人気ブログランキング |

<   2014年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

b0191190_22342990.jpg
写真:仙美里中学校閉校記念式典=2014年1月撮影

 12月30日,スピードスケートの 第39回全日本スプリント選手権最終日 は,長野市のエムウエーブで男女4種目を行いました。
 男子総合で,仙美里中学校出身で味のちぬやの 大和田司(おおわだつかさ)選手 は,4種目全て6位以内に入り,総合3位で初の表彰台に立ちました。
 法政大学の中村駿佑選手が総合で初制覇を遂げました。
 なお,2連覇を狙った白樺学園高出身で日本電産サンキョーの羽賀亮平選手は最終1000mで9位に終わり,総合2位にとどまり,2連覇を逃しました。

 女子は,相澤病院の小平奈緒選手が4種目とも1位で,4連覇を達成しました。
 帯広南商業高出身で日本電産サンキョーの高木菜那が,最終日500m4位,1000m3位となり,総合2位に入りました。

 十勝毎日新聞が, 「 羽賀総合2位,大和田3位 全日本スプリント」 と伝えています。

 【長野】スピードスケートの第39回全日本スプリント選手権(日本スケート連盟主催)最終日は30日,長野市のエムウエーブで男女4種目を行い,男子総合2連覇を狙った羽賀亮平(日本電産サンキョー―日大,白樺学園高出)は最終1000メートルで9位に沈んで逆転を許し,2位に終わった。4種目全てで6位以内に入った大和田司(味のちぬや―北翔大,白樺学園高出)が総合3位と初の表彰台。長島圭一郎(日本電産サンキョー―日大,池田高出)は1000メートルでバランスを崩し後退,総合19位に終わった。中村駿佑(法大)は総合初制覇。女子はオールラウンダーの高木菜那(日本電産サンキョー―帯南商高出)が500メートル4位,1000メートル3位となり総合2位に食い込んだ。辻麻希(開西病院)は500メートルで2位となったが1000メートルで8位と失速し総合5位。小平奈緒(相澤病院)は4種目1位の総合完全制覇で長屋真紀子(三協精機・陸別町出身),橋本聖子(富士急)に次ぐ3人目の4連覇を達成した。

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2014年12月30日17時25分の記事


by sembiri | 2014-12-31 06:57 | 未分類 | Comments(0)

b0191190_11583781.jpg
鹿追町立瓜幕小学校=2014年8月撮影
 

 道内の小・中学生を対象にした 「第27回牛やミルクのある風景絵画コンクール」の入賞者が決定 しました。十勝管内からは,鹿追町瓜幕小学校5年の坂除涼心(さかよけ・すずみ)さんと帯広市川西中学校1年の加藤穂乃花さんが, 最高賞の北海道知事賞 に選ばれた。
 コンクールは北海道牛乳普及協会とホクレンの主催で,北海道の酪農と牛乳に関心を深めてもらうため,毎年行われています。


 十勝毎日新聞が, 「十勝管内から2人最高賞 牛やミルクのある風景画」 と伝えています。


 道内の小・中学生を対象にした「第27回牛やミルクのある風景絵画コンクール」の入賞者が決まった。十勝管内からは,坂除涼心(さかよけ・すずみ)さん(鹿追瓜幕小5年)と加藤穂乃花さん(帯広川西中1年)が最高賞の北海道知事賞に選ばれた。


 北海道牛乳普及協会とホクレンの主催。北海道の酪農と牛乳に関心を深めてもらうため,毎年行われている。今年は小学校56校から411点,中学校21校から325点が寄せられ,最高賞は各学年から1点選出された。

坂除さんは「満足できる出来だったけれど,まさか(知事賞を)取れるとは思っていなかったのでうれしい」と笑顔。


 画面いっぱいに乳牛の顔を描いた。坂除さんら同校児童が通う地域の絵画教室「うりぼう」を主宰する井出理恵さんから受けたアドバイス通りに大きく描いた。背景にはさまざまな色を重ね,それが牛の存在感を浮き立たせている。

-略-

(大野篤志,松田亜弓)


  ◆他の管内入選・入賞者(敬称略)

