不要。小学生の他,中学・高校生や保護者,地域住民も対象とする。食事の後は絵本の読み聞かせなども予定している。

(船水よう子通信員)


<子ども食堂>
 2012年に東京で始まり,民間団体の調査では全国に2286カ所,道内113カ所あるとされる。子どもの貧困対策として認知度が上がり,ここ数年で急増。子どもが放課後に安心して過ごせる居場所や,地域の交流の場としての役割もある。十勝では帯広,士幌などで開かれている。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月16日18時00分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-22 06:36 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_05470791.jpg
「仙美里プロジェクト」
=2016年5月撮影

 齋藤真希さんが,昨年4月,夫の新規就農に伴い, 北広島市から 本別に里帰り しました。
 現在,旧仙美里中学校の「仙美里プロジェクト」で ヒーリングサロンを開設 しています。

b0191190_05474960.jpg
「仙美里プロジェクト」食堂
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞の, ちょっとひとこと欄で「本別 齋藤真希さん」 が紹介されています。
齋藤真希さん(38)
「ぜいたくな環境」感謝


 昨年4月,夫の新規就農に伴い,北広島市から本別に里帰りしました。青い空と広い大地,満天の星,おいしい食材,そして温かな人間関係-。こんなぜいたくな環境で子育てができることに心から感謝しています。今は資格を生かし,旧仙美里中学校でヒーリングサロンを開設しています。興味のある人はぜひ立ち寄ってください。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月10日39時分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-21 06:05 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_06554934.jpg
参考写真:私立札幌新陽高校
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E6%96%B0%E9%99%BD%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

 今春,陸別中学校を卒業した林まなかさんと村上夢那さんが,道内唯一の 硬式女子野球部がある 札幌新陽高校に進学 し,練習に励んでいます。
 札幌新陽高校女子野球部は,道内高校で唯一となる硬式クラブです。
 昨年4月の発足時に帯緑園中学校出身の笹谷朱莉さんが入部していて,十勝出身者は今年で3人目になります。

b0191190_05443889.jpg
陸別中学校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「女子野球 いつか勇姿を 硬式は道内唯一 札幌新陽高進学 林さんと村上さん陸別中卒業」 と伝えています。
 【陸別・札幌】今春,陸別中学校を卒業した林まなかさん(15)と村上夢那さん(15)が,道内唯一の硬式女子野球部がある札幌新陽高に進学し,練習に励んでいる。「いつか自分がテレビに映っている姿を見せたい」。2人は夢に向かって厳しいレギュラー争いに挑んでいく。

 林さんは小学2年生から陸別レッドイーグルスで野球を始め,中学の3年間は足寄中との合同練習を続けた。

-略-

 村上さんは小学3年生からイーグルスに入り,中学では2年時から「JBC札幌女子」でプレーした。「打てたとか,センターから走者を刺すとか,結果が出たときの達成感は忘れられない」。指導者らの誘いや期待も背に,2人は進む道を決めた。

 札幌新陽高女子野球部は,道内高校で唯一となる硬式クラブ。昨年4月の発足時に帯緑園中出の笹谷朱莉さん(2年)=が入部しており,十勝出身者は今年で3人目。指導する石井宏監督(54)も帯広出身(啓西小,西陵中)で,道日大高(現道栄高),日大を経て4年間,阪急(現オリックス)と阪神でプレーしたことがある。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月14日12時20分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-20 06:47 | 陸別町の小・中学校 | Comments(0)

浦幌で,親子防災教室

b0171771_21354996.jpg
参考写真:東日本大震災で被災した三陸海岸
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

 3月24日,うらほろ和ごころ体験塾が主催する 「家族で防災について学ぼう」と題した 防災教室 が,浦幌中央公民館で開かれました。
 共催した浦幌町立博物館の持田誠学芸員が,「地震と津波について学ぼう」を演題に講義しました。
 参加者は講義の前に,みんなで準備した炊き出し体験の豚汁と,備蓄用のまぜご飯などを試食しました。

b0171771_21364975.jpg
参考写真:炊き出し用の簡易かまど
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%8A%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%97

 十勝毎日新聞が, 「親子で炊き出し体験 浦幌・防災教室」 と伝えています。
 【浦幌】うらほろ和ごころ体験塾(二瓶隆会長)が主催する「家族で防災について学ぼう」と題した防災教室が3月24日,中央公民館で開かれた。

 幼稚園,保育園の園児から中学生まで約30人と,父母,スタッフ,浦幌神社やすらぎ会(岡本幸雄会長),町議会議員など約60人が参加した。

 共催した町立博物館の持田誠学芸員が,「地震と津波について学ぼう」を演題に講義した。スライドを見ながら過去の地震の被害の様子や,地震の仕組み,津波被害の様子などを学んだ。

