人気ブログランキング |

カテゴリ:十勝管内の幼稚園・保育園( 40 )

大樹町の園児が農業体験

b0191190_07210363.jpg
大樹町B&G海洋センター
=2016年9月撮影

 10月17日,大樹町青年部は日,大樹町B&G海洋センター横で町内の園児を対象に 「こども農業体験」 を行いました。
 今回は大樹南保育園の全園児と大樹北保育園の年長・年中児,尾田認定こども園の2~5歳児の約125人が参加し,バター作り体験などに取り組みました。

b0191190_07232453.jpg
大樹北保育園
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「園児対象にこども農業体験 大樹」 と伝えています。

 【大樹】JA大樹町青年部(前田竜志部長)は17日,町B&G海洋センター横で町内の園児を対象とした「こども農業体験」を行った。

 農業に関心を持ってもらおうと毎年行っている。今回は大樹南保育園の全園児と同北保育園の年長・年中児,尾田認定こども園の2~5歳児の約125人が参加した。

 バター作り体験では,子どもたちが牛乳と生クリームが入ったペットボトルを懸命に振った。なかなか固まらず,同部員の助けを借りて完成させる子もいた。紙芝居で乳牛について学び,模擬牛による搾乳体験や大型トラクターの試乗にも挑戦した。

-略-

(船水よう子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月24日8時30分の記事

by sembiri | 2019-10-31 06:16 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

b0191190_19193611.jpg
本別消防署=2017年8月撮影

 9月26日,認定こども園ほんべつと本別消防署による 「防火フェスティバル」 が開かれました。
 この日は,本別消防署員のほか本別消防団の女性団員4人と第一分団員約20人が,こども園を訪れ,年少~年長児を対象に防災カードゲームや避難訓練,放水訓練の見学などを行いました。

b0191190_20041794.jpg
認定こども園ほんべつ
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別のこども園で防火フェス」 と伝えています。

 【本別】認定こども園ほんべつ(石田恵園長,園児134人)と本別消防署(上原章司署長)による「防火フェスティバル」が9月26日,同園で開かれた。

 園児や保育士らに防災意識を高めてもらおうと毎年実施している。この日は本別消防署員のほか本別消防団の女性団員4人と第一分団員約20人が同園を訪れ,年少~年長児を対象に防災カードゲームや避難訓練,放水訓練の見学などを行った。

 ゲーム形式で防災について学ぶ「防災ダックカード」を町内保育所では初めて実施。女性団員が「火災」「地震」などのカードを提示すると,園児たちがカードに指定された「タヌキ」や「アヒル」のポースを取り,災害発生時の身の守り方を楽しみながら覚えた。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月09日9時00分の記事
by sembiri | 2019-10-16 06:21 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

本別で園児がイモ掘り

b0191190_23245546.jpg
【参考写真】ジャガイモ掘り
=2017年8月,本別町で撮影

 9月19日、台風の影響で中止となった本別町西勇足にある「ひまわり農園」のほ場で、地域の保育園児らが ジャガイモ掘りを体験 しました。
 イモ堀りには,勇足へき地保育所12人、仙美里へき地保育所5人、認定こども園ほんべつの年長26人の計43人の園児が挑戦しました。

b0191190_23254224.jpg
勇足へき地保育所
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別でイモ収穫体験」 と伝えています。

 【本別】台風の影響で中止となった今年度のひまわり農園(西勇足)のほ場で、地域の保育園児らがジャガイモ掘りを体験した。

 イモ堀りに挑戦したのは勇足へき地保育所12人、仙美里へき地保育所5人、認定こども園ほんべつの年長26人の計43人の園児。9月19日に行った。

 園児たちは長靴に軍手姿で一列に並び、ビニール袋いっぱいにイモを収穫。大きなイモが土の中から出てくると歓声を上げて“出来秋”を喜んでいた。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月02日8時00分の記事
by sembiri | 2019-10-05 06:21 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

池田で園児が炭焼き体験

b0191190_08390006.jpg
池田町炭やき伝承広場(まきばの家)=2016年5月撮影

 9月19日,池田町内の林業関係者でつくる町林業グループは,町内の園児を対象にした 炭焼き・育樹体験 を町炭やき伝承広場と裏側の町有地で初めて行いました。
 5月に広場裏側にミズナラの苗木を植樹した町内の北部地域保育所,池田保育園,池田カトリック幼稚園の園児46人が参加しました。

b0191190_08422616.jpg
池田カトリック幼稚園
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「園児ら炭焼き体験 池田」 と伝えています。