 ▽金賞=大庭工(鹿追瓜幕小6年)西川和樹(帯広川西中2年)
 ▽銀賞=中島聡太(鹿追瓜幕小4年)
 ▽銅賞=山中洸太(同)
 ▽入選=正保みわ(鹿追瓜幕小2年)播磨友里菜(同3年)浅野祥汰(同5年)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月24日09時32分の記事


by sembiri | 2014-12-31 06:41 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_01322436.jpg
写真:十勝毎日新聞社ビル=2014年8月撮影

 第27回 「全十勝小・中学校学級・学校・学習新聞コンクール」の 入賞作品が決定し ました。
 作品はB4サイズの用紙に地域や学校の話題などを新聞の形式にまとめ,十勝管内の小・中学校から,学級・学校新聞の部に57点,学習新聞の部に304点の応募がありました。
 審査会は12月7日,十勝毎日新聞社ビルで開かれ,帯広市中学校文化連盟の羽田尚史教諭ら7人が内容やレイアウトなどを審査しました。


 十勝毎日新聞が, 「学級・学校・学習新聞コンクール入賞者決まる」 と伝えています。


 第27回「全十勝小・中学校学級・学校・学習新聞コンクール」(十勝新聞教育研究会,十勝毎日新聞社など主催)の入賞作品が決まった。作品の出品数が最も多かった小学校中学年・学習新聞の部では,吉田聖菜さん(南中音更小4年)の「消防・アーチ橋・くりりん」が最優秀賞に輝いた。

 作品はB4サイズの用紙に地域や学校の話題などを新聞の形式にまとめ,管内の小・中学校から,学級・学校新聞の部に57点,学習新聞の部に304点の応募があった。審査会は7日,十勝毎日新聞社ビルで開かれ,帯広市中学校文化連盟の羽田尚史教諭(審査委員長)ら7人が内容やレイアウトなどを審査した。

 入賞作品は来年2月5~10日に勝毎サロン(藤丸7階)で展示され,表彰式は同8日午後2時から藤丸8階の帯広市市民活動交流センターで行われる。(坂本優子)

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月23日06時30分の記事


by sembiri | 2014-12-30 06:28 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_17260138.jpg
写真:浦幌町総合スポーツセンター=2012年9月撮影

 12月21日, 浦幌町の小・中一貫教育 「コミュニティ・スクール」 の来年度導入に向け,先進地の識者を招いてCSに理解を深める会合が,町総合スポーツセンターで開かれました。
 「第43回町PTA連合会研究大会」のテーマとして開かれ,約100人が出席しました。


 十勝毎日新聞が, 「『コミュニティスクール』に理解深める 浦幌 」 と伝えています。


 【浦幌】小・中一貫教育「コミュニティ・スクール(CS)」の来年度導入に向け,先進地の識者を招いてCSに理解を深める会合が21日,町総合スポーツセンターで開かれた。

 「第43回町PTA連合会研究大会」(町PTA連合会と町教委の主催)のテーマとして開かれ,約100人が出席。最初に,CSの先進地・東京都三鷹市から三鷹中央学園CS委員会の四柳千夏子副会長を講師に招いての講演が行われた。

 四柳さんは三鷹市での取り組み状況や,小・中一貫教育の方針,意義などを説明。CS導入に際しての課題などにも触れ「CSは,保護者や地域の声を学校運営に反映させるための仕組み。地域と学校みんなで一緒に子供たちを育てよう」と呼び掛けた。

 会場では出席者同士の意見交換も行われ「大人が子供に関わると地域の絆が深まり,豊かな地域になるのでは」などの意見が出ていた。(井上朋一)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月23日06時30分の記事


by sembiri | 2014-12-30 06:08 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_14391899.jpg
写真:帯広川西中学校=2012年6月撮影

 全国の小・中・高生から大人までを対象にした 「第2回心に響く小さな5つの物語」感想文コンクール で,帯広川西中学校3年の 山崎瑞季さんが小学生~高校生部門で最高賞の金賞 に輝きました。感想文コンクールは,致知出版社の主催です。
 「心に響く小さな5つの物語」は,累計30万部を突破した「小さな人生論」シリーズの中から5つの短編を厳選した作品集です。