 参加者は講義の前に,みんなで準備した炊き出し体験の豚汁と,備蓄用のまぜご飯などを試食した。

-略-

(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月06日8時58分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-19 06:28 | 浦幌町内の小・中学校 | Comments(0)

b0171771_04034326.jpg
陸別小学校
=2016年5月撮影

 4月9日,陸別町内の石橋建設による 通学路の巡回パトロール が,始まりました。
 地域貢献活動として今年で5年目の取り組みで,巡回は陸別小学校・陸別中学校学校と保育所の登下校時に合わせ,1回目が午前7時半から,2回目は午後3時半から15分程度,4月は9日~27日,9月は3日~21日に実施します。

b0171771_04043772.jpg
陸別保育所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「今年も通学路で見守り 陸別・石橋建設巡回パトロール」 と伝えています。
 【陸別】町内の石橋建設(石橋堂裕社長)による通学路の巡回パトロールが9日,始まった。

 地域貢献活動として今年で5年目。この日は陸別小・中学校の入学式で,風が吹く寒い日だったが,子どもたちは元気に「おはようございます」とあいさつ。同社社員が見守る中,笑顔で登校していた。

 巡回は陸別小・中学校と保育所の登下校時に合わせ,1回目が午前7時半から,2回目は午後3時半から15分程度。4月は27日まで,9月は3日から21日まで実施する予定。

-略-

(津田久美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月10日14時29分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-18 04:08 | 陸別町の小・中学校 | Comments(0)

道立農業大学校で入校式

b0171771_03274257.jpg
道立農業大学校正門
=2016年5月撮影

 4月9日、本別町西仙美里にある 道立農業大学校の 2018年度入校式 が開かれました。
 今年度の入校生は畜産経営学科27人、畑作園芸経営学科32人、農業経営研究科6人、稲作経営専攻コース7人の計72人で、また女子は16人、十勝出身者は20人、道外出身者は12人です。

b0171771_03284349.jpg
大学校構内案内
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「 担い手72人が学び開始 本別農大入校式」 と伝えています。
 【本別】道立農業大学校(山黒良寛校長)の2018年度入校式が9日午前10時から、同校体育館で開かれた。道内外の72人が農業の担い手として学びを始める。

 入校生は畜産経営学科27人、畑作園芸経営学科32人、農業経営研究科6人、稲作経営専攻コース7人。女子は16人で、十勝出身者は20人、道外出身者は12人。

 山黒校長が「課題解決のための力を養い、頼られる農業者なってほしい」と式辞。梶田敏博道農政部長(知事代読)、高橋正夫本別町長らの祝辞に続き、在校生が歓迎の言葉を送った。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月09日11時20分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-17 06:47 | 道立農業大学校 | Comments(0)

b0191190_21265688.jpg
士幌町立新田小学校
=2016年8月撮影

 4月9日,今年度末で閉校する 士幌町の新田小学校 に,記念の看板 が掲げられました。
 看板は縦120cm,横4.5メートルcmの2枚で「さようなら新田小」「87年間ありがとう」と記されています。

b0191190_21274230.jpg
士幌町立新田小学校
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「士幌新田小に閉校記念看板設置 「87年間ありがとう」」 と伝えています。
 【士幌】今年度末で閉校する新田小学校(仲敏行校長,児童16人)に9日,記念の看板が掲げられた。

 閉校事業協賛会(岡田智明会長)の記念事業の一環。看板は縦120センチ,横4・5メートルが2枚で「さようなら新田小」「87年間ありがとう」と記されている。

 看板は玄関上部に校章を挟むようにして設置された。この日,協賛会メンバーや地域住民ら約20人が集まり,重機を使って掲げた。

-略-

(川野遼介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月09日20時00分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-16 06:20 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_23383148.jpg
参考写真:シドニー中心業務地区
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%8B%E3%83%BC

 4月6日,幕別町の中学生・高校生海外研修派遣事業の オーストラリア訪問団 が,幕別町役場を訪れ,飯田晴義町長に9日間の体験を報告しました。
 訪問団は江陵高1年の甚野里央さんを団長に,中学2年生16人と高校1年生2人で構成され,3月24日~4月1日の日程でキャンベラ,シドニーなどを訪れ,現地の高校の授業やホームステイを体験しました。

b0191190_23380056.jpg
幕別町役場
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「中高生が豪州研修を帰町報告 幕別」 と伝えています。
 【幕別】町中学生・高校生海外研修派遣事業のオーストラリア訪問団(生徒18人)が6日,町役場を訪れ,飯田晴義町長に9日間の体験を報告した。

 町教委が毎年行っている事業。オーストラリア派遣は20年前に始まり,今年で21回目。今回は3月24日~4月1日の日程でキャンベラ,シドニーなどを訪れ,現地の高校の授業やホームステイを体験した。

-略-

 訪問団は研修先で発表した英語の歌やダンス,現地で作ったブーメランなども披露。飯田町長は「この素晴らしい経験を今後の学校生活や進路に生かしてほしい」と話していた。

(松村智裕)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月09日8時29分の記事
[PR]
# by sembiri | 2018-04-15 06:32 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)