人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0191190_16201212.jpg
仙美里地区公民館
=2014年1月撮影
※上下の画像は,後日掲載しました。

 9月14日,本別町仙美里地区の住民でつくる仙明カラオケ同好会は,仙美里地区公民館で、 第13回カラオケと芸能の夕べを開催 しました。
 「陽だまりの里」の職員18人は,仮装姿で「麦畑」の歌と踊りを発表しました。

b0191190_16191858.jpg
陽だまりの里
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「仙美里でカラオケと芸能の夕べ 本別 」 と伝えています。

 【本別】町仙美里地区の住民でつくる仙明カラオケ同好会(川東義一会長、会員18人)は14日、同地区公民館で、第13回カラオケと芸能の夕べを開いた。

 同地区自治会連合会(佐藤秋雄会長)との共催。同会の会員や一般の23人が出演した。平均年齢60代後半の出演者は、カラオケでは演歌を中心にのどを披露。華やかなフラダンスがステージを彩った。同地区の福祉施設「陽だまりの里」の職員18人は、仮装姿で「麦畑」の歌と踊りを発表し、会場を沸かせた。客席からは拍手とともに「最高」「いいぞ」など掛け声が飛んで盛り上がった。(安田義教)

以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年09月19日の記事

http://www.tokachimail.com/honbetsu/
by sembiri | 2013-09-30 06:49 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_19324552.jpg
本別町役場前駐車場=2011年8月撮影


 9月21日,発足から35周年を迎えた本別町交通安全母の会の記念事業 本別町交通安全住民大会及び道警音楽隊パレード・演奏会 が,役場前駐車場などで開かれました。
 町内各団体から約250人が参加。町内をパレードし,交通ルールの順守や交通事故死ゼロを改めて誓いました。
 交通安全作文コンクール授賞式では, 最優秀賞に選ばれた仙美里小6年の岡本さん,本別中央小6年の山西さん ら4人が表彰されました。

 十勝毎日新聞が, 「パレードで無事故PR 本別交通安全母の会」 と伝えています。

 【本別】発足から35周年を迎えた町交通安全母の会(田西喜代会長)の記念事業「町交通安全住民大会及び道警音楽隊パレード・演奏会」が21日,役場前駐車場などで開かれた。町内各団体から約250人が参加。町内をパレードし,交通ルールの順守や交通事故死ゼロを改めて誓った。

 町交通安全推進委員会の共催。住民大会で田西会長が「交通安全は家庭から。本別から絶対,悲惨な交通事故をなくす」と誓い,同委員会長の高橋正夫町長,本別署の野村泰則署長があいさつした。

-略-

 参加者は道警音楽隊を先頭に,町中心部の町北2から北4をパレードし,無事故をPRした。この後,町体育館で同隊による演奏会が開かれた。
(菊池宗矩)

以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる
= 2013年09月23日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
by sembiri | 2013-09-29 06:20 | 仙美里小・(中)学校 | Comments(0)

 9月20日,上士幌町の北門小学校の全校児童14人が, 特別養護老人ホーム「上士幌すずらん荘」を訪問  し,入所者との交流しました。
 今回は学校の農園で児童たちが育てたジャガイモをプレゼントし,折り紙やかるた,ゲームなどを楽しみました。

 十勝毎日新聞が, 「北門小の児童 特老の入所者と交流 上士幌」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【上士幌】北門小学校(清水弘校長,児童14人)の全校児童が20日,特別養護老人ホーム「上士幌すずらん荘」(賀陽龍司施設長,入所者50人)を訪問し,入所者との交流を楽しんだ。

 20年以上前から,毎年同ホームを訪れている。今回は学校の農園で児童たちが育てたジャガイモをプレゼントし,折り紙やかるた,ゲームなどを一緒に楽しんだ。

 鶴やバラなど折り紙の折り方を互いに教え合うなど,笑顔で楽しく交流を深めた。帰り際には入所者が児童に「また来てね」と声を掛けるほど喜んだ様子だった。

 賀陽施設長は「入所者も毎年楽しみにしている。子供たちにいろいろ考えてもらってありがたい」と感謝していた。(津田恭平)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・上士幌めーる 2013年09月22日の記事
http://www.tokachimail.com/kamishihoro/

b0191190_253351.jpg
写真:特別養護老人ホーム「すずらん荘」(上士幌町ホームページから)
http://www.kamishihoro.jp/place/00000015
by sembiri | 2013-09-28 06:45 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 9月14日,上士幌町の読み聞かせグループ「お話会カッコウ」の ジャンボ紙芝居作り が,生涯学習センターで開かれました。
 子供たちが完成を楽しみに紙芝居「けちくらべ」の下絵に色を塗りました。

参考:名作落語 13 六代目 圓生 「けち競べ」- YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=NJzZ5XRxHIk

