人気ブログランキング |

せんびり(仙美里)ブログトップページ_b0191190_381287.jpg
閉校した旧仙美里中学校のステンドグラス=2011年8月撮影

せんびり(仙美里)ブログトップページ_b0191190_21454050.jpgリンク集を設定
 インターネットを使って調べ学習などをする場合,意外に検索に時間と労力を使います。そのために
児童のための
★調べ学習リンク集
教員のための ★教師指導リンク集
を作成しました。右のカテゴリをクリックしても進めます。
 教師指導リンク集では,学習指導要領などの情報を検索できます。どうぞご利用ください。

せんびり(仙美里)ブログトップページ_b0191190_16474322.jpg
 仙美里中学校閉校
 2014年3月31日,仙美里中学校が閉校し,67年の歴史を閉じました。同年4月から 本別中学校に統合しました。
 なお、仙美里中学校の旧校舎は,町民有志のまちづくりグループ「仙美里プロジェクト」(朝日基光会長)が、「世代を問わず楽しめる場所」として,ボルダリングやレストラン,健康促進施設,カラオケ会場などとして再利用されています。また,
グラウンドではトマトの栽培を行い、スポーツセミナーの屋外運動場、関係者駐車場を整備しています。


# by sembiri | 2020-12-31 06:06 | 未分類 | Comments(0)

清水高生が幼稚園で食育指導_b0191190_10092680.jpg
清水高校
=2014年1月撮影

 昨年の12月13日,清水高校生産技術系列食品分野の3年生14人が,清水幼稚園の 園児に食育指導 を行いました。
 園児18人は生徒の手ほどきを受けながら,ニンジン・ホウレンソウパン作りに挑戦し,動物や花などさまざまな形のパンを作りました。

清水高生が幼稚園で食育指導_b0191190_16495593.jpg
清水町立清水幼稚園=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「清水高生が園児に食育指導」 と伝えています。


 【清水】清水高校生産技術系列食品分野の3年生14人が,清水幼稚園の園児に対する食育指導を同校で行った。

 食べ物の味の知識や,偏食を克服して食べることの大切さを学んでもらおうと,12月13日に実施した。園児18人は生徒の手ほどきを受けながら,ニンジン・ホウレンソウパン作りに挑戦。動物や花などさまざまな形のパンを作った。

 続いて,カスタードやパイナップルフィリングなど4種の味のミニまんじゅうを食べ,「甘い」「しょっぱい」味を当てるゲームを楽しんだ。園児はじっくり味を確かめながらまんじゅうを頬張っていた。

-略-

(那須野唯通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2020年01月10日8時30分の記事の記事

# by sembiri | 2020-01-18 06:07 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

池田高スケート部,忠類小で指導_b0191190_13280732.jpg
池田高校
=2014年1月撮影

 昨年の12月28日,池田高校スケート部を招いて「スケート教室」が,幕別町の忠類小学校スケートリンクで開かれました。
 忠類小の1~6年生26人が参加し,この日に完成したばかりのリンクでスケート部員11人が模範滑走を披露しました。

池田高スケート部,忠類小で指導_b0191190_13263443.jpg
幕別町立忠類小学校=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「池田高スケート部員が指導 忠類」 と伝えています。

 【幕別】池田高校スケート部(木幡伸二監督,部員23人)を招いた「スケート教室」(町教委主催)が12月28日,忠類小学校スケートリンクで開かれた。

 小学1~6年生26人が参加した。この日に完成したばかりのリンクで部員11人が模範滑走を披露。木幡監督が基本的なフォームを確認し,軸をしっかり作ることの大切さなどを説明した。子どもたちはレベルに応じて11グループに分かれ,部員から丁寧な指導を受けた。

-略-

(杉原輝美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2020年01月09日9時46分の記事の記事
# by sembiri | 2020-01-17 06:24 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

陸別中,JA青年部が出前授業_b0191190_09103305.jpg
JA陸別町=2016年5月撮影

 昨年の12月14日,陸別中学校で出前授業 が行われ,JA陸別町青年部と陸別町商工会青年部が講師を務めました。
 1・2年生を対象に行われ,2年生の学級では,JA陸別町青年部長の古田雅俊さんが「人生を豊かにするには」をテーマに授業を進めた。

陸別中,JA青年部が出前授業_b0191190_09091847.jpg
陸別町商工会
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「陸別中で出前授業 JA青年部」 と伝えています。

 【陸別】陸別中学校(濱田和光校長,生徒40人)で,1・2年生を対象にした出前授業が行われた。

 JA陸別町青年部と町商工会青年部が講師を務め,12月14日に実施。2年生では,JA陸別町青年部長の古田雅俊さん(30)が「人生を豊かにするには」をテーマに授業を進めた。

