人気ブログランキング |

b0171771_03281017.jpg
仙美里プロジェクト(旧仙美里中学校)
=2017年8月撮影

 1月7日,本別町の「仙美里プロジェクト」として利活用されている 旧仙美里中学校 で,新成人となった仙美里中の2012年度卒業生らが集まり, 5年ぶりに同窓会 が開かれました。
 仙美里中は2016年12月から,町民有志のプロジェクトが食堂やピアノ教室などを運営しています。

b0171771_03264517.jpg
食堂(旧職員室)
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「母校旧仙美里中で二十歳の懇親 本別」 と伝えています。
 【本別】「仙美里プロジェクト」として利活用されている旧仙美里中学校(2013年度閉校)で7日,新成人となった同校の12年度卒業生らが集まり,5年ぶりに同窓会が開かれた。

 同校は16年12月から,町民有志のプロジェクトが食堂やピアノ教室などを運営している。母校の活用を知った学生の内田芽依さんや都鳥蘭さんらが「自分たちの過ごした教室で会えたら楽しいだろう」と呼び掛け,本別町の成人式後,同窓の8人中5人と親,当時の教職員3人も姿を見せた。

 会場は,現在食堂として使われている旧職員室。「このテーブルは図書室にあったものではないか」「閉校した学校にいることは貴重」-。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月09日9時59分の記事
by sembiri | 2018-01-11 06:32 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

b0191190_00141634.jpg
仙美里プロジェクト
=2016年5月撮影

 本別町の旧仙美里中学校施設を活用する,朝日基光が代表を務める町民有志の 「仙美里プロジェクト」の取り組み が,12月で1年を迎えます。
 学習塾やエステなどのテナントが入り,盆踊りや結婚式といったイベントも展開,地域活性化に一役買ってきました。
 しかし,学校施設の維持費は大きく,年間300万円ほどになり,来年度も継続して運営する意向ですが,どう収入を確保するかが課題として浮かんでいます。

b0191190_00131397.jpg

仙美里プロジェクト=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「リポートT『仙美里プロジェクト1年』」 と伝えています。
 【本別】旧仙美里中学校施設を活用する,町民有志の「仙美里プロジェクト」(朝日基光代表)の取り組みが12月で1年を迎える。学習塾やエステなどのテナントが入り,盆踊りや結婚式といったイベントも展開,地域活性化に一役買ってきた。ただ,学校施設の維持費は大きく,年間300万円ほど。来年度も継続して運営する意向だが,どう収入を確保するかが課題として浮かんでいる。

 人口減少,少子化に伴い廃校になった学校施設の利活用が言われて久しい。本別町の仙美里中学校は2014年3月に閉校。町は特別支援学校の誘致も働き掛けたがかなわず,公募を経て16年12月,現在の運営がスタートした。

 旧仙美里中施設は校舎,体育館,グラウンド,教員住宅(6棟7戸)があり,地域活性化や雇用創出,福祉向上を条件に仙美里プロジェクトが町と貸借契約(無償)を結んでいる。利用期間中の施設修繕や維持管理費は同プロジェクトが負担する内容。

 これまで,体育館ではボルダリングやダンス教室,校舎では食堂,整体・エステサロン,学習塾,ピアノやパソコン教室,カラオケ,将棋会場としても活用され,1階フロア7部屋はすべて使われている。プロを招いた社交ダンスショー,ドレス写真の撮影会,結婚披露宴といったイベントも実施してきた。旧教員住宅は3戸が埋まり,来春には新たに1家族が入って計4戸となる予定だ。

-略-

(木村仁根)


<仙美里プロジェクト>
 本別を中心に足寄からの有志も含めて12人構成。本別コンクリート工業社長の朝日会長はじめ,小川建設工業会長の小川信男さん,本別建設工業社長の佐藤武さんもメンバー。旧仙美里中校舎活用に関する本別町の公募に応募し,全施設を使う拡張性から2016年7月,同プロジェクトと仮契約が交わされた。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月28日9時00分の記事
by sembiri | 2017-11-29 06:09 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

b0191190_02062361.jpg
参考写真:スケートボーディング
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89

