人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧


b0191190_12562180.jpg
士幌町立下居辺小学校
=2018年5月撮影

 8月18日,今年度末で閉校する士幌町の下居辺(しもおりべ)小学校で,帯広南商業高校による 「書道パフォーマンス・書道教室」 が開かれました。
 帯広南商高書道部による書道パフォーマンス実演では,音楽に合わせ,畳2枚分の和紙に校歌の詞を豪快に書き上げました。 児童によるパフォーマンス体験では一人一文字ずつ「きらり輝けおりべっ子」と書きました。

b0191190_12543184.jpg
帯広南商業高校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯南商高書道部が児童にパフォーマンス披露 士幌下居辺小」 と伝えています。
 【士幌】今年度末で閉校する下居辺小学校(玉川弘幸校長,児童9人)で18日,帯広南商業高校による「書道パフォーマンス及び書道教室」(閉校記念実行委員会主催)が開かれた。

 児童ら9人は前日から同校でキャンプを楽しみ,この日は,保護者や卒業生ら約70人が参加。同高書道部(高坂緋里部長,部員18人)による書道パフォーマンス実演では,音楽に合わせ,畳2枚分の和紙に校歌の詞を豪快に書き上げた。  同部2年の福田翔子副部長は「音楽はアレキサンドロスの“渡り鳥”の曲に合わせ,新たな学校に代わっても羽ばたき続けることを願って力強く書いた」と話した。

 児童によるパフォーマンス体験では一人一文字ずつ「きらり輝けおりべっ子」と書き,壁に貼ると大きな拍手を受けた。

-略-

(伊藤健蔵通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月20日21時00分の記事
by sembiri | 2018-08-31 06:20 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

浦幌で陸上競技教室

b0191190_07560916.jpg
浦幌町総合スポーツセンター
=2017年8月撮影

 8月11日,道内の学校や地域にスポーツアスリートを派遣しているA-bank北海道の仁井有介さんを講師に招いた, 陸上競技教室・指導者講習会 が,浦幌町総合スポーツセンターで開かれました。
 浦幌町教育委員会が主催し,浦幌町と豊頃町の社会体育連携事業で,両町から小・中学生57人と指導者8人が参加しました。

b0191190_07473581.jpg
浦幌町教育委員会
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「足が速くなるポイント学ぶ 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌・豊頃】道内の学校や地域にスポーツアスリートを派遣しているA-bank北海道の仁井有介さん(34)=元ハイテクAC所属=を講師に招いた,陸上競技教室・指導者講習会(町教委主催)が11日,浦幌町スポーツセンターで開かれた。

 道が2011年から取り組む広域スポーツセンター指導者派遣事業の一環。浦幌町と豊頃町の社会体育連携事業で,両町から小・中学生57人と指導者8人が参加した。

-略-

 仁井さんは足が速くなるためのトレーニングとして,「まっすぐな姿勢」,「足の裏を軽やかに」,「腕の振り方」を意識したスキップを指導。その上でスタートの姿勢は「つま先をまっすぐ前に向け,体重は前足にかける」などとアドバイスした。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月13日16時30分の記事
by sembiri | 2018-08-30 06:23 | 浦幌町内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_08012871.jpg
ネイパル足寄
=2016年5月撮影

 8月10~12日の2泊3日で,ネイパル足寄は,夏休みの宿題や宿泊体験を行う 「ネイパル夏物語」 を開きました。
 十勝の小学3~6年生の48人が参加し,道教委のチャレンジテストや九州大学・北海道演習林の中村琢磨さんを講師に,植物の観察も行いました。

b0191190_08055028.jpg
九州大学・北海道演習林
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「小学生が宿泊体験 足寄」 と伝えています。
 【足寄】ネイパル足寄(杉山良雄所長)は10~12日の2泊3日の日程で,夏休みの宿題や宿泊体験を行う「ネイパル夏物語」を同施設で開いた。

 十勝の小学3~6年生の48人が参加。道教委のチャレンジテストや英語を使ったレクリエーションに取り組んだほか,九州大学・北海道演習林の中村琢磨さんを講師に,植物の観察も行った。