 古田さんは,働くことは「人に喜んでもらうこと」とし,希望する将来の職業を生徒に聞くなどして授業を展開した。プラス思考,勉強好き,読書家を成功する3つのポイントに挙げ,「人生や人格は言葉でつくられる」と説明。「言葉を選ぶのは自分自身で,特にマイナスの感情を伝えるときは言葉の選び方やコントロールが重要」と結んだ。

-略-

(津田久美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2020年01月12日8時30分の記事
# by sembiri | 2020-01-17 06:04 | 陸別町の小・中学校 | Comments(0)

豊頃中で言葉の大切さ学ぶ_b0191190_13162670.jpg
豊頃中学校=2019年5月撮影

 昨年の12月13日,人権擁護委員による 「人権」についての出前講座 が,豊頃中学校で行われました。
 幕別町の人権擁護委員の佐藤晋さんが,1年生の道徳の時間に,絵本「わたしのいもうと」を使って具体的な事例をいくつか紹介しながら,人権についての授業を行いました。

 十勝毎日新聞が, 「言葉の大切さ学ぶ 豊頃」 と伝えています。

 【豊頃】人権擁護委員による出前講座が12月13日,豊頃中学校(服部和樹校長,生徒64人)で行われた。

 幕別町の人権擁護委員の佐藤晋さんが,1年生の道徳の時間に人権についての授業を行った。佐藤委員は,「言った方は感じていないが,言われた方はすごく気になる言葉がある。イジメにつながり,身体的なダメージとなる」とした。

 佐藤さんは,絵本「わたしのいもうと」を使って具体的な事例をいくつか紹介。言葉は大きなエネルギーを持ち,与える影響はとても大きいことを説明し,最後に「自分が発する言葉は,最初は自分に伝わる。軽はずみな言葉を発しない。言葉には責任を持ってほしい」と呼び掛けた。

-略-

(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2020年01月08日9時15分の記事
# by sembiri | 2020-01-16 06:10 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

音更中で薬物乱用防止教室_b0191190_19563058.jpg
【参考写真】精神科医による,乱用薬物の分類
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E7%89%A9%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87

 昨年の12月19日,音更中学校で,全校生徒を対象に 薬物乱用防止教室 が開かれました。
 おとふけ調剤薬局の九谷田裕志薬剤師が講師を務め,「薬剤師からみた薬物乱用」と題して,覚せい剤や麻薬,大麻を乱用した際の状態,弊害について説明しました。

音更中で薬物乱用防止教室_b0191190_19522263.jpg
音更中学校
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「薬物に手を出さない 音更中で薬剤師が講演」 と伝えています。

 【音更】音更中学校(杉本聡校長,生徒269人)で19日,全校生徒を対象にした薬物乱用防止教室が開かれた。おとふけ調剤薬局(町大通7)の九谷田裕志薬剤師が講師を務め,「薬剤師からみた薬物乱用」と題して講話した。

 九谷田薬剤師は覚せい剤や麻薬,大麻を乱用した際の状態,弊害について説明。「乱用することで脳に与えられたダメージは治らない」と強調し,「勉強がはかどる」「楽しくなる」「疲れない」といった薬はないと指摘した。

 薬物を断る勇気を持つことともに,医師や薬剤師の指導のもと「毒にならないように用法,用量を守って」と呼び掛けた。

-略-

(長瀬聡美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2020年01月14日10時45分の記事
# by sembiri | 2020-01-15 06:30 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 
帯広大谷短大生が豊頃の幼児と交流_b0171771_09123076.jpg
帯広大谷短期大学
=2017年2月撮影

 昨年12月13日,豊頃町の幼児芸術観賞会 「帯広大谷短期大学音楽公演」 が,える夢館で行われました。
 こどもプラザと連携し,小学校に入学前の茂岩保育所,大津保育所などに通う幼児ら約70人が訪れました。

帯広大谷短大生が豊頃の幼児と交流_b0171771_09134504.jpg
大津保育所(
豊頃町=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯大谷短大生が幼児と交流 豊頃 と伝えています。
 【豊頃】町の幼児芸術観賞会「帯広大谷短期大学音楽公演」(町教委主催)が12月13日,える夢館で行われた。

 こどもプラザ(廣澤行位所長)と連携し,小学校に入学前の茂岩保育所,大津保育所などに通う幼児ら約70人が訪れた。

 同短大子ども福祉専攻・長崎ゼミの2年生9人がピアノやホルン,トランペットなどでミッキーマウスマーチなどを演奏した他,手遊びや絵本「平原の鹿物語」の読み聞かせを行った。最後は,子どもたちに人気の「パプリカ」を演奏して会場全体で盛り上がった。

