人気ブログランキング |

大樹町で子ども議会

 7月18日、
大樹町議会で「子ども議会」が開かれ
大樹小学校の6年生31人が一般質問を行いました。
 観光地スタンプラリーや町独自のヒーロー「コスモレンジャー」の導入などが提案され

 十勝毎日新聞が、 「小学生が一般質問、大樹町子ども議会」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
【大樹】 町議会(鈴木千秋議長)は18日、「子ども議会」を開いた。大樹小学校(板谷裕康校長、児童250人)の6年生31人が一般質問を行った。観光地スタンプラリーや町独自のヒーロー「コスモレンジャー」の導入など、子供目線の秀逸なアイデアで大人を驚かせた。

 同議会で子供たちが登壇するのは初めて。自身の意見を述べる場をつくることで社会に参加する意識を育もうと、町議会広報広聴特別委員会(齊藤徹委員長)が準備を進めていた。

 子供たちは6月議会を傍聴後、3人一組に分かれて考えた21項目を事前通告。当日は1組2、3問ずつ質問した。伏見悦夫町長、辻本正雄教育委員長の他、議会への質問には鈴木議長が答弁した。

 質問では「給食のカレーの辛さを自由に選びたい」などと子供らしい豊かな発想や「宇宙の取り組みは知らないことが多い。もっと分かりやすく紹介して」と鋭い指摘も飛び出した。

 トップバッターとして移動動物園の実施などを提案した村井夏葵(なつき)さんと佐藤夏呂(かろ)さんは、「やれるかどうか考えてくれると答えてくれた。私たちの意見がまちづくりに生かせるなら、これからもどんどん出したい」と声をそろえていた。

 鈴木議長は「子供たちの質問は端的で的確。見習わなければならない点が多かった」と脱帽。伏見町長は「今後の大樹町について一生懸命考えてくれたことをうれしく思う。すぐできるものは早めに実現するよう担当課に指示する。難しいものも諦めずに皆さんと考えていく」と子供たちに語った。(関根弘貴)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・大樹めーる 2012年07月20日の記事
http://www.tokachimail.com/taiki/
by sembiri | 2012-07-22 15:33 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 7月10日、12日、18日、大樹中学校で、3回にわたり
非行防止教室が行われました。

 十勝毎日新聞が、 「覚せい剤の危険性学ぶ、大樹中非行防止教室」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
【大樹】 大樹中学校(枝松隆則校長、生徒127人)は、3回にわたり非行防止教室を開いた。

 長年続いている同校の恒例行事。行動に責任を持ち、社会のルールを守る規範意識を育むために取り組んでいる。犯罪に巻き込まれない考え方を育成する目的もある。

 今年度は10、12、18日に実施。最終回の18日は3年生39人を対象に広尾署刑事生活安全課の長屋賢仁生活安全係長が「飲酒・喫煙及び薬物乱用の防止について」と題し、覚せい剤などの危険性を訴えた。

 長屋係長は映像を交えて事例を紹介。あまり身近ではない覚せい剤が及ぼす悪影響を目の当たりにした生徒たちは一様に驚いていた。(関根弘貴)

-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・大樹めーる 2012年07月20日の記事
http://www.tokachimail.com/taiki/
by sembiri | 2012-07-21 15:20 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_347030.jpg

 7月12日、新得町の
1日観光大使に任命された屈足南小学校の6年生
16人が、JR札幌駅と大通地区を結ぶ地下歩行空間で、町の魅力をPRしました。

 十勝毎日新聞が、 「屈足南小6年生、札幌地下で新得町PR」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 新得町の「1日観光大使」に任命された屈足南小学校(和賀和人校長)の6年生16人が12日、JR札幌駅と大通地区を結ぶ地下歩行空間で、町の魅力をPRした。

 6年生は12、13の両日、修学旅行で札幌市内を訪れた。同校では地域学習に取り組み、札幌でのPR活動は「自ら発信することで町への理解を深め、誇りを持ってほしい」(和賀校長)と初めて企画した。

 法被姿などの児童は特産のそばや観光パンフレットなどのセットを配った。用意したそばセット100個などは30分弱でなくなった。佐藤さんは「すごく緊張したけど、きちんとPRできたと思う」。子供たちの活躍で、新得町に観光客がどっと来るといいね-。
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・新得めーる 2012年07月13日の記事
http://www.tokachimail.com/shinntoku/
by sembiri | 2012-07-19 03:41 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 7月6日、JICA北海道国際センター帯広のアフガニスタン等4カ国の研修員が、 芽室町の上美生小学校を訪問 し、ゲームやクイズなどを通じて全校児童と交流しました。

