人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0191190_08501866.jpg
鹿追町民ホール=2015年8月撮影

 3月25日,神田日勝記念美術館の主催で 春休み子どもワークショップ 「昆虫を知ろう」 が,鹿追町民ホールで行われました。
 ワークショップには,小学生と幼児,保護者20人,キッズボランティア3人が参加し,オリジナルのキーホルダー作りなどに取り組みました。


b0191190_09062672.jpg
神田日勝記念美術館=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「昆虫について学ぶ 鹿追・春休み子どもワークショップ」 と伝えています。

 【鹿追】春休み子どもワークショップ「昆虫を知ろう」(神田日勝記念美術館主催)が25日,町民ホールで行われた。

 小学生と幼児,保護者20人,キッズボランティア3人が参加した。最初に同美術館の常設展を見学した後,帯広百年記念館の伊藤彩子学芸員が昆虫に関する絵本の紹介や「ハエ」についての話に耳を傾けた。
   -略-
(大井基寛通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月26日19時30分の記事


by sembiri | 2016-03-31 06:40 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_10085402.png
参考写真:Crystal Kay(クリスタル・ケイ)さん
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/Crystal_Kay

 女性歌手のCrystal Kay(クリスタル・ケイ)さんが,芽室町の 上美生中学校の卒業式を訪問 しました。
 今月発売した新曲「サクラ」を歌って,女子生徒5人の門出を祝福しました。
 クリスタル・ケイさんは「恋におちたら」などのヒット曲で知られ,卒業生をはじめ,保護者や来賓にも知らされていないサプライズに会場はどよめき,歌声に聴き入りました。

【参考動画】Crystal Kay/クリスタル・ケイ『サクラ』
http://www.bing.com/videos/search?q=%e3%82%b5%e3%82%af%e3%83%a9+%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b1%e3%82%a4&&view=detail&mid=2A7378AFFF9E347EAF892A7378AFFF9E347EAF89&FORM=VRDGAR


 十勝毎日新聞が, 「サプライズでクリスタル・ケイさん登場 上美生中学校」 と伝えています。


 【芽室】女性歌手のCrystal Kay(クリスタル・ケイ)さんが上美生中学校(濱田和光校長,生徒20人)の卒業式を訪れ,今月発売した新曲「サクラ」を歌って女子生徒5人の門出を祝福した。卒業生をはじめ,保護者や来賓にも知らされていないサプライズに会場はどよめき,歌声に聴き入った。

 クリスタル・ケイさんは「恋におちたら」などのヒット曲で知られる。今回は新曲のプロモーションを兼ねた出張ライブを企画・募集し,卒業生の父でファンの奥村紀之さん(44)が応募した。「保育所から一緒に育ってきた卒業生を祝福したい」という奥村さんの思いにクリスタル・ケイさんが共感し,上美生中訪問が決まった。

 訪問の計画は,奥村さんと校長・教頭ら一部しか知らない中で進められた。15日の卒業式では,卒業証書授与などが終わった直後にクリスタル・ケイさんが登場。新曲は桜の花びらに恋の思い出を重ねたラブソングで,歌いきった後,クリスタル・ケイさんは「皆さんにしか持っていない輝きを信じて,頑張ってください」とエールを送った。
   -略-
(深津慶太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月25日13時29分の記事


by sembiri | 2016-03-30 06:59 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_09560680.jpg
士幌町総合研修センター
=2015年8月撮影

 3月25,26の両日,士幌町内の子どもたちが北海道大学に通う学生と勉強したり,体を動かしたりする 春休み学習サポート塾 が士幌町総合研修センターで開かれました。
 サポート塾は,北大恵迪寮自治会の士幌小屋チセ・フレップ運営特別委員会が主体となり,2014年から春,夏北大恵迪寮,冬の長期休みを利用して実施しています。
 今回は委員会の1~4年生4人が指導に当たり,初日の午前は町内5小学校から56人が参加しました。


b0191190_09512506.jpg
参考写真:北大恵迪寮正門入口
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E8%BF%AA%E5%AF%AE