-略-

(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2020年01月07日9時00分の記事
# by sembiri | 2020-01-14 06:16 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)


本別中学校で,税の作文表彰式_b0191190_00071572.jpg
本別中学校=2017年2日撮影

 12月11日,今年度の中学生の 「税についての作文」の表彰式 が,本別中学校で行われました。
 本別中学校3年の鈴木健斗君が知事賞,同じ3年の大泉瑚凛君が十勝池田間税会会長賞に選ばれ,佐々木紀幸署長らから表彰状が手渡されました。

 十勝毎日新聞が, 「本別で税についての作文表彰式」 と伝えています。

 【本別】今年度の中学生の「税についての作文」(国税庁,全国納税貯蓄組合連合会主催)の表彰式が12月11日,本別中学校で行われた。

 道内では231校7508編,十勝池田税務署管内からは7校が参加し200編の応募があった。このうち本別中の鈴木健斗君(3年)が知事賞,大泉瑚凛君(同)が十勝池田間税会会長賞に選ばれ,佐々木紀幸署長らから表彰状が手渡された。

 小学生のときに100円を持参し,税込み108円のお菓子が買えなかった体験談を書いた鈴木君は「書くことで,税に関して知ろうという興味が湧いた」とする。大泉君は税金と社会の関わりについて書き,「調べると税金がいろいろなところに使われていることが分かった」と話した。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2020年01月07日9時30分の記事

# by sembiri | 2020-01-13 06:01 | 本別町内の小・中学校 | Comments(0)

芽室小,全道スクールバンドフェス出場を報告_b0191190_00245882.jpg
Kitaraホール(札幌市)
=2010年10月撮影

 1月12日,札幌Kitaraホールで 第36回全道小学校 スクールバンドフェスティバル札幌大会 が行われます。
 この大会に出場する芽室小学校ジュニアウインドアンサンブルが,昨年12月23日,芽室町中央公民館を訪れ,程野仁教育長に健闘を誓いました。

芽室小,全道スクールバンドフェス出場を報告_b0191190_23473310.jpg
芽室小学校
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「全道ジュニアスクールバンドフェス出場を報告 芽室」 と伝えています。

 【芽室】第36回全道小学校スクールバンドフェスティバル札幌大会(12日・札幌)に出場する芽室小学校ジュニアウインドアンサンブル(田島舞南美団長)が昨年12月23日,町中央公民館を訪れ,程野仁教育長に健闘を誓った。

 同11月17日の第34回帯広地区ジュニアバンドフェスティバルで優秀な成績を収め,十勝代表として推薦された。

 この日は,団員28人と顧問の高田育子教諭が訪問。

-略-

(吉田政勝通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2020年01月06日9時00分の記事
# by sembiri | 2020-01-12 06:39 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

陸別小,全道リコーダーアンサンブル出場_b0191190_07540151.jpg
【参考写真】札幌サンプラザホール
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6

 1月11日に札幌サンプラザホールで行われる 第34回全道リコーダーコンテストに出場 する, 陸別小学校の陸別リコーダーアンサンブルクラブ のメンバー7人が,昨年12月24日,陸別町教育委員会の有田勝彦教育長を訪ね健闘を誓いましたた。
 陸別小は,11月に行われた第41回北見地区リコーダーコンテストで上位入賞を果たし,昨年に引き続き全道への推薦を受けました。

陸別小,全道リコーダーアンサンブル出場_b0191190_00301493.jpg
陸別小学校
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「全道リコーダーアンサンブル出場であいさつ 陸別」 と伝えています。

 【陸別】第34回全道リコーダーコンテスト(11日,札幌市)に出場する,陸別小学校の陸別リコーダーアンサンブルクラブのメンバー7人が昨年12月24日,町教委の有田勝彦教育長を訪ね健闘を誓った。

 第41回北見地区リコーダーコンテスト(同11月)で上位入賞を果たし,昨年に引き続き全道への推薦を受けた。演奏曲は地区大会と同じ,トレインズの「ワゴントレイン」「チューチュートレイン」で,小学校の部の合奏に出場する。

 この日はメンバーを代表してリーダーの石橋葵さん(11)が「精一杯頑張ります」と意気込みを語った。

-略-

(津田久美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2020年01月05日9時00分の記事
# by sembiri | 2020-01-11 06:30 | 陸別町の小・中学校 | Comments(0)