人気ブログランキング |

カテゴリ:仙美里地区の様子( 39 )

仙美里保育所,閉所へ

b0191190_07074694.jpg
仙美里保育所=2014年1月撮影

 12月3日,本別町定例会は,会期を12日までの10日間としました。
 高橋正夫町長は,仙美里へき地保育所 について来年度の利用児童数の予定が2人となることから,保護者会の意向や仙美里小学校区内の住民理解を得たことを踏まえ, 今年度末で閉所 することを報告しました。

b0191190_07122190.jpg
本別町
議会=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「仙美里へき地保育所を閉所へ 本別議会で町長報告」 と伝えています。

 【本別】定例会は3日午前10時に開会,会期を12日までの10日間とした。決算特別委員会に付託した2018年度の各会計決算報告を認定した。

 高橋正夫町長は仙美里へき地保育所について来年度の利用児童数の予定が2人となることから,保護者会の意向や仙美里小校区内の住民理解を得たことを踏まえ,今年度末で閉所することを報告した。

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年12月03日13時53分の記事

by sembiri | 2019-12-10 06:01 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_18203555.jpg
「陽だまりの里」
=2017年2月撮影

 2月28日,本別町仙美里の小規模多機能型居宅介護施設「陽だまりの里」は,仙美里公民館で 恒例の餅つき交流会 を開きました。
 利用者や職員,地域住民ら約100人が参加し,仙美里保育所の園児6人が歌に合わせて,かわいらしい踊りを披露しました。

b0191190_18215006.jpg
仙美里保育所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「陽だまりの里で餅つき 本別」 と伝えています。

 【本別】小規模多機能型居宅介護施設「陽だまりの里」(仙美里元町,古寺友美管理者,利用者22人)は2月28日,仙美里公民館で恒例の餅つき交流会を開いた。

 利用者や職員,地域住民ら約100人が参加。本別餅つき保存会(菅原信子会長)の会員9人が協力した。

 同施設を運営する町社会福祉協議会の井出壬午理事が「幼児からお年寄りまで集まることで,地域の交流が深まり活性化につながる」とあいさつ。仙美里保育所の園児6人が歌に合わせて,かわいらしい踊りを披露した。

-略-

(広川和順)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月05日9時00分の記事
by sembiri | 2019-03-14 06:17 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0171771_01354976.jpg
トレーニングジム器具
=2018年5月,「仙美里プロジェクト」で撮影

 本別町民有志の「仙美里プロジェクト」が運営する旧仙美里中学校校舎に,会員制のフィットネストレーニングジム 「マッスルバンク本別ジム」が 本格オープン しました。
 各種プレスマシンがそろい,筋肉美を競う現役の「フィジーク」選手から指導も受けられます。

b0171771_01314109.jpg
「仙美里プロジェクト」
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「旧学校校舎に会員制ジム 本別」 と伝えています。
 【本別】町民有志の「仙美里プロジェクト」が運営する旧仙美里中学校校舎に,会員制のフィットネストレーニングジム「マッスルバンク本別ジム」が本格オープンした。各種プレスマシンがそろい,筋肉美を競う現役の「フィジーク」選手から指導も受けられる。ボディビルから健康づくり,ダイエットにも対応可能だ。

 仙美里プロジェクトが同中学校施設を活用する取り組みは,今年で3年目。カフェ・レストランやエステ,ピアノ教室,ミニ四駆やラジコンの愛好会らがテナントとして入居している。

 ジムは,同プロジェクトのメンバーで,同校舎で空手道場を開いている小川建設工業(上本別)社長の小川哲也さん(46)が開設。「かつて道場とジムを一体運営する仕事に携わったことがあり,昔から構想があった。ジム器具は本州の空手の師匠から譲り受けた」と経緯を語る。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月16日6時00分の記事
by sembiri | 2019-02-27 06:08 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_08553096.jpg
仙美里保育所=2014年1月撮影

 12月19日,国道242号の道路維持除雪などを請け負う足寄町内の斉藤井出建設が主催する 「餅つき体験」 が,本別町の仙美里保育所で開かれました。
 餅つきは斉藤井出建設の7人が参加し,用意したもち米10kgを園児も加わり「よいしょ」の掛け声に合わせてきねを振り下ろしました。

b0191190_08573259.jpg
斉藤井出建設(足寄町)
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「建設会社がボランティアで餅つき 本別」 と伝えています。

 【本別】国道242号の道路維持除雪などを請け負う足寄町内の斉藤井出建設(斉藤和之社長)が主催する「餅つき体験」が19日,本別町の仙美里保育所(岡崎修子所長,園児7人)で開かれた。