 十勝毎日新聞が, 「子供たちがジャンボ紙芝居作りに挑戦 上士幌」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【上士幌】読み聞かせグループ「お話会カッコウ」(山下京子代表、会員7人)のジャンボ紙芝居作りが14日、生涯学習センターで開かれ、子供たちが完成を楽しみに紙芝居の下絵に色を塗った=写真。

 12月のクリスマス会で披露する縦90センチ、横120センチの大型紙芝居で、20年以上毎年子供たちと制作している。今年は紙芝居「けちくらべ」の下絵を画用紙に描き、会員や子供ら約15人でクレヨンで色を塗った。

 いつもお話会に参加する上士幌小4年の朱莉さんと同1年の望鈴さんの姉妹は「塗るのは楽しい」と登場人物のけちべえさんを肌色で塗っていた。山下さんは「絵の背景は会員が水彩で仕上げます。良い作品ができそうです」と話していた。(小林祐己)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・上士幌めーる 2013年09月16日の記事
http://www.tokachimail.com/kamishihoro/

b0191190_2275236.jpg
参考写真:「けちくらべ」文・小野和子 画・大和田美鈴
 村一番のけちんぼうのけちべえさんが、となり町のけちのチャンピオンのしわべえさんと勝負をすることになって…。
http://www.kyouikugageki.co.jp/bookap/detail/1020/
by sembiri | 2013-09-27 06:26 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 更別小学校の村民参観日 が,9月11日の3校時・4校時に行われました。
 村民との連携を重視する更別小の恒例行事で,約70人が授業を見学しました。

 十勝毎日新聞が, 「地域の70人が授業見学 更別小 」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【更別】更別小学校(西山猛校長,児童159人)の村民参観日が行われ,約70人が授業を見学した。

 村民との連携を重視する同校の恒例行事。今年は11日の3,4校時に実施。国語や算数,音楽,図工などの授業の様子を見守った。祖父母が訪れている児童も多く,先生の質問に大きな声で答える児童の姿に目を細める場面が見られた。

 西山校長は「これからも機会があるごとに授業参観を行っていきたい」と話している。(大笹健郎)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・更別めーる 2013年09月20日の記事
http://www.tokachimail.com/sarabetsu/
by sembiri | 2013-09-26 06:06 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_1151759.jpg
写真:宝来大橋にある音更川の河川標識
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Otofuke_Riv_2.JPG

 9月11日,木野東小学校の4年生120人が,帯広開発建設部の治水の杜づくり事業の一環で,音更町宝来の音更川左岸宝来築堤でカシワなど12種類の 苗木560本を植樹 しました。

 十勝毎日新聞が, 「帯開建が治水の杜事業 音更の小学生と」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【音更】帯広開発建設部の治水の杜(もり)づくり事業の一環で,木野東小4年生120人が11日,町宝来の音更川左岸宝来築堤でカシワなど12種類の苗木560本を植えた。

 同事業は2000年から十勝川水系で実施。堤防沿いに植樹し,洪水の被害軽減や環境整備につなげるもので,十勝の在来種を植樹している。

 苗木は,昨年度までに管内で採種し,同部で育苗したものを使用。この日は築堤延長約250メートル,面積約1100平方メートルに植樹した。帯開建職員の他,北海道工業大の岡村俊邦教授も立ち会い,児童に植樹の方法などを助言した。関口君(10)は「木を植えるために掘るのが大変だったけど楽しかった」と,1本ずつ丁寧に植えていた。

 児童は6日にも幕別町札内稔町の十勝川右岸札内築堤で来年度の植樹に向けた種採りを行った。(関坂典生)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・音更めーる 2013年09月16日の記事
http://www.tokachimail.com/otofuke/
by sembiri | 2013-09-25 06:59 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 9月13日, 芽室西中学校で芽室町教育研究大会 が開かれました。
 主催は,芽室町学校教育振興会で,町内の教育関係者ら160人が参加しました。
 今年の開催校の芽室西中学校のテーマは「豊かな人間関係を築くコミュニケーション力の育成」で、芽室西中の1年生3学級、2年生2学級、3年生3学級の計7学級で公開授業が行われました。

 「コミュニケーション力」は、今回の学習指導要領で重視されており、全国各地の教育現場で様々な研究の取り組みが行われています。

 十勝毎日新聞が, 「コミュニケーション力育成で意見交わす 芽室町教研」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【芽室】町教育研究大会(町学校教育振興会主催)が13日、芽室西中学校で開かれた。

 町内の教育関係者ら160人が参加。今年の開催校(芽室西中)のテーマは「豊かな人間関係を築くコミュニケーション力の育成」で、同校の1年生3学級、2年生2学級、3年生3学級の計7学級で公開授業が行われた。公開授業では国語や英語だけではなく、社会、数学、音楽などの授業でも発表や意見交換などを通じ、学力とともにコミュニケーション能力を育もうとする特色ある授業が展開された。