 十勝毎日新聞が, 「山崎さん全国最高賞 『小さな5つの物語』感想文」 と伝えています。


 全国の小・中・高生から大人までを対象にした「第2回心に響く小さな5つの物語」感想文コンクールで,帯広川西中学校3年の山崎瑞季さん(15)が小学生~高校生部門で最高賞の金賞に輝いた。山崎さんは「最初は信じられなかった。うれしい」と喜んでいる。

 致知出版社主催。「心に響く小さな5つの物語」(藤尾秀昭著)は,累計30万部を突破した「小さな人生論」シリーズの中から5つの短編を厳選した作品集。2010年以来4年ぶりに開かれ,全国から839作の応募があり,小学生~高校生部門は金賞,銀賞各1点,佳作2点が選ばれた。

 山崎さんは担任の紹介で同コンクールを知り,夏休みに書き上げた。同書から特に印象的だったという「喜怒哀楽の人間学」「人生のテーマ」について,登場人物と自分を照らし合わせながら深く思いをめぐらせ,400字詰め原稿用紙2枚半にまとめた。

 本が好きで,忙しくても1カ月に1冊は読む読書家。「これからもいろいろな本を読んで,多くの人に思いを伝えられたら」と今後へ意欲を見せた。(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月22日09時58分の記事


by sembiri | 2014-12-29 06:44 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_03052254.jpg
明治北海道十勝オーバル=2014年1月撮影

 12月27日, スピードスケートの第61回全十勝中学校体育大会 が,明治北海道十勝オーバルで行われました。
 男子1000m1分15秒84の大会新記録を出しトップに立った札内東中学校3年の久保向希選手が,1500mも1分58秒40で制し2冠を獲得しました。
 中札内中学校3年の戸水謙一郎選手も,男子3000mを4分8秒81,5000mを7分5秒02で勝利して2冠を達成しました。
 男子500mは,緑南中学校3年の椿要二選手が,38秒17の大会新で優勝しました。


 十勝毎日新聞が, 「久保,戸水2冠達成 全十勝中学スケート」 と伝えています。


 スピードスケートの第61回全十勝中学校体育大会(全十勝中体連,帯広スケート連盟など主催)が27日,明治北海道十勝オーバルで行われた。男子1000メートルで1分15秒84の大会新記録を出しトップに立った久保向希(札内東3年)が同1500メートルも1分58秒40で制し2冠を達成した。戸水謙一郎(中札内同)は同3000メートルを4分8秒81,同5000メートルを7分5秒02で勝利して2冠。同500メートルは椿要二(緑南同)が38秒17の大会新で優勝した。学校対抗は男子が中札内,女子は2000メートルリレーを制するなどした士幌中央が頂点に立った。(菊池宗矩)

好記録に「良い感じ」 久保

 男子1000メートル,1500メートルは久保向希が好記録で優勝。得意の1000メートルは大会記録を0秒10上回り,「良い感じに仕上がっている」と自身の滑りには納得した部分もあったようだ。


 先に滑った1500メートルでは,1組前に山口遼(札内3年)が1分58秒82の好タイムを出した。その記録を2周目まで大きく上回った。「いつもは2周目の終わりで足にきていた」というが3周目まで粘れた。ただ最後はラップを落とし,13日の全十勝中学校記録会で山口が記録した1分57秒63に及ばず1分58秒40。「山口はインフルエンザ明け。タイムもまだ(先日の山口に)負けている。悔しい」と口にした。


 それから1時間ほど後に行われた1000メートルでは大会新で快勝。特に2周目のラップは26秒89と全十勝中学校記録会の27秒00を上回り「スピードが出た」とうなずいた。コーナーでは「上下動を抑え込み,きれいにスムーズに」と膨らむことなく加速した。

  -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2014年12月28日10時23分の記事



「シングルトラック・10位までの記録」はここをクリック
by sembiri | 2014-12-29 06:03 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_03052254.jpg
写真:明治北海道十勝オーバル=2014年1月撮影

