人気ブログランキング |

<   2014年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0191190_04464270.jpg
写真:帯広の森幼稚園/2014年1月撮影

 6月28日、7月1日の「童謡の日」にちなんで 「第4回とかち童謡まつり」 が、帯広市民文化ホール・大ホールで開かれ、園児らが練習の成果を披露しました。
 主催の学校法人帯広葵学園が運営するつつじが丘幼稚園、帯広の森幼稚園の年少から年長までの約450人が3グループに分かれて合唱した。


 十勝毎日新聞が, 「450人の園児が熱唱 第4回とかち童謡まつり」 と伝えています。


 「第4回とかち童謡まつり」(学校法人帯広葵学園主催)が28日、帯広市民文化ホール・大ホールで開かれ、園児らが練習の成果を披露した。

 7月1日の「童謡の日」にちなんで開催。同法人が運営するつつじが丘幼稚園(奥野淳一園長)、帯広の森幼稚園(秋葉正昭園長)の年少から年長までの約450人が3グループに分かれて合唱した。2園合同での発表は今年が初めてで、園児らの元気な声がホール全体に
響いた。

 4月に入園して間もない年少組は、「パンダうさぎコアラ」「ぞうさん」など3曲を身ぶり手ぶりを交えた愛らしい表情で合唱し、満員の観客の笑顔を誘った。年中、年長組は手話を用いて歌い、統率の取れたステージを見せた。

 また、両園と帯広三条高校合唱部がコラボレーションし、帯広地方で歌い継がれる「赤い山青い山白い山」にも挑戦。同部は他に、「崖の上のポニョ」「となりのトトロ」など、世代を超えて愛されるジブリの名曲を披露し、会場が一体となって盛り上がった。最後には、特別ステージとしてクニ河内さん、野田美佳さんも出演した。 (川野遼介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年06月29日23時00分の記事


by sembiri | 2014-06-30 06:42 | 未分類 | Comments(0)

b0191190_05023292.jpg
幕別町立白人小学校=2014年1月撮影

 6月27日,幕別の白人小学校の6年生51人による 自転車遠足を実施 しました。
 遠足には,スピードスケート選手としてソチ五輪などに出場し今春引退した石澤志穂さんも参加しました。


 十勝毎日新聞が, 「元五輪スケート代表の石澤さんと自転車遠足 幕別・白人小 」 と伝えています。


 【幕別】白人小学校(山田洋校長,児童255人)の6年生51人による自転車遠足が27日に行われ,スピードスケート選手としてソチ五輪などに出場し今春引退した石澤志穂さん(27)=中札内村在住=も参加した。

 石澤さんは町教委が今年度から始めた独自事業「体育支援員」の1人で,子供たちの安全な走行をサポートするための参加要請に応えた。同小派遣は今回で2回目。選手時代からトレーニングの一環で自転車を乗っていた石澤さんは,本気で走れば時速60キロほど出せるという。

 この日の遠足は,学校から札内ゴルフ場を回り,帯広市内のせせらぎ公園を目指す片道約10キロメートルのルート。石澤さんは前列グループの最後尾を務めた。

 途中のサイクリングロードでは児童と競争したり,時速40キロで走り込む姿を披露したりと,楽しくサイクリング。元五輪選手の脚力に児童からは驚きと歓声が上がっていた。6年担任の所速美教諭は「アスリートと身近に接した子供たちは刺激になったはず。機会があれば,スケート選手としての体験談も話してほしい」と話す。

 今秋にも海外留学を考えている石澤さんだが,それまでは時間があえば同小の体育支援に入りたい考え。「子供たちのまっすぐな目がとても力になっている。私にとってもとてもいい経験。海外でも地域のスポーツにかかわっていきたい」と笑顔だった。(佐藤いづみ)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年06月29日06時15分の記事
by sembiri | 2014-06-29 09:52 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_04523939.jpg

帯広大谷短期大学=2012年6月撮影

 6月26日,今年度末での閉校が決まっている音更町の豊田小学校で,閉校記念の一環として,帯広大谷短期大学から生活科学科の 林千登勢講師による出前授業 が行われ.「身体の秘密・食べ物の旅」と題して講話がありました。
豊田小では,今春3月に第99回の卒業式を行い,来春長い歴史に幕が下ろされます。


b0191190_00224528.jpg
音更町立豊田小学校=2014年7月撮影

 十勝毎日新聞が, 「閉校前に帯大谷短大講師が授業 音更・豊田小」 と伝えています。


 【音更】今年度末での閉校が決まっている豊田小学校(河端則好校長,児童11人)で26日,閉校記念の一環として,帯広大谷短期大学(田中厚一学長)の講師を招いての授業が行われた。普段とは違う雰囲気の中,児童たちは笑顔を見せて授業に臨んだ。