 授業後の分科会では授業に対しての意見交換が行われた。町学校教育振興会の陰元正二会長(上美生小学校長)は「コミュニケーションは人格形成の基本。児童・生徒のコミュニケーション能力を高め、どう各教科の目標を達成するかが大切になっている」と話した。(大谷健人)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・芽室めーる 2013年09月13日の記事
http://www.tokachimail.com/memuro/
by sembiri | 2013-09-24 06:02 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_1201353.jpg
写真:旧忠類駅/現在,駅舎は忠類鉄道資料館,駅構内は交通公園となっている(2006年8月6日)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E5%BF%A0%E9%A1%9E%E9%A7%85%E6%AD%A3%E9%9D%A2.JPG

 9月11日、忠類小学校の全児童115人が,異学年の縦割りグループで 忠類地域を巡るウオークラリー で、クイズを解きながら地域施設の特色などを学習しました。
 忠類プールでは,プールのの体積を求めるクイズにチャレンジしました。
 例年、地域探求学習として,3~6年生は総合的な学習の時間で,また1・2年生は生活科で取り組んでいます。

 十勝毎日新聞が, 「ウオークラリーで地域を学ぶ 幕別忠類小 」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【幕別】忠類小学校(千葉正夫校長)の全児童115人が11日、縦割りグループで忠類地域を巡るウオークラリーを実施、クイズを解きながら、地域施設の特色などを学習した。

 地域探求学習として例年、総合的な学習の時間や生活科で実施している。

 児童はグループに分かれ、忠類プールや旧忠類駅、診療所など6カ所約5キロを回り、担当教諭が到着したグループにそのチェックポイントにちなんだクイズを出していた。

 このうち、忠類プールでは体積を求める問題で高学年生徒が一生懸命計算し、低学年にも教えていた。児童会長の小原さん(6年)は「忠類地域を楽しく学べる」と話していた。(佐藤いづみ)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・幕別めーる 2013年09月16日の記事
http://www.tokachimail.com/makubetsu/
by sembiri | 2013-09-23 06:01 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 8月31日、道音楽振興会企画・制作の 子供向けオペラ「ヘンゼルとグレーテル」 の公演が,上士幌町生涯学習センター・視聴覚ホールで開かれました。
 オペラは上士幌町芸術鑑賞会が主催し,歌と踊りの迫力あるステージを鑑賞しました。

 十勝毎日新聞が, 「上士幌で子供向けオペラ」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【上士幌】道音楽振興会企画・制作の子供向けオペラ「ヘンゼルとグレーテル」の公演(町芸術鑑賞会主催)が8月31日、町生涯学習センター・視聴覚ホールで開かれた。

 道巡回小劇場として開催。ピアノの生演奏に合わせて、登場人物の兄妹と魔女が間近で歌い、踊る迫力あるステージに子供たちはくぎ付けに。劇中では魔女らが会場にお菓子をばらまく場面もあり、子供たちを喜ばせていた。(小林祐己)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・上士幌めーる 2013年09月03日の記事
http://www.tokachimail.com/kamishihoro/

参考:「ヘンゼルとグレーテル」
 『ヘンゼルとグレーテル』 (独: Hänsel und Gretel, KHM 15) は、グリム童話に収録されている作品。
 元々は、長く続いた飢饉での、姥捨てならぬ、子供捨てによる口減らしの話。当時の不作と飢饉を救ったのは、歴史的にはジャガイモの耕作の始まりだったのだが、そうした時代の記憶を伝える話として見ることも出来る。
あらすじ[編集]
 母親に捨てられた兄妹が森で道に迷い、森の奥に住む魔女に騙され捕らえられるが、隙を見て魔女をかまどに突き飛ばして焼き殺し、宝石や真珠などを持って家に帰る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB

b0191190_37546.jpg
絵:「ヘンゼルとグレーテル」アーサー・ラッカムによる挿絵(1909年)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hansel-and-gretel-rackham.jpg
by sembiri | 2013-09-22 21:57 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_21265787.jpg
写真:JR札幌駅/2010年10月撮影

 8月29日 屈足南小学校の6年生11人 が、修学旅行先のJR札幌駅で「1日観光大使」として 新得町の観光PR をしました。
 札幌駅西口コンコースで,アンケートを行い、手作りのパネルとパンフレットでアウトドアの楽しみや特産品をPRしました。

 十勝毎日新聞が, 「修学旅行先で観光PR 新得屈足南小学校」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【新得】屈足南小学校(和賀和人校長、児童59人)の6年生11人が、修学旅行先のJR札幌駅で「1日観光大使」として町の観光PRを行った。

 8月29日に同駅西口コンコースで実施。そろいの法被姿で児童は、新得町を知っているかのアンケートを行い、手作りのパネルとパンフレットでアウトドアの楽しみや特産品をPRした。「ぜひ新得に来てください」と呼び掛けた。

 アンケートの協力者には、町から提供を受けた新得そばを贈った。100人に調査したところ、94人が新得町を知っており、うち63人が「行ったことがある」と回答した。(古川雄介)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・新得めーる 2013年09月09日の記事
http://www.tokachimail.com/shinntoku/
by sembiri | 2013-09-22 06:24 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)