 十勝毎日新聞が、 「JICAの研修員が芽室・上美生小で交流」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
【芽室】 国際協力機構(JICA)北海道国際センター帯広(睦好絵美子帯広代表)の研修員4人が6日、上美生小学校(陰元正二校長、児童40人)を訪れ、ゲームやクイズなどを通じて全校児童と交流した。

 JICA研修員の同校訪問は2004年に始まり、9年目。今回は「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術」コースのセディキ・アサダラさん(31)=アフガニスタン=、カコブウェ・チソモさん(29)=マラウィ=、ジャラロン・マーベルさん(42)=フィリピン=、ファン・クンさん(44)=ベトナム=の4人が訪れた。

 マラウィとフィリピンの遊びでは、児童が体を動かしながら楽しんだ。アフガニスタンとベトナムの国旗や場所などを当てるクイズも。また、児童と研修員が名刺交換し、自己紹介。児童が英語で「好きな動物は」などと質問する場面もあった。

 陰元校長は「きょう、4つの国の良いところを知ることができた。これからは他の国の良い点も発見してほしい」と話した。(津田恭平)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・芽室めーる 2012年07月08日の記事
http://www.tokachimail.com/memuro/
by sembiri | 2012-07-18 06:51 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

仙美里で第39回農大祭

b0191190_4554528.jpg

 仙美里の道立農業大学校で、6月30日(土)~7月1日(日)の2日間、
農大祭が開催されました。

◇ 第39回農大祭
◇ テーマ:「弾けろ!青春! 農大魂で夏をぶっ飛ばせ」
◇ 期間:6月30日(土)~7月1日(日)
 
  

 6月30日は、体育祭、前夜祭が行われmした。体育祭では、チームに分かれてタイヤを取り合う「タイヤ取り」や「牧草ロール転がし」等が行われました。
 また、前夜祭では、カラオケ大会や腕相撲大会が実施されました。
 7月1日の本祭は、一般公開され、見学に来た人は、焼き肉や模擬店を楽しんでいました。また、ダンスステージやライブ等が。発表されました。
   
 十勝毎日新聞が、 「農大祭にぎわう・本別」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
【本別】 道立農業大学校(加藤和彦校長)の第39回農大祭が1日、町仙美里の同校で開かれた。

 同校中庭の会場には、食べ物や飲み物の模擬店が立ち並び、ステージでは腕相撲大会や抽選会が開かれた。町内外から家族連れや若者が来場して、学生が校内で作ったチーズやソーセージ、パンを売る店などが人気を集めた。

 同校は、原発事故の影響で飼料確保に苦労している福島県農業短期大学校(矢吹町)に牧草サイレージを送る計画を進めている。畜産経営学科の学生は、売り上げの一部を運送費に充てる焼き肉販売に力を入れ、募金を呼び掛けた。(安田義教)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年07月05日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
by sembiri | 2012-07-14 06:52 | 道立農業大学校 | Comments(0)

 6月23日~24日、富良野市において、2012全日本小学生バレーボール・北北海道大会「ファミリーマートカップ」兼第32回全日本バレーボール小学生大会北北海道大会が行われました。
 本別中央ジャンプバレーボール少年団
は、女子の部の準決勝で釧路昭和スターティングjrと対戦し、惜しくもセットカウント1-2で敗れましたが、3位に入りました。
 なお、本別中央ジャンプを破った釧路昭和スターティングjrが2-1で富良野小ジュニアで勝って、優勝しました。

本別本別中央ジャンプの試合結果
◇1回戦
本別中央2-0網走市少年団
◇2回戦
本別中央2-0美瑛ファイターズ
◇準決勝
釧路昭和2-1本別中央


 十勝毎日新聞が、 「本別中央ジャンプが成績を報告」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 本別中央ジャンプバレーボール少年団(谷藤主将)は5日、町教育委員会を訪れ、6、7月に開かれた2つの大会で、全道3位と全十勝優勝の好成績を残したことを報告した。

 ファミリーマートカップ第32回全日本小学生大会北北海道大会(6月23、24日・富良野市)は、全国出場は逃したが2年連続で3位の堂々とした成績。第31回ミカサカップ全十勝小学生バレーボール大会(6月30日、7月1日・芽室町)では初優勝し、9月の道大会に駒を進めた。

 選手9人を代表して谷藤主将が結果を報告。中野博文教育長に「9月の道大会は十二分に力を発揮してほしい」と激励した。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年07月08日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
by sembiri | 2012-07-10 06:46 | 本別町内の小・中学校 | Comments(0)