 同社の地域貢献事業。餅つきは同社の7人が参加し,「本別餅つき保存会」(菅原信子会長)のメンバー8人が協力した。

 用意したもち米は10キロ。園児も加わり「よいしょ」の掛け声に合わせてきねを振り下ろした。餅はあんや納豆などで食べ,大和田ちさちゃん(5)は「きな粉が大好き」と笑顔を見せた。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年12月23日7時36分の記事


by sembiri | 2019-01-04 06:56 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_08481988.jpg
「仙美里プロジェクト」
=2017年8月撮影

 9月18日,本別町の旧仙美里中学校校舎を活用する「仙美里プロジェクト」は, 日本語学校の開設提案会 を開きました。
 町内では労働力不足が課題となる中,外国人技能実習生の受け入れ環境を整えるのが狙いです。
 仙美里プロジェクトのメンバーで,小川建設工業社長の小川哲也さんは,石川知裕元衆院議員とともに,全国で唯一公立日本語学校を運営している上川管内東川(ひがしかわ)町を視察,この日の開設提案会となりました。

参考サイト:東川町立東川日本語学校
http://higashikawa-jls.com/

b0191190_13332769.jpg
東川日本語学校(旧東川小学校)=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別に日本語学校を 仙美里プロジェクト」 と伝えています。
 【本別】旧仙美里中学校校舎を活用する仙美里プロジェクト(朝日基光会長)は18日,同校で,日本語学校の開設提案会を開いた。町内でも労働力不足が課題となる中,外国人技能実習生の受け入れ環境を整えるのが狙い。先進事例などを学び,開設につなげたい考えだ。

 仙美里プロジェクトのメンバーで,小川建設工業(上本別)社長の小川哲也さんは「社員の高齢化が進んでおり,各業界に共通する問題」とし,外国人労働者に着目。石川知裕元衆院議員とともに,全国で唯一公立日本語学校を運営し,常時200人前後の留学生を受け入れている上川管内東川町を視察,この日の開設提案会となった。

 講師を務めた石川氏によると,政府は外国人技能実習生の在留期間の延長(通算5年)など,新たな制度を決定している。「建設,農業,宿泊,介護,造船などの単純労働者にも,就労資格が拡大される」とした。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月29日12時15分の記事
by sembiri | 2018-10-07 06:45 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_08520910.jpg
「陽だまりの里」
=2018年5月撮影

 8月4日,本別町社会福祉協議会が運営する,仙美里元町の小規模多機能型居宅介護事業所 「陽だまりの里」で,恒例の夏祭り が開かれました。
 会場には450個の手作りちょうちんが飾られ,利用者と地域の130人以上が参加して交流しました。

b0191190_08512191.jpg
仙美里元町市街
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「130人が夏祭り楽しむ 本別・陽だまりの里」 と伝えています。
 【本別】町社会福祉協議会が運営する小規模多機能型居宅介護事業所「陽(ひ)だまりの里」(仙美里元町,古寺友美管理者,利用者21人)で4日,恒例の夏祭りが開かれた。

 利用者と地域の人が交流するイベント。130人以上が参加した。

 会場には450個の手作りちょうちんが飾られ,焼きそばやいもだんごなどの味覚コーナー,輪投げや千本引きの出店も並んだ。

-略-

 本別民謡交友会のおはやしに合わせた盆踊りも盛り上がった。

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月06日22時08分の記事
by sembiri | 2018-08-11 06:03 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0171771_19344537.jpg
「陽だまりの家」=2018年5月撮影

 本別町社会福祉協議会が建設を進めていた仙美里地区の 高齢者向け賃貸住宅 陽だまりの家」が完成 しました。
 65歳以上で要介護認定を受けている人や養護老人ホームに入所を要する人が対象。で,6月15日から入居者の募集を始めます。

b0171771_19341929.jpg
「陽だまりの里」=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「15日から入居者募集 本別・高齢者住宅「陽だまりの家」」 と伝えています。
 【本別】町社会福祉協議会が建設を進めていた仙美里地区の高齢者向け賃貸住宅「陽だまりの家」(町仙美里元町147)が完成した。15日から入居者の募集を始める。

 65歳以上で要介護認定を受けている人や養護老人ホームに入所を要する人が対象。昨年11月に着工し,今年5月25日に完成した。総建設費は約5500万円。

-略-

 収入により,家賃は月額4000円から5万円の設定。そのほか共益費(見守りサービス・水道・光熱費含む,食費除く)が月額2万円。実際の入居日は7月23日を予定している。
-略-