 同短大からは生活科学科の林千登勢講師(管理栄養士)が訪れ,児童11人に「身体の秘密・食べ物の旅」と題して講話した。


 林講師は,食べ物が口から入り,胃や小腸などを通って消化される様子を,人形を使って説明。主食と主菜,副菜のバランスが取れた食事の大切さ,健康な時の大便の状態などについても解説し,「よくかんで食べることが大事。みんなでバナナのようなうんちをしよう」と呼び掛けた。


ー略ー

(井上朋一)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
2014年06月26日23時00分 の記事


by sembiri | 2014-06-28 06:48 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 6月15日、北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コースで行われたゴルフのmeiji cup北海道ジュニア大会男子中学・高校の部で、 音更中2年鳥海颯汰選手 が、2オーバーの74打で初優勝を飾りました。


 十勝毎日新聞が, 「鳥海(音更中2年)初優勝 道ジュニアゴルフ」 と伝えています。


 【音更】ゴルフのmeiji cup北海道ジュニア大会(15日・北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース、北海道文化放送など主催)男子中学・高校の部で、鳥海颯汰(音更中2年)が2オーバーの74打で初優勝を飾った。昨年は中学生の部で準優勝と悔しさを味わったが、今年から設けられた中・高合同の部で躍進した。「高校生と同じ舞台で優勝することができ、自信につながる」と自身の成長に手応えを感じている。

 昨年は全道ジュニア輪厚大会(8月、北広島市・札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース)で優勝を果たすなど各大会で上位に入る活躍を演じた。今年1月にはプロを目指している高根隆佑(帯広国際CC)が留学中のオーストラリア・ゴールドコーストのゴルフスクールに20日間短期留学し、シーズン本番に向けたトレーニングを積んできた。

 道内の中・高生トップ選手が出場した今大会は、時折激しい雨に見舞われる悪天候の中での競技となった。それでも鳥海は「パーオンして2パットで決めること」を意識し、終始安定したプレーで戦い抜いた。

 前半のアウトコースでは、最終9ホール目のティーショットでOBをたたいたものの「ポジティブな気持ちを維持できた」と集中力を切らさなかった。5打目のピンに当たる好ショットから6打目のパットを確実に決めるなどトータル39打の3位で折り返した。

 後半のインコースでは2つのバーディーを決めるなど追撃。「(ロフト角)58度の(ウエッジ)クラブの調子が良く、アプローチが決まった。グリーンに乗せて確実に決める“拾いゴルフ”ができた」と1アンダーの35打として逆転に成功、2位に4打差の74打で頂点に立った。

 冬場のトレーニングに加え、身長が昨年から約13センチ伸び、162センチとなるなど体も成長。これに伴いドライバーの平均飛距離も200ヤードから235ヤードに伸び、「自信を持ってプレーできるようになってきた」と力を込める。

 今後も毎週末のように大会が続くが、当面の目標は大会史上初となる全道ジュニア輪厚大会(8月10日)での3年連続の優勝だ。

 「両親や練習できる環境を提供してくれるゴルフ場関係者に感謝している。練習成果を大会で出し、3年生で全国上位に入れるよう、今季は各大会でタイトルを狙っていきたい」とさらなる活躍を目指している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年06月25日 14時09分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201406/20140625-0018681.php
b0191190_05023292.jpg


by sembiri | 2014-06-27 06:53 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 6月17日,鹿追中学校は,全校生徒と教職員19人が参加して 防災訓練 を行いました。 火災発生を想定した避難訓練だけではなく,鹿追消防署員の指導による 緊急時の対応クイズ など学年別の防災体験活動を実施しました。


 十勝毎日新聞が, 「クイズで緊急時の対応学ぶ 鹿追中学校で防災訓練」 と伝えています。


 【鹿追】鹿追中学校(小澤一記校長,生徒151人)は17日,防災訓練を行った。火災発生を想定した避難訓練だけではなく,鹿追消防署員の指導による緊急時の対応クイズなど学年別の防災体験活動を実施した。

 全校生徒と教職員19人が参加。学年別の防災体験のうち,3年生は救命・緊急対応をクイズ形式で学ぶ訓練を体験した。同訓練は同校初の取り組みで,管内でも珍しい試み。

 生徒は8つのグループに分かれ,カードに書かれた「スズメバチに刺され青ざめている」「スケートで転倒し後頭部を打った」など校舎周辺で遭遇する可能性のある緊急事態について5分以内で相談し,分担と対応を決定,グループごとに発表した。