 十勝毎日新聞が, 「北大生が学習サポート 士幌・春休み塾」 と伝えています。


 【士幌】町内の子どもたちが北海道大学に通う学生と勉強したり,体を動かしたりする「春休み学習サポート塾」(町教委主催)が25,26の両日,町総合研修センターで開かれた。

 同塾は北大恵迪(けいてき)寮自治会の士幌小屋チセ・フレップ運営特別委員会(薄田悠樹委員長)が主体となり,2014年から春,夏,冬の長期休みを利用して実施している。今回は同委員会の1~4年生4人が指導に当たった。

 初日の午前は町内5小学校から56人が参加。学生らから勉強を教わったり,「人間知恵の輪」などチームワークを育むゲームを楽しんだりした。
-略-
(小縣大輝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月27日7時30分の記事


by sembiri | 2016-03-29 06:46 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_09342279.jpg
清水町御影公民館
=2014年1月撮影

 3月20日,中学校アイスホッケーで全道,全国制覇を遂げた 十勝連合Dチームの優勝祝賀会 が,御影公民館で開かれました。
 選手や関係者など約70人が出席し,選手たちの快挙をたたえました。
 チームは,御影中学校から11人,芽室中学校から3人,屈足中学校から1人の15人で構成。昨年12月苫小牧市で行われた第46回道中学校大会,1月群馬県渋川市で行われた第36回全国中学校大会で優勝を遂げました。


b0191190_09341027.jpg
清水町立御影中学校
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「全道,全国一をたたえる 清水・中学IH十勝連合D優勝祝賀会」 と伝えています。

 【清水】中学校アイスホッケーで全道,全国制覇を遂げた十勝連合Dの優勝祝賀会(NPO法人町アイスホッケー協会主催)が20日,御影公民館で開かれた。選手や関係者など約70人が出席し,選手たちの快挙をたたえた。

 チームは,御影中11人,芽室中3人,屈足中1人の15人で構成。第46回道中学校大会(昨年12月・苫小牧市),第36回全国中学校大会(1月・群馬県渋川市)で優勝した。

 この日はメンバー14人が出席した。水津栄次郎同協会代表理事が「日本一に甘んずることなく更なる大きな目標に向かって前進してほしい」とあいさつ。高薄渡町長,齊藤仁新得町教育長が祝辞を述べた。祝宴では武田孝憲芽室町教育長が乾杯の音頭をとり,出席者は食事しながら優勝の喜びを分かち合った。全国大会での活躍を映した映像も上映された。
-略-
(那須野唯通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月24日21時30分の記事


by sembiri | 2016-03-28 06:24 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

池田中学校=2014年1月撮影

 3月24日,今月末で定年退職する池田中学校の伊倉将光校に対し,生徒たちが企画した サプライズ「卒業式」 が,同校体育館で行われました。
 手書きの卒業証書を贈り,美術部が3年前につまようじ3万5000本で作った似顔絵アートもプレゼントしました。伊倉校長が好きな合唱曲「親知らず子知らず」を全員で歌い,妻の惠美さんの手紙を朗読し,36年の教員生活を終える伊倉校長に感謝の気持ちを伝えました。

【参考動画】合唱曲「親知らず子知らず」
http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E8%A6%AA%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A%E5%AD%90%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A

 十勝毎日新聞が, 「退職校長に手書きの卒業証書 池田中でサプライズ卒業式」 と伝えています。


 【池田】校長先生,ありがとう-。今月末で定年退職する池田中学校の伊倉将光校長(60)に対し,生徒たちがサプライズで企画した「卒業式」が24日,同校体育館で行われた。手書きの卒業証書を贈り,全校生徒(1・2年生118人)で合唱を披露するなどし,36年の教員生活を終える伊倉校長に感謝の気持ちを伝えた。

 生徒会(田中大翔会長=2年)が中心となり,2月から準備を進めてきた。合唱の練習などは伊倉校長が不在のときに行い,妻の惠美さんへの手紙も田中会長が直接依頼するなど秘密厳守を徹底。卒業証書の文面も,生徒が考えて手書きするなど工夫を凝らした。