 本別町の旧仙美里中学校体育館に12月,スケートボードとボルダリング施設 がオープンする予定です。
 旧仙美里中の利活用に名乗りを上げた町民有志のまちづくりグループ「仙美里プロジェクト」の第1弾事業で,将来的には外国人観光客の宿泊など多彩な取り組みを視野に入れています。

b0171771_05071235.jpg
旧仙美里中学校
=2014年1月,閉校記念式で撮影

 十勝毎日新聞が, 「旧仙美里中にスケボー,ボルタリング施設」 と伝えています。
 【本別】旧仙美里中学校(仙美里元町151)体育館に12月,スケートボードとボルダリング施設がオープンする。同校の利活用に名乗りを上げた町民有志のまちづくりグループ「仙美里プロジェクト」(朝日基光代表)の第1弾事業。将来的には外国人観光客の宿泊など多彩な取り組みを視野に入れている。

 同校は2014年3月に閉校。町の活用主体の公募で今年7月,同プロジェクトが選ばれた。メンバーは町内の会社経営者ら15人。9月に入り,町と同校施設の貸借契約(無償)を結んだ。

 まず12月中に体育館を「スタジアム・ギャラクシー」と名付けてスケボーとボルダリング施設に。東京五輪の種目であり,若者に広がるスポーツとして着目した。トランポリンも設置する予定。

 スケボーは,だ円を半分に切ったような「ミニランプ」を造る。ボルダリングのクライミングウォール(壁)も含め,予算をにらみながら早急に施設規模を決める方針。

   -略-

 廃校から2年余り,特別支援学校の誘致構想など曲折を経て,いよいよ動き出す旧仙美里中学校。砂原勝副町長は「民間の発想での柔軟な活動を期待したい」と話す。(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月01日7時00分の記事

by sembiri | 2016-10-08 06:13 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)


b0191190_21541357.jpg
Mama’sキッチン仙美里=2017年2月撮影
上下の画像は,後日掲載しました。

 2014年3月に閉校した 仙美里中学校の利活用策 が固まりました。
 閉校から2年4カ月ぶりに,地域の中核施設の再利用計画が動きだすことになりました。
 町民有志によるまちづくりグループ「仙美里プロジェクト」がトマトの水耕栽培とカフェレストランの運営,首都圏と十勝の若者のネットワーク組織の拠点事務所などを計画しています。

b0191190_21535686.jpg
Mama’sキッチン仙美里=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「旧仙美里中にレストラン 本別・町民有志のプロジェクト」 と伝えています。
 2014年3月に閉校した仙美里中学校(仙美里元町151)の利活用策が固まった。町民有志によるまちづくりグループ「仙美里プロジェクト」(朝日基光代表)がトマトの水耕栽培とカフェレストランの運営,首都圏と十勝の若者のネットワーク組織の拠点事務所などを計画。閉校から2年4カ月ぶりに,地域の中核施設の再利用計画が動きだすことになった。

 計画によると,校舎では「トマトの林カフェ・レストラン(仮称)」を運営,関連グッズも開発し販売する。また,首都圏の若手アートディレクターやデザイナー,クリエーターなどを定期的に招き,キャリア教育も視野に町内の中高生らとワークショップを開催。地域住民の交流スペースや仙美里の歴史に関する資料の展示スペースも設ける。

 体育館は健康づくりのエクササイズや岩登りを模したクライミング競技・ボルダリングなどのジムや各種スポーツセミナーなどに活用。教職員住宅はスポーツセミナー関係者や来町外国人の宿舎とする。

 グラウンドではトマトの水耕栽培を行い,スポーツセミナーの屋外運動場,関係者駐車場を整備する。敷地の一部は町教委がJA本別町青年部に委託し,仙美里小の食育の一環として,野菜の種まきから収穫までを体験するほ場とする。

   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月28日 13時55分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160728-0024339.php
by sembiri | 2016-08-03 06:08 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

b0191190_06414137.jpg

b0191190_07012837.jpg 今春3月末で閉校した 仙美里中学校の跡利用策 について、本別町は10月にも庁内のプロジェクトチームを再編し、具体的な検討に入ります。