 12月14日、 スピードスケート全十勝小学校記録会 が、明治北海道十勝オーバルで行われました。
 6年生女子500mで新得小学校の古川幸希選手が唯一の44秒台を出し1位となりました。6年男子はつつじが丘小学校の大道琉之介選手が46秒27、1500mは昭和小学校の小竹皇歌(おうか)選手が2分23秒15のトップタイムを出しました。


b0191190_15235636.jpg

町立新得小学校=2015年8月撮影
(この画像は,後から挿入しました)


 十勝毎日新聞が, 「6年生女子は古川1位、スケート小学記録会」 と伝えています。


 スピードスケートの全十勝小学校記録会(帯広スケート連盟主催)が14日、明治北海道十勝オーバルで行われた。6年生女子500メートルで古川幸希(新得)が唯一の44秒台を出し1位となった。同男子は大道琉之介(つつじが丘)が46秒27、1500メートルは小竹皇歌(おうか、昭和)が2分23秒15のトップタイムを出した。男子250メートルで1年の堀川雄大(大樹)が30秒58、2年の250メートルの山田陽政(若葉)が28秒19の大会新でそれぞれ首位に立った。大会には男女計406人がエントリーし、大勢の保護者らが見守る中、好記録を目指して滑走した。(北雅貴)

 ◆古川幸希「最後までバテなかった」

 6年生女子500メートルの古川幸希は、ゴールまで勢いを落とすことなく滑り切った。5年生で出した44秒61の自己記録を上回る44秒84。「バックストレートでピッチを落とさず、コーナーに入っていけた。体力が付いたので、最後までバテなかった」と笑みを浮かべた。

 夏は陸上競技のハードルや短距離にも取り組み、スケートクラブのKSCの陸上トレーニングでも、アップダウンのある山道を走るなどして足腰を鍛えた。この日の最初の100メートルは12秒9前後。「スタートダッシュは昨年と変わっていないので、もっと強化したい」と話す。42~43秒台を出し、全道規模の大会での優勝を今季の目標に掲げた。


ー略ー

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月20日15時58分の記事


by sembiri | 2014-12-28 06:30 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_01155022.jpg
写真:池田中学校=2014年1月撮影

 日本消防協会と,全日本消防人共済会が主催する「防火ポスターコンクール」で,池田中学校3年の 上田萌夏さんの作品が,佳作に入賞 しました。
 12月16日,池田町役場で表彰式が行われました。
 コンクールは防火に関する意識を高めることを目的に毎年開催され,今年度も全国から最優秀賞1人,優秀賞2人,佳作9人が選ばれました。
 池田中学校美術部員からは,昨年に続いて2人目の佳作入賞で,2年連続全国入賞を果たしました。


 十勝毎日新聞が, 「池田中の上田さん,全国入賞 防火ポスターコンクール」 と伝えています。


 【池田】日本消防協会(東京)と,全日本消防人共済会(同)が主催する「防火ポスターコンクール」で,池田中学校の上田萌夏さん(15)=3年,美術部所属=の作品が佳作に入賞し,16日,町役場で表彰式が行われた。

 同コンクールは防火に関する意識を高めることを目的に毎年開催。今年度も全国から最優秀賞(1人),優秀賞(2人),佳作(9人)が選ばれた。同校美術部員からは昨年に続いて2人目の佳作入賞で,2年連続全国入賞を果たした。

 表彰式では勝井勝丸町長から表彰状などが上田さんに手渡された。上田さんは「初めて全国で賞を取ってうれしかったです」と笑顔で話し,同校美術部で顧問を務めている西島俊貴教諭は「3年間応募し続け,成果が認められて良かった」と喜びを語った。

 上田さんのポスターは日常生活の中で火の不始末が原因による火事を描いた。アイロンや,やかんを載せたコンロの火の消し忘れなどで外出し,火事を起こしてしまう様子が巧みに表現されている。

 勝井町長は「このポスターを見て防火に努めてもらいたい」と述べた。ポスターは年末の防火対策として町内10カ所に掲示される予定。(水上由美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月18日06時45分の記事


by sembiri | 2014-12-27 06:05 | 池田町の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_04345257.jpg
写真:とかちプラザ=2014年8月撮影