 クイズに参加した坂根翔太郎君は「実際にはどんな状況に遭遇するか分からない。その場で臨機応変に対応したい」と話していた。(加藤睦通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年06月24日07:時00分の記事


by sembiri | 2014-06-26 06:48 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_05255022.jpg
写真:幕別小学校/2012年9月撮影

 6月23日,幕別小学校で7月20日の「まくべつ夏フェスタ」で打ち上げる 花火を考えるワークショップ が行われました。
 1,2年生51人がプログラムを練り,黄色の花火でスタートし,スイカやパイナップルの「型物」花火を上げる構成を決めました。


 十勝毎日新聞が, 「幕別小児童が夏フェス花火を考える 幕別」 と伝えています。


 【幕別】幕別小学校(中村吉昭校長,児童190人)で23日,「まくべつ夏フェスタ」(7月20日)で打ち上げる花火を考えるワークショップが行われた。1,2年生51人がプログラムを練り,黄色の花火でスタートし,スイカやパイナップルの「型物」花火を上げる構成を決めた。

 ワークショップは,同フェスの花火大会を主催する十勝毎日新聞社が,子供たちに地域イベントに関心を持ってもらおうと開催した。

 メーン講師は,同大会の司会パーソナリティーを務めるFM-JAGAの栗谷昌宏さんが務め,実行委事務局の本間淳さん(町商工観光課)などもフェスタの概要を説明した。児童たちの多数決により,「げらげらぽーの歌」(キングクリームソーダ)の音楽に合わせて花火玉はスタートが黄色,終わりは青色とし,4種類の「型物」を間に入れることになった。富田貴仁君(1年)は「毎年花火を見ている。今年はもっと楽しみ」と笑顔だった。

 児童が考えたプログラムは当日,「みんなの花火」として披露される。(佐藤いづみ)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年06月24日10時59分 の記事


by sembiri | 2014-06-25 06:23 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_05255022.jpg
写真:幕別小学校/2012年9月撮影

 6月23日,幕別小学校で7月20日の「まくべつ夏フェスタ」で打ち上げる 花火を考えるワークショップ が行われました。
 1,2年生51人がプログラムを練り,黄色の花火でスタートし,スイカやパイナップルの「型物」花火を上げる構成を決めました。


 十勝毎日新聞が, 「幕別小児童が夏フェス花火を考える 幕別」 と伝えています。


 【幕別】幕別小学校(中村吉昭校長,児童190人)で23日,「まくべつ夏フェスタ」(7月20日)で打ち上げる花火を考えるワークショップが行われた。1,2年生51人がプログラムを練り,黄色の花火でスタートし,スイカやパイナップルの「型物」花火を上げる構成を決めた。

 ワークショップは,同フェスの花火大会を主催する十勝毎日新聞社が,子供たちに地域イベントに関心を持ってもらおうと開催した。

 メーン講師は,同大会の司会パーソナリティーを務めるFM-JAGAの栗谷昌宏さんが務め,実行委事務局の本間淳さん(町商工観光課)などもフェスタの概要を説明した。児童たちの多数決により,「げらげらぽーの歌」(キングクリームソーダ)の音楽に合わせて花火玉はスタートが黄色,終わりは青色とし,4種類の「型物」を間に入れることになった。富田貴仁君(1年)は「毎年花火を見ている。今年はもっと楽しみ」と笑顔だった。

 児童が考えたプログラムは当日,「みんなの花火」として披露される。(佐藤いづみ)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年06月24日10時59分 の記事


by sembiri | 2014-06-25 06:23 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 6月17日,社会貢献活動として建設業の河向組が, 本別カトリック 幼稚園で遊具のペンキ塗り を実施しました。

 十勝毎日新聞が, 「河向組が幼稚園の遊具ペンキ塗り 本別 」 と伝えています。


 【本別】建設業の河向組(足寄,河向由紀夫社長)は17日,本別カトリック幼稚園(岩渕つた子園長)で,社会貢献活動として遊具のペンキ塗りを行った。

 利別川に架かる同町の義経大橋の防護柵工事を受注した同社が,近隣にあいさつ回りした際,同幼稚園で塗装が薄くなった遊具の状況を知り,ボランティアを申し出た。社員13人は,園庭にあるブランコ2基,滑り台,雲梯(うんてい)のさびを落とした後,刷毛(はけ)使ってペンキを塗った。ペンキは無臭に近く,速乾性の塗料を使った。同社土木部の江田昌彦部長は「明るい色の遊具で遊んでほしい」と話した。
(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年06月19日08時30分の記事

b0191190_05522704.jpg
写真:河向組
/2012年6月撮影

by sembiri | 2014-06-24 06:42 | 本別町の様子 | Comments(0)