 これまで、災害備蓄庫、全天候型の遊び場、町営住宅、新規就農者研修施設など18項目の案が出されました。一方、仙美里地区の活性化を視野に、地区の自治会などからも意見を聴取、民間活力を導入するために、公募する案も出されました。


写真:仙美里中学校閉校式=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「仙美里中跡地利用で庁内組織再編 本別」 と伝えています。


 【本別】今春閉校した仙美里中学校の跡地利用策について、町は10月にも庁内のプロジェクトチームを再編し、具体的な検討に入る。有力な選択肢だった特別支援学校の設置が、道教委の計画で新得高校に決まったことから、事実上“白紙”になった格好。町教委では「施設は使わずに放置すると損傷が進む。早期に具体策を詰めたい」としている。


 町は廃校の決定を受け、2012年10月に庁内に「仙美里中学校施設等利活用検討委員会」(委員8人、事務局・町教委、企画振興課6人)を設置。総務、農林、住民、建設水道、企画振興の各課、総合ケアセンター、町教委などの職員で構成する横断的なプロジェクトチームが、施設の利活用策を検討していた。

-略-

(鈴木裕之)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/ 2014年09月12日06時30分の記事


by sembiri | 2014-09-16 06:36 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

b0191190_20215264.jpg
仙美里中学校閉校記念式典=2014年1月撮影

 3月15日,今年度で閉校する 仙美里中学校の最後の卒業式 が,体育館で行われました。
 14日,十勝管内の中学校では卒業式が行われ,15日は管内中学校唯一の卒業式になりました。最後の卒業生になる3年生10人が,思い出の詰まった学びやを巣立ちました。
 全校生徒は式典後,校舎前の記念碑の下に10年後の自分に宛てたメッセージを入れたタイムカプセルを埋めました。


b0191190_20241899.jpg
仙美里中学校生全員合唱=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が,「最後の卒業式10人巣立つ 本別町仙美里中」 と伝えています。

【本別】今年度で閉校する仙美里中学校(式見祝賀校長,生徒19人)の卒業式が15日午前9時半から同校体育館で行われた。最後の卒業生になる3年生10人が,思い出の詰まった学びやを巣立った。


 式見校長は一人ひとりに卒業証書を手渡し,「皆さんが残してくれた伝統と校風は学校がなくなっても後輩に必ず引き継がれる。高校では自ら強い意志を持って学び続けてください」と式辞を述べた。高橋正夫町長らが祝辞を述べた。


 卒業生を代表して佐藤安純さんが「閉校しても仙中の思い出は生徒や地域の中で生き続ける。私たち10人は夢と希望と勇気を持ち,自分の選んだ道を歩んでいく」を力強く語った。最後は全校生徒の合唱で締めくくった。


 式典には保護者や地域の人たちが出席し,67年の歴史を閉じる学校の最後の卒業生を送り出した。全校生徒は式典後,校舎前の記念碑の下に10年後の自分に宛てたメッセージを入れたタイムカプセルを埋めた。


 同校は1947年に開校。町北部を通学区に今年度を含めて2031人が卒業した。新年度に本別中学校に統合される。(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年03月15日 11:33の記事


by sembiri | 2014-03-19 06:08 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

 式典を終えて,校庭で 記念碑の除幕式 が行われました。

b0191190_41383.jpg
 晴天ですが,寒い中での記念碑除幕式です。

「仙美里中学校の歴史に幕.3」のつづき(クリック)
by sembiri | 2014-01-31 06:59 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

 2014年1月25日午前9時,いよいよ 仙美里中学校閉校記念式典 が始まりました。
b0191190_2531698.jpg


「仙美里中学校の歴史に幕.2」つづき
by sembiri | 2014-01-30 06:51 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

 この3月,仙美里中学校の 67年の歴史に幕 が下ろされます。
b0191190_29449.jpg

 1月25日,仙美里中学校で閉校記念式典が行われました。

「仙美里中学校の歴史に幕.1」つづき
by sembiri | 2014-01-29 06:45 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)