 【池田】町内の林業関係者でつくる町林業グループ(駒形憲一会長)は19日,町内の園児を対象にした炭焼き・育樹体験を町炭やき伝承広場と裏側の町有地(約1500平方メートル)で初めて行った。

 園児らに植樹だけではなく,炭焼きや育樹にも関わってもらおうと実施。5月に広場裏側にミズナラの苗木を植樹した町内の北部地域保育所(太田文子所長),池田保育園(杉浦真理子園長),池田カトリック幼稚園(岩渕つた子園長)の園児46人が参加。

 園児らは,同グループ職員らにアドバイスをもらいながら,植樹したミズナラの周りの雑草を抜いたり,広場でつくられた木炭を敷き詰めて遊歩道を作った。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年09月23日8時30分の記事

by sembiri | 2019-09-29 06:36 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

北栄小で防災キャンプ

b0191190_01253825.jpg
帯広市立北栄小学校=2019年5月撮影

 7月19,20日,帯広北栄小学校で 「防災キャンプ」 が行われ,6年生とその保護者ら約100人が災害時の避難生活を体験しました。
 市の防災担当者から災害事例や備えておくべき物を学んだほか,夕食では水を入れて作るアルファ化米に挑戦しました。

b0191190_22331095.jpg
【参考写真】注水したアルファ化米の「炊き込みおこわ」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E5%8C%96%E7%B1%B3

 十勝毎日新聞が, 「こぼれ話『北栄小で防災キャンプ 段ボールで避難所づくりも』」 と伝えています。

 ○…帯広北栄小学校(池下栄里子校長)で19,20日,「防災キャンプ」が行われ,6年生とその保護者ら約100人が災害時の避難生活を体験した。

 ○…帯広市と市PTA連合会による親子防災講座の一環で6年目。PTA会長の佐藤真也さんがあいさつし,池下校長は「3年前の台風の時はここ(北栄小体育館)も避難所となり,みんなの先輩が活躍した。楽しむことを忘れず学んでほしい」と呼び掛けた。

 ○…市の防災担当者から災害事例や備えておくべき物を学んだほか,夕食では水を入れて作るアルファ化米に挑戦。段ボールで避難所設営にも取り組んだ。

-略-

(細谷敦生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月22日9時35分の記事
by sembiri | 2019-08-01 06:30 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)


b0191190_08331818.jpg
更別農業高校=2019年5月撮影

 7月2日,更別農業高校生活科学科生活福祉コースの3年生8人が, 更別幼稚園で保育実習 に取り組みました。
 「子ども文化」授業の一環で,生徒たちは園児の運動会の練習に参加しました。

 十勝毎日新聞が,「更別農業高校生が幼稚園実習」 と伝えています。

 【更別】更別農業高校(細川徹校長)生活科学科生活福祉コースの3年生8人が2日,村立更別幼稚園(鈴木宣広園長,園児33人)で幼稚園実習に臨んだ。

 「子ども文化」授業の一環で,設定保育と子どもの行事について学ぶのが目的。生徒たちは園児の運動会の練習に参加した。

 この日は雨のため遊戯室での練習に。生徒たちは用具のセッティングや競技の手伝い,園児の練習パートナーなどの役割を担った。

-略-

(斉藤さゆり通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2019年07月13日8時30分の記事の記事
by sembiri | 2019-07-19 06:43 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

b0191190_06224749.jpg
旧双葉幼稚園園舎
=2019年5月撮影

 国の指定重要文化財 「旧双葉幼稚園園舎」の保存管理 に向け、今年1月に発足したNPO法人「双葉の露(つゆ)」が会員確保に苦慮しています。
 草刈りや垣根の整備などの年間維持費は会費で賄う計画だが、現状では年約100万円ほど不足する見通しです。

b0191190_06225949.jpg
旧双葉幼稚園園舎
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「重文の旧双葉幼稚園園舎 財政・人材ともに足りず苦悩」 と伝えています。

 国の指定重要文化財(重文)「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南19)の保存管理に向け、今年1月に発足したNPO法人「双葉の露(つゆ)」が会員確保に苦しんでいる。草刈りや垣根の整備などの年間維持費は会費で賄う計画だが、現状では年約100万円ほど不足する。同法人は「せめて土・日曜日は一般開放したいが、人もいないし、お金も足りない」と頭を痛めている。

