人気ブログランキング |

 式典を終えて,校庭で 記念碑の除幕式 が行われました。

b0191190_41383.jpg
 晴天ですが,寒い中での記念碑除幕式です。

「仙美里中学校の歴史に幕.3」のつづき(クリック)
by sembiri | 2014-01-31 06:59 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

 2014年1月25日午前9時,いよいよ 仙美里中学校閉校記念式典 が始まりました。
b0191190_2531698.jpg


「仙美里中学校の歴史に幕.2」つづき
by sembiri | 2014-01-30 06:51 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

 この3月,仙美里中学校の 67年の歴史に幕 が下ろされます。
b0191190_29449.jpg

 1月25日,仙美里中学校で閉校記念式典が行われました。

「仙美里中学校の歴史に幕.1」つづき
by sembiri | 2014-01-29 06:45 | 仙美里中学校の閉校 | Comments(0)

 本別町図書館は、1階入り口付近に、今年の干支(えと)の馬などに関する蔵書を集めた 「お正月コーナー」を設置 しています。

 十勝毎日新聞が, 「『正月の本』コーナー設置 本別町図書館」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【本別】町図書館(安藤修一館長)は、1階入り口付近に、今年のえとの馬などに関する蔵書を集めた「お正月コーナー」を設けている。20日まで。

 同図書館は、多くの軍馬が戦地へ出発した旧仙美里駅に勤務した故森弘さんから寄贈された馬に関する書籍77冊を所蔵。「馬文庫」として貸し出している。馬を題材にした小説や図鑑、馬文化や軍馬に関する専門書などで、同コーナーには約30冊を置いた。
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014/01/03 22:00の記事

b0191190_655824.jpg
写真:本別町図書館/2010年4月撮影
by sembiri | 2014-01-11 06:02 | 本別町の様子 | Comments(0)

 本別町教委が弥生町の本別中央小学校敷地内に建設中の 学校給食共同調理場が2月に完成 し,4月の新学期から使用を開始します。
 1日の処理能力は800食で,新たに町内のへき地保育所2所にも,おかずを提供することが決まりました。

 十勝毎日新聞が, ぐるっと町村編・本別「給食調理場4月稼働 アレルギー,災害時も対応」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 本別町教委が弥生町の本別中央小学校敷地内に建設中の学校給食共同調理場が2月に完成し,4月の新学期から使用を開始する。1日の処理能力は800食。新たに町内のへき地保育所2所にも,おかずを提供することが決まった。

 現施設の南側で進んでいる改築工事は,既に建物部分が終わり,今年は内外装や設備関係が行われる。

 センター方式で町内の小・中学校6校の他,現在は弁当を毎日持参している勇足と仙美里のへき地保育所にもおかずを提供する。小・中学校と基本的にメニューは同じで,幼児向けに味付けなどを変える。長期休みなどを除いた学校給食がある日だけの提供になる。
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014/01/01 1:14 の記事
by sembiri | 2014-01-10 06:07 | 本別町の様子 | Comments(0)

 清水町は,2014年度から町内の清水,御影両小学校で 1年生から英語活動を導入 することになりました
 現在は5,6年生で年間35時間の活動を行っていますが,低・中学年から外国人の話す英語に触れ,慣れる活動を導入することがねらいです。

 十勝毎日新聞が, 「英語活動 小1から 清水町 来年度導入」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【清水】 町は来年度から町内の清水,御影両小学校で1年生からの英語活動を導入する。現在は5,6年生で年間35時間の活動を行っているが,低・中学年から外国人の話す英語に触れ,慣れる活動を導入することで,英語でのコミュニケーション能力の素地を養うのが狙い。

 小学校低学年からの英語活動導入は高薄渡町長の4期目の公約の1つ。英語の音声や外国人を柔軟に受け入れることができる年代から慣れることで,人前で英語を話すことへの抵抗感を減らし,英語が日常のコミュニケーションのための「言語」であることに気がつく効果を期待している。

 実施内容は町教委と,小学校教員らで構成するプロジェクトチームなどで検討してきた。来年度予算案に人件費などの関連予算が盛り込まれる予定。実施に向けて,今年度は10月から町内の5つの保育所と幼稚園で年長組を対象に英語活動をスタートさせている。

 低学年は歌やゲームなどを通じて英語に触れる活動を行い,中学年はあいさつや単語などを覚えて英語に慣れる活動を行う。1年生では月1回程度の活動からスタートし,「学年ごとに段階的に授業時間数を増やす」(町教委)としている。指導は基本的に担任が行い,補助として外国人英語指導助手をつける予定。

 小学校においては新学習指導要領が全面実施された2011年度から,5,6年生の「外国語活動」が必修化された。開始時期を3年生に前倒しすることや,教科への格上げも検討されている。

 管内では広尾町が05年度から全小学校で低学年からの英語活動を行っているほか,鹿追町は小中高一貫の「カナダ学」として小学1年生からの国際理解,英語教育を行っている。(古川雄介)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2013年12月26日13時54分の記事
http://kachimai.jp/article/index.php?no=20131226135626

b0191190_8441776.jpg
写真:清水町立御影小学校
by sembiri | 2014-01-02 06:43 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 12月23日,第13回北海道たけのこ杯こども囲碁大会が,札幌市教育文化会館で開かれ,ハンディクラスA級(2段~2級)で,中札内囲碁少年団所属にする 中札内小学校5年生の広山君が初優勝 を果たした。

 十勝毎日新聞が, 「広山大祐君が全道のこども囲碁大会で部門V 中札内」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------
 【中札内】 第13回北海道たけのこ杯こども囲碁大会(一般社団法人たけのこ囲碁協会,北海道こども囲碁普及協会主催)が23日に札幌市内で開かれ,ハンディクラスA級(2段~2級)で,広山大祐君(中札内囲碁少年団,中札内小5年)が初優勝を果たした。中学生も含まれる中での快挙に広山君は「もっと強くなって全国大会に出場したい」と意欲を新たにしている。

 広山君は10日に行われた十勝地区大会A級で優勝し,出場権を獲得。道大会A級には17人が出場し,それぞれ4試合を行い,広山君は4戦全勝で頂点に立った。今回の優勝で2級から1級に昇級した。

 同少年団を指導する吉田武吉さん(71)は「考え抜く力を持っており,粘り強さが持ち味。将来が楽しみ」と今後いっそうの飛躍に期待する。

 広山君は小学1年生から同少年団で姉と共に囲碁に打ち込んでおり,「作戦が成功したときはうれしい」と囲碁の楽しさを語る。「プロを目指したい」と高い目標を設定し,まずは少年少女の全国大会に出られるよう腕を磨くつもり。

 母の由吏子さん(43)は「少年団の態勢がしっかりしていて,上級生の胸を借りられる環境が大きい。指導者にも恵まれた」と話している。

 今大会にはD級(13~17級)に火石優花さん(帯広稲田小4年)も出場し,敢闘賞を受賞した。(大笹健郎)
-----------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2013年12月27日 6時00分の記事
http://kachimai.jp/article/index.php?no=228055

b0191190_8153914.jpg
写真:会場の札幌市教育文化会館/2011年10月撮影
by sembiri | 2014-01-01 06:13 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)