人気ブログランキング |

バドミントン選手権,澤田選手初優勝

b0191190_02013147.jpg

【参考写真広島県立総合体育館
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E4%BD%93%E8%82%B2%E9%A4%A8

 昨年12月24~26日,バドミントンの第26回全国小学生選手権大会が,広島県立総合体育館で行われました。
 男子シングルス4年生以下で,帯広明星(めいせい)小学校4年で帯広ジュニアクラブの 澤田修志選手が,初優勝 を飾りました。十勝勢の大会制覇は初の快挙です。
 澤田選手は,昨年の3位から1年を経て頂点に駆け上がりました。

b0191190_02031938.jpg
帯広市立明星小学校
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「澤田全国V,上山・末永組3位小学バドミントン選手権」 と伝えています。
 バドミントンの第26回全国小学生選手権大会(昨年12月24~26日・広島県,日本バドミントン協会など主催)男子シングルス4年生以下で,帯広ジュニアクラブの澤田修志(明星4年)が初優勝を飾った。昨年の同部門3位から1年を経て頂点に駆け上がった。十勝勢の同大会制覇は初の快挙。同クラブの上山怜来・末永萌々歌組(柳町5年・啓北5年)も女子ダブルス5年生以下で3位に入る健闘を見せた。同クラブ勢の女子ダブルスの3位は,前回大会4年生以下での武下亜美・及川沙来杏組(当時・啓北4年)に続き2年連続となった。(内形勝也)

 ◆澤田修志,2桁失点1ゲームのみ完勝
 全国の精鋭34人によるトーナメントで澤田修志が日本一の座に上り詰めた。週4回,澤田を指導する帯広ジュニアクラブの吉田孝志監督が「1,2つ上の学年と試合をしても互角以上に戦える。指導歴23年間で過去最高の選手。将来は五輪に出場するような選手になると信じている」とする逸材だ。
-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月19日16時57分の記事
by sembiri | 2018-01-21 06:41 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)