 6月22日,十勝管内では子供たちがサッカーや陸上,バドミントンなどの トップアスリートと触れ合うイベント が相次いで開かれました。
 子供たちは,世界的に活躍している選手たちから直接指導を受けました。


 十勝毎日新聞が, 「コンサ小野選手,バド小椋さんら子供たち指導」 と伝えています。


 晴天に恵まれた22日,十勝管内では子供たちがサッカーや陸上,バドミントンなどのトップアスリートと触れ合うイベントが相次いで開かれた。子供たちは,世界的に活躍している選手たちから直接指導を受けるとともに,各競技でトップクラスの技術に触れて励みにしていた。

トップの技 親子で感嘆 浦幌でサッカー教室
 ○…浦幌町では,コンサドーレ札幌所属で清水町出身の榊翔太選手と元日本代表の小野伸二選手らが指導するサッカー教室がうらほろ森林公園で開かれ,青空の下で子供たちとともにボールを追い掛けた。

 コンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブと,JAグループ北海道が共催する食育イベント「みんなのよい食JA親善大使」の一環。この日は町内小学生28人が参加した。

 ストレッチとウオーミングアップの後,子供たちは榊,小野両選手とともにリフティングやドリブルを練習。両選手が見せるリフティングのテクニックに,子供たちだけでなく見守っていた保護者からも感嘆の声が上がった。最後にミニゲームが行われ,子供たちは両選手と一緒にゴールを目指して芝生を駆け回った。

 サッカー少年団浦幌ジュニアレッドデビルス主将の長代和(やまと)君(11)=6年=は「テクニックが参考になった。将来は小野選手のように世界で戦える選手になりたい」と話していた。


少年団員「上達できた」 ざいだんフェス

 〇…帯広市文化スポーツ振興財団(金澤耿理事長)の設立30周年記念事業「ざいだんスポーツフェス」は,帯広市内の明治北海道十勝オーバルで開かれた。北京やロンドンの五輪日本代表やサッカー元コンサドーレ札幌の選手ら10人が集まり,体験教室やトークショーでスポーツの楽しさを子供たちに伝授した。

 午前10時15分からのバドミントン教室では,北京五輪女子バドミントン日本代表の小椋久美子さん(30)が指導。十勝管内の少年団所属の小学4~6年生20人が参加した。

 小椋さんは手本を見せながら,手の動きやネット際の打ち方などを指導。子供たちはトップアスリートの言葉を真剣な表情で聞き入り,その後2人一組で練習した。芽室少年団の関根陸君(12)は,「五輪選手に会うのは初めて。教え通りにやったら上達した」,飛田修君(同)は,「小椋さんは僕の癖をすぐに分かってすごい」と目を輝かせた。


以上引用:十勝毎日新2014年6月22日 13時45分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201406/20140622-0018660.php



by sembiri | 2014-06-23 05:46 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)


b0191190_08582533.jpg

写真:中札内中学校/2014年1月撮影

 6月20日,中札内村の青少年国際交流派遣事業で, 米国ワシントン州エルマ市から中・高生7人 が来村しました。
 7月1日まで滞在し,ホームステイ先から中札内中学校に通って友情を深める予定です。


 十勝毎日新聞が, 「歓迎パーティーで交流を深める中札内村とエルマ市の生徒」 と伝えています。


 【中札内】村の青少年国際交流派遣事業で20日,米国ワシントン州エルマ市から中・高生7人が来村した。7月1日まで滞在し,ホームステイ先から中札内中学校に通って友情を深める。

 同日夜には文化創造センター・ハーモニーホールで村教育委員会主催の歓迎パーティーが開かれ,ホストファミリーらが温かく一行をもてなした。

 パーティーには関係者94人が出席。中札内中学校の生徒を代表して,廣山千容さん(3年)が「滞在を楽しんで」と歓迎し,ダグ・ウェスコットさん(高校1年)は「中札内村に来られてうれしい」と期待に胸を膨らませた。ポロシリ太鼓振興保存会の演奏も披露され,エルマ市の中・高生は日本文化も楽しんだ。

 両市村の交流は,村出身で同市在住の高校教師の橋渡しで1995年に始まり,20回目の節目。3月15~28日には,中札内中学校の3年生9人がエルマ市でホームステイしながら中学校に通うなどした。(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 /2014年06月22日07時00分の記事

b0191190_09215660.jpg
写真:ワシントン州シアトル市
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B7%9E#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Seattle_Ferry.jpg


by sembiri | 2014-06-22 08:53 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)