 この日は修了式と教職員の離任式の後,生徒がアナウンスして「卒業式」が開幕。田中会長が「最後の生徒として誇りを持ち,新しい池田中学校を創り上げていくことを約束します」と卒業証書を伊倉校長に手渡した。美術部が3年前につまようじ3万5000本で作った似顔絵アートもプレゼント。伊倉校長が好きな合唱曲「親知らず子知らず」を全員で歌い,惠美さんの手紙を朗読した。
   -略-
(末次一郎)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月25日10時47分の記事


by sembiri | 2016-03-27 08:54 | 池田町の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_18040589.jpg
参考写真:サンバーナーディーノ郡の象徴アローヘッド山
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E%E9%83%A1_(%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%B7%9E)


 3月22日,広尾中学校で,アメリカ派遣事業体験報告会 が開かれました。
 派遣事業は1998年から続いていて,今回の派遣団は1月4~12の9日間,米国カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡のアップルバレー地区にホームステイしながら学校や老人ホーム,テーマパークなどを訪れました。
 この日は派遣された9人が,広尾中の1,2年生と来賓の笹原博教育長ら約130人に,スライドを使って現地での体験を伝えました。


b0191190_06140914.jpg
広尾中学校=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「アメリカ訪問を後輩に語り継ぐ 広尾中」 と伝えています。

 【広尾】広尾中学校(加藤健一校長,生徒174人)で22日,海外派遣事業体験報告会が開かれた。派遣された9人が貴重な体験を後輩らに伝えた。

 同派遣団は1月4~12の9日間,米国カリフォルニア州アップルバレー地区にホームステイしながら学校や老人ホーム,テーマパークなどを訪れた。派遣事業は1998年から続いている。

 この日は同校1,2年生と来賓の笹原博教育長ら約130人に対し,スライドを使って現地での体験を伝えた。そのうち現地の中学校訪問では「自分の教室がない」「髪型や服装が自由」など日本の学校と違ったと説明した。

   -略-
(石原秀樹通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月24日9時17分の記事


by sembiri | 2016-03-26 06:00 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_01552850.jpg
帯広市民文化ホール=2014年1月撮影

 3月19日,帯広小学校教諭で作曲家の川崎智徳さんが東日本大震災をテーマに作曲した 組曲「その声はいまも-無伴奏女声四部合唱のための」 が,帯広市民文化ホールで開かれた帯広三条高校合唱部の第26回定期演奏会で初演されました。
 組曲は川崎さんが,震災をテーマに書かれた詩人高良留美子さんの詩「その声はいまも」に感銘を受け,同じく高良さんの震災をテーマにした「生きて」「いのり」の2つの詩とともに3曲を作って構成されています。
 帯広三条高合唱部を中心に,市内中・高校の合唱部員らを加えた84人が鎮魂のハーモニーを響かせました。


b0191190_01541008.jpg
帯広三条高校=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「被災地へ歌声届け 帯広小教諭・川崎さん作曲の組曲 記憶歌い継ぐ」 と伝えています。

 帯広小学校教諭で作曲家の川崎智徳さん(49)が東日本大震災をテーマに作曲した組曲「その声はいまも-無伴奏女声四部合唱のための」が19日,帯広市民文化ホールで開かれた帯広三条高校合唱部(弥田真侑部長,部員35人)の第26回定期演奏会で初演された。同部を中心に,市内中・高校の合唱部員らを加えた84人が鎮魂のハーモニーを響かせ,多くの来場者の心を打った。

 同組曲は川崎さんが,震災をテーマに書かれた詩人高良留美子さん(東京)の詩「その声はいまも」に感銘を受け,同じく高良さんの震災をテーマにした「生きて」「いのり」の2つの詩とともに3曲を作って構成した。震災の悲惨さや被災者への祈りを込めて作られている。

 定期演奏会は午後6時半に開演。同組曲はその第4部で,三条高合唱部をはじめ,帯広第一中と帯広柏葉高の両合唱部,三条高合唱部OGによる女声合唱団consono(コンソーノ)の合同で歌われた。

   -略-
(大木祐介,菅生佳孝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月20日13時30分の記事


by sembiri | 2016-03-25 06:57 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_17411308.jpg
参考写真:将棋盤と駒
(手前側の駒は対局開始時の状態,向こう側の駒は位置は同じで裏返し状態。)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%86%E6%A3%8B