 子どもたちは早寝早起きの生活と,テレビやゲームから離れた3日間を過ごした。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月19日9時30分の記事
by sembiri | 2018-08-29 06:09 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

本別で合同パトロール

b0191190_08495875.jpg
清流公園(本別町)
=2014年8月撮影

 8月10日,子どもへの清流公園不審な声掛け事案の発生を受け,北5丁目自治会や町青色回転灯パトロール隊などは,周辺の 合同パトロールを実施 しました。
 パトロールには,役場職員,学校関係者も含め25人が参加しました。

b0191190_08291786.jpg
本別町役場
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「住民らが合同パトロール 子どもへの不審な声掛け受け 本別」 と伝えています。
 【本別】子どもへの不審な声掛け事案の発生を受け,北5丁目自治会(川初光章会長)や町青色回転灯パトロール隊(石山憲司隊長)などは10日,清流公園周辺の合同パトロールを実施した。

 本別署によると,同公園周辺で6,7月に計6件,女子生徒への声掛けやつきまとい,公然わいせつ事件(捜査中)が発生している。合同パトロールは同署が呼び掛け,役場職員,学校関係者も含め25人が参加した。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月12日16時30分の記事
by sembiri | 2018-08-28 06:34 | 本別町の様子 | Comments(0)

中札内で小中高連携講座

b0191190_08385065.jpg
中札内中学校
=2017年8月撮影

 7月27日,中札内教育研究所主催の 「小中高連携講座」 が中札内中学校で開かれました。
 村内の小中学校を含む十勝管内の教員約50人が参加して,新学習指導要領の評価観点等について研修しました。

b0191190_08395814.jpg
中札内小学校
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「教育評価の理解深める 中札内で小中高連携講座」 と伝えています。
 【中札内】中札内教育研究所主催の「小中高連携講座」が中札内中学校で開かれた。

 7月27日に開催。村内の小中学校を含む管内の教員約50人が参加した。教育課程審議会「学習評価ワーキンググループ」専門調査員の鈴木秀幸さん(静岡県立袋井高校教諭)が講師を務め,2020年の新学習指導要領の評価観点の「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」を取り上げ,教育現場の課題や評価の在り方について説明した。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月15日15時30分の記事
by sembiri | 2018-08-27 06:47 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

大樹で小学生がキャンプ

b0191190_08320231.jpg
カムイコタン公園キャンプ場
=2016年9月撮影

 8月9~11の3日間,自然体験を通して子どもたちの成長を支援する 「大樹・川あそびキャンプ」 が,カムイコタン公園キャンプ場周辺で行われました。
 7月に続いて2回目の開催で,十勝管内の小学1~3年の12人が,歴舟川(れきふねがわ)での川遊びや砂金掘りを体験しました。

b0191190_08312743.jpg
歴舟川
=2016年9月,カムイコタン公園付近で撮影

 十勝毎日新聞が, 「小学生がキャンプで川遊び楽しむ 大樹」 と伝えています。
 【大樹】自然体験を通して子どもたちの成長を支援する「大樹・川あそびキャンプ」が9~11の3日間,カムイコタン公園キャンプ場周辺で行われた。

 南十勝長期宿泊体験交流協議会(STEP,酒森正人会長)の主催。管内の小,中学生を対象に毎年行っており,7月に続いて2回目の開催。小学1~3年の12人が川遊びや砂金掘りを体験した。

 初日はヘルメットとライフジャケットを身に着けて川遊びを実施。穏やかな流れの中で,両手両足を広げて仰向けに浮く「川流れ」に挑戦した。

-略-

(石原秀樹通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月20日7時35分の記事
by sembiri | 2018-08-26 06:37 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_05272564.jpg
参考写真:ホイール式ピッチングマシン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3

 8月16日,広尾高校で教員らの専門や趣味,特技を生かした 「学校開放講座」 が行われた。
 道民カレッジ連携講座で,「バッティングマシーン体験」は雨天のため,屋内練習場での打撃練習に内容を変更して行われました。
 広尾小学校の3年生から大人までの受講者8人に対して広尾高校野球部員がバッティングピッチャーを務め,一人約100球を打ち込みました。

b0191190_08080077.jpg
広尾高校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「子どもらにバッティング指導 広尾高・開放講座」 と伝えています。
 【広尾】広尾高校(皆添英二校長)で16日,教員らの専門や趣味,特技を生かした「学校開放講座」が行われた。