 NPO法人は卒園生らが今年1月に設立し、4月に道の認証が下りた。建物の管理・修繕、観光や文化資源としての活用など歴史的建築物の保存が狙いだ。

 旧園舎の年間維持費は芝刈りや生け垣整備、除雪、水道・電気代などで約110万円が必要とされる。ただ、会員登録を呼び掛けるためのパンフレット代などの事務経費、土・日曜日の一般開放のスタッフなどを含めると「最低限150万円は必要」(理事の川村善規さん)という。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月12日11時03分の記事
by sembiri | 2019-07-18 06:29 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

豊頃で園児が花苗植栽

b0191190_04425212.jpg
【参考写真マリーゴールド
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

 6月5日, 法務省の「人権の花運動」 の花苗の寄贈と植栽が,豊頃町茂岩(もいわ)保育所で行われました。
 この日は途中で雨が降り始めたので,年長児13人が玄関前の花壇に黄色のマリーゴールドを植えて作業を終えました。

b0191190_17024028.jpg
豊頃町茂岩保育所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「園児が花苗植栽 豊頃」 と伝えています。

 【豊頃】法務省の「人権の花運動」の花苗の寄贈と植栽が,町茂岩保育所(廣澤行位所長,園児55人)で行われた。

 町人権擁護委員の津久井淑恵委員,鳥宮慶法委員,中野稔委員が5日に保育所を訪問し,約150株の花苗を贈った。津久井委員は「思いやりの気持ちを持って,優しく,大事に育てて」と園児らに声を掛けた。

 この日は途中で雨が降り始めたので,年長児13人が玄関前の花壇に黄色のマリーゴールドを植えて作業を終えた。

-略-

 また,豊頃小学校(中村真也校長),大津小学校(小室彰人校長)でも,「人権の花運動」の一環で,学校花壇に花苗を植栽した。

(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年06月25日8時00分の記事

by sembiri | 2019-06-26 06:14 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

b0191190_07061460.jpg
陸別駐在所=2019年5月撮影

 5月23日,陸別保育所は園児対象の「交通安全教室」を開き,横断歩道の安全な渡り方などを学びました。
 この日は本別警察署と陸別駐在所の署員4人が訪れ,手製の横断歩道を広場に設置し,保護者らと手をつないで安全な渡り方を勉強しました。

b0191190_07073860.jpg
陸別保育所
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「陸別保育所で交通安全教室」 と伝えています。

 【陸別】陸別保育所(丹野景広所長,園児43人)は5月23日,園児対象の交通安全教室を開き,横断歩道の安全な渡り方などを学んだ。

 同保育所では2年目の取り組み。この日は本別署と陸別駐在所の署員4人が訪れ,昨年デビューした「信号戦隊・シバレンジャー」に扮(ふん)して交通安全について熱く語った。

 身長の低い園児らがドライバーから確認しづらいことを説明。車に自分の存在を伝えるため,手を挙げて体を大きく見せる工夫が必要とした。手製の横断歩道を広場に設置し,保護者らと手をつないで安全な渡り方を勉強した。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年06月06日8時30分の記事
by sembiri | 2019-06-14 06:02 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)

b0191190_05382852.jpg
旧双葉幼稚園舎=2016年9月撮影

 国の指定重要文化財「旧双葉幼稚園園舎」の保存管理へ向け,卒園生らが進めていた NPO法人「双葉の露」の設立認証 が下り,4月23日,帯広市役所で認証会見が行われました。
 5月4日,イベントとして園舎の一般公開を行い,青い目の人形や資料展示などを予定です。

b0191190_05483328.jpg
帯広市役所
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「双葉幼稚園NPO法人認定 5月4日に園舎開放イベント」 と伝えています。

 国の指定重要文化財「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南10)の保存管理へ向け,卒園生らが進めていたNPO法人「双葉の露(つゆ)」の設立認証が下りた。記念イベントとして園舎の一般公開を5月4日午前11時から行い,青い目の人形や資料展示などを予定。今年度は会員募集の周知,保存管理に向けた活動内容を検討していく。

 NPO法人の認証は1月に道に申請し,今月17日付で認証された。23日午前10時から,帯広市役所で認証会見が行われた。

-略-

 5月4日のイベントでは午前11時半からギターソロ「月光」,午後2時半から5人組フォークグループ「白い鳥」の演奏会を行うほか,市内のカフェグリーンの軽食販売,青い目の人形展などを予定。園庭整備のボランティアを募集中で,同日午前9時から行う。園舎北側のオカモトの駐車場が利用できる。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年04月23日12時35分の記事
by sembiri | 2019-05-03 06:55 | 十勝管内の幼稚園・保育園 | Comments(0)