 3月20日, 第42回全十勝小中学生将棋大会 が,帯広市児童会館で開かれました。
 十勝管内の少学1年生から中学3年生まで67人が参加し,白熱した戦いを繰り広げました。
 開会式の後,子どもたちは学年ごとに分かれ,予選リーグと決勝トーナメント戦を繰り広げました。

b0191190_17402104.jpg
帯広市児童会館=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「小・中学生が白熱の戦い 全十勝小中学校将棋大会」 と伝えています。

 「第42回全十勝小中学生将棋大会」(帯広市,十勝毎日新聞社主催)が20日午前10時から,帯広市児童会館で開かれた。管内の少学1年生から中学3年生まで67人が参加し,白熱した戦いを繰り広げた。

 開会式では,十勝毎日新聞社の永田耕司事業局長が「将棋の魅力は,礼に始まり礼に終わるところ。この大会でそれを学び,日常生活で生かしてほしい」とあいさつ。
   -略-
 この後,子どもたちは学年ごとに分かれ,予選リーグと決勝トーナメントで戦った。鹿追中2年の金井陽太君(14)は「今回が初参加。決勝まで行けるよう頑張りたい」と闘志を燃やしていた。(菅生佳孝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月20日11時28分の記事


by sembiri | 2016-03-24 06:33 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_01331850.jpg
帯広市民文化ホール=2014年1月撮影

 3月20日, 帯広地区吹奏楽連盟による 「学校選抜演奏会」 が,帯広市民文化ホールで開かれました。
 小,中,高校の部で各学校から選抜された合わせて154人が出演し,見事な演奏を披露しました。
 今年は小学校選抜に46人,中学校選抜に63人,高校選抜に45人が選ばれ,複数回の練習を重ねてこの日を迎えました。


【参考動画】「マーチ・スカイブルー・ドリーム」
2016年全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅰ
http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0&tid=0ae94537dc31c34eb59f5172170a5225&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1


 十勝毎日新聞が, 「学校の枠超え154人競演 選抜演奏会」 と伝えています。


 帯広地区吹奏楽連盟(大井貴裕理事長)による「学校選抜演奏会」が20日,帯広市民文化ホールで開かれた。小,中,高校の部で各学校から選抜された合わせて154人が出演し,見事な演奏を披露した。

 同演奏会は,各団体のリーダー育成や交流などを目的に毎年開かれている。今年は小学校選抜に46人,中学校選抜に63人,高校選抜に45人が選ばれ,複数回の練習を重ねてこの日を迎えた。

 小学校選抜は「ラ・バンバ」,中学校選抜は今年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲「マーチ・スカイブルー・ドリーム」,高校選抜は同コンクール課題曲の「マーチ『クローバーグラウンド』」など,それぞれ4曲ずつを披露した。
   -略-
(大谷健人)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月21日11時18分の記事


by sembiri | 2016-03-23 06:28 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_18230690.jpg
新得町立富村牛小中学校
=2018年5月撮影

 3月18日,今年度の 新得町のトムラウシ 少年グリーンクラブの退団式 が,富村牛(とむらうし)小中学校で開かれ,中学3年生の2人が卒団しました。
 少年グリーンクラブは,富村牛小中の児童・生徒が加入し,森林学習会,キャンプ,トムラウシ山の清掃登山のほか,緑の羽根募金呼び掛けなどの奉仕活動にも取り組んでいます。


 十勝毎日新聞が, 「 中学3年2人が卒団 新得・トムラウシ少年グリーンクラブ」 と伝えています。


 【新得】トムラウシ少年グリーンクラブ(沼澤七海団長,団員15人)の今年度の退団式が18日,富村牛小中学校で開かれ,中学3年生の沼澤団長と後藤百葉副団長の2人が卒団した。


 同クラブは,同校の児童・生徒が加入し,森林学習会,キャンプ,トムラウシ山の清掃登山のほか,緑の羽根募金呼び掛けなどの奉仕活動にも取り組んでいる。


 同クラブ育成会の関谷達司会長が「1年間の活動を通じて森林育成活動を頑張ってくれた」と感謝の言葉を贈った。

   

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月20日22時30分の記事


by sembiri | 2016-03-22 06:19 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)