木村仁根


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年06月04日18時30分の記事
by sembiri | 2018-06-09 06:38 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_05470791.jpg
「仙美里プロジェクト」
=2016年5月撮影

 齋藤真希さんが,昨年4月,夫の新規就農に伴い, 北広島市から 本別に里帰り しました。
 現在,旧仙美里中学校の「仙美里プロジェクト」で ヒーリングサロンを開設 しています。

b0191190_05474960.jpg
「仙美里プロジェクト」食堂
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞の, ちょっとひとこと欄で「本別 齋藤真希さん」 が紹介されています。
齋藤真希さん(38)
「ぜいたくな環境」感謝


 昨年4月,夫の新規就農に伴い,北広島市から本別に里帰りしました。青い空と広い大地,満天の星,おいしい食材,そして温かな人間関係-。こんなぜいたくな環境で子育てができることに心から感謝しています。今は資格を生かし,旧仙美里中学校でヒーリングサロンを開設しています。興味のある人はぜひ立ち寄ってください。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年04月10日39時分の記事
by sembiri | 2018-04-21 06:05 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_16592702.jpg
陽だまりの里
=2014年1月撮影

 2月1日,本別・仙美里元町にある小規模多機能型居宅介護施設「陽だまりの里」は,仙美里公民館で 恒例の餅つき交流会 を開きました。
 本別餅つき保存会「十五夜会」の会員8人が協力し,仙美里保育所の園児11人が歌謡曲「ダンシング・ヒーロー」に合わせ,かわいらしい踊りを披露しました。

b0191190_16590656.jpg
仙美里保育所
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「陽だまりの里で餅つき 本別」 と伝えています。
 【本別】町社会福祉協議会が運営する小規模多機能型居宅介護施設「陽(ひ)だまりの里」(仙美里元町,古寺友美管理者,利用者22人)は1日,仙美里公民館で恒例の餅つき交流会を開いた。

 利用者や職員,地域住民ら約80人が参加。本別餅つき保存会「十五夜会」(菅原信子会長)の会員8人が協力した。

 町社協の粂田達一会長が「風邪と転倒に注意し,この1年も笑顔で暮らしましょう」とあいさつ。仙美里保育所の園児11人が歌謡曲「ダンシング・ヒーロー」に合わせたかわいらしい踊りを披露した。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年02月02日22時29分の記事
by sembiri | 2018-02-13 06:31 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0171771_20494492.jpg
参考写真:馬車「クーペ」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E8%BB%8A

 本別町の「仙美里プロジェクト」による多彩な活動が続く旧仙美里中学校で,10月8日, 結婚披露パーティーに 馬車が登場 します。
 主役は11月22日の「いい夫婦の日」に結婚を予定している町内美里別地区の牛渡広和さんと陽子さんです。
 足寄で「短角牛」を生産する北十勝ファームの上田金穂代表が自身の結婚式に使ったという馬車を借り,新郎新婦が乗って旧仙美里中学校のグラウンドなどを走る予定です。

b0191190_05233574.jpg
旧仙美里中学校
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「旧仙美里中に馬車登場 本別・牛渡さん夫妻」 と伝えています。
8日に結婚祝宴 プロジェクト仲間が企画
「乗ってみたかった」


 【本別】仙美里プロジェクト(朝日基光会長)による多彩な活動が続く旧仙美里中学校で10月8日,今度は馬車を登場させた結婚披露パーティーが開かれる。主役は11月22日の「いい夫婦の日」に結婚を予定している町美里別の牛渡広和さん(54)と陽子さん(48)。2人は「仲間が祝ってくれ,とてもありがたい。一度馬車に乗ってみたかった」と笑顔で話す。

 ともに初婚。広和さんは足寄高校を卒業後,家業である農業の道を歩んできた。趣味のダンスは指導者レベルで,仙美里プロジェクトのサークルでも活躍中。

 陽子さんは東京で看護師として働いてきた。「いつしか残りの人生にパートナーがいたら」と考えるようになり,昨年9月,本別での婚活イベントに参加。この時の関係者が広和さんにも声を掛け,2人は同11月からメールで連絡を取るようになった。

-略-

 10月8日は仙美里プロジェクトの仲間たちが2人を祝うパーティーで,午後2時スタート。足寄で「短角牛」を生産する北十勝ファームの上田金穂代表が自身の結婚式に使ったという馬車を借り,新郎新婦が乗って旧仙美里中学校のグラウンドなどを走る。旧体育館では披露宴が開かれる。


(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月02日12時20分の記事

by sembiri | 2017-10-13 06:25 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)