 第19回全十勝小学校かべ新聞コンクール と第7回全十勝児童・生徒短歌大会の入賞作品展示会が、帯広市内で開かれています。
かべ新聞コンクールは、十勝毎日新聞社、十勝新聞教育研究会などが主催で、とかちプラザ・ギャラリーで12月17日に始まりました。
 修学旅行や地域の話題などをテーマにした力作38点が並べられ、20日まで行われます。
 なお、表彰式は20日午後2時から、とかちプラザ・レインボーホールで行われます。


 十勝毎日新聞が, 「かべ新聞コンクールと短歌大会の入賞作品展開催中」 と伝えています。


 第19回全十勝小学校かべ新聞コンクールと第7回全十勝児童・生徒短歌大会の入賞作品展示会が、帯広市内で開かれている。会場を訪れた人たちは、子どもたちの作品をじっくり読むなどして、ほのぼのした気分に浸っている。

 ○…かべ新聞コンクールは、十勝毎日新聞社、十勝新聞教育研究会などが主催で、とかちプラザ・ギャラリーで17日に始まった。修学旅行や地域の話題などをテーマにした力作38点が並ぶ。20日まで。

 管内14校から90点の作品の応募があった。6年生の部最優秀賞の帯広啓西小6年1組「修学旅行」は、旅行先の札幌の話題を鮮やかな見出しと分かりやすいレイアウトで表現。他にも地域の産業や学校の話題などを絵や写真で盛り込んだかべ新聞が並んでいる。

 表彰式は20日午後2時から、とかちプラザ・レインボーホールで行われる。

 ○…児童・生徒短歌大会は、NPO十勝文化会議、十勝毎日新聞社が主催、帯広青年会議所が協力。18日から、藤丸8階の市民活動交流センターで開かれている。23日まで。

 1871首の応募があった。このうち入賞した小学生26首、中学生26首、高校生25首の作品と、選者賞に選ばれた21首を展示している。

 岡村昂慧さん(帯広北高3年)の「古郷といつの日か呼ぶこの土地が今の僕には少し狭くて」など、児童・生徒ならではの感性が光る作品が並ぶ。秀逸賞までの作品はNPO十勝文化会議書道部会の戸出大泉部会長が色紙にしたためた。

 表彰式は20日午前11時から、最優秀、優秀、秀逸、佳作、奨励賞の受賞者を対象に同会場で行われる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月18日13時43分の記事


by sembiri | 2014-12-26 06:24 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_14035361.jpg
写真:士幌町立佐倉小学校=2014年1月撮影

 12月8日,士幌町の佐倉小学校の全校児童が,町佐倉交流センターで開かれた 「佐倉ゆうゆうサロン」を訪問 し,地区に住む65歳以上のお年寄り約30人と楽しく交流を深めました。
 佐倉小では,10年ほど前から生活科や総合的な学習の時間の一環で,地域のサロンを訪れています。


 十勝毎日新聞が, 「児童がお年寄りと触れ合う 士幌・佐倉小」 と伝えています。


 【士幌】佐倉小学校(清水敏文校長,児童22人)の全校児童が8日,町佐倉交流センターで開かれた「佐倉ゆうゆうサロン」(和田登志男代表)を訪問し,同地区に住む65歳以上のお年寄り約30人と楽しく交流を深め合った。

 同校では子供たちの豊かな心を育もうと,10年ほど前から生活科(低学年)や総合的な学習の時間(中・高学年)の一環で地域のサロンを訪れている。

 初めに1,2年生が英語版の「幸せなら手をたたこう」や手話を交えて「さんぽ」を合唱し,3~6年生がリコーダーでさまざまな楽曲を披露。最後は22人で「野に咲く花のように」「大空賛歌」を合唱した。

 その後は交代でお年寄り全員の肩をもみ,記念撮影。一人ひとりと握手を交わし,退場した。和田代表は「身近な子供たちとアットホーム(家族的)な雰囲気で触れ合えて良かった。学校の協力にも感謝したい」と話していた。(小縣大輝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月10日07時20分の記事



More
by sembiri | 2014-12-25 06:53 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)