 道民カレッジ連携講座で,地域住民に学校を身近に感じてもらおうと,夏と冬の年2回開いている。今回はスポーツやお菓子作り,囲碁や哲学対話など多彩な9講座を約40人が受講した。

 このうちバッティングマシーン体験は雨天のため,屋内練習場での打撃練習に内容を変更して行われた。小学3年生から大人までの受講者8人に対して同校野球部員がバッティングピッチャーを務め,一人約100球を打ち込んだ。野球部員は「ナイスバッティング」と大きな声を掛けたり,構えやバットの振り方についてアドバイスを送ったりして教えた。

-略-

(石原秀樹通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月20日20時15分の記事
by sembiri | 2018-08-25 06:24 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0171771_07371950.jpg
浦幌町博物館
=2017年8月撮影

 8月7日,ヒグマに遭遇した際の対処法などを学ぶ 夏休みこども博物館 「ヒグマの学校」 が,浦幌町博物館で開かれました。
 酪農学園大学野生動物生態学研究室の学生7人が講師を務め,町内の小学生33人が参加しました。
b0171771_07360971.jpg
参考写真:酪農学園大学(学内牧場)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%AA%E8%BE%B2%E5%AD%A6%E5%9C%92%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 十勝毎日新聞が, 「ヒグマ遭遇の対処法学ぶ 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】ヒグマに遭遇した際の対処法などを学ぶ夏休みこども博物館「ヒグマの学校」(町立博物館主催)が7日,同博物館で開かれた。

 酪農学園大学野生動物生態学研究室(佐藤喜和教授)が協力。町内の道有林でヒグマの生態を調査している同研究室の学生7人が講師を務め,町内の小学生33人が参加した。

-略-

 会場には,クマの毛皮や頭骨などが展示され,子どもたちは恐る恐る触れていた。クマよけ用の熊鈴にちなんで紙コップを利用した風鈴作りも行われた。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月10日18時30分の記事
by sembiri | 2018-08-24 06:42 | 浦幌町内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_02351972.jpg
参考写真:北海学園大学
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E5%AD%A6%E5%9C%92%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 8月6~8日の3日間,札幌の大学生2人を招いた 夏休みの学習指導 が,大樹町B&G海洋センターで開かれました。
 7日は児童約55人が参加し,派遣された北海学園大学2年の渡邊駿さんと北海道医療大学1年の金子亜希さんは他の指導員と共に,子どもたちに丁寧に指導しました。

b0191190_02343176.jpg
大樹町B&G海洋センター
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「札幌の大学生2人が児童の学習支援 大樹」 と伝えています。
 【大樹】札幌の大学生2人を招いた夏休みの学習指導が6~8日の3日間,町B&G海洋センターで開かれた。

 昨年に続いて2回目。対象は小学生の学習を支援する「大樹子ども未来塾」(町教委主催)と学童保育に通う児童で,道教委の「学校サポーター派遣事業」を活用した。

 7日は児童約55人が参加した。派遣された北海学園大2年の渡邊駿さん(20)と北海道医療大1年の金子亜希さん(42)は他の指導員と共に子どもたちの間を回り,丁寧に指導した。昼食や午後の遊びの時間も児童と過ごし,交流を深めた。

-略-

(船水よう子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月12日22時30分の記事
by sembiri | 2018-08-23 06:31 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_02155746.jpg
旧幕別町立中里小学校
=2014年8月撮影

 8月13日,幕別町の旧中里小学校で,20年前に埋設した タイムカプセルの開封式 が行われました。
 中里小は1998年3月の閉校時に6年生2人が幹事となり,当時の全校児童10人が思い出の作品などをポリ容器に詰めて,記念碑の台座に埋めました。

 十勝毎日新聞が, 「幕別 旧中里小でタイムカプセル開封」 と伝えています。
 【幕別】旧中里小学校(町中里155)で13日,20年前に埋設したタイムカプセルの開封式が行われ,当時の児童ら関係者が小学校時代を懐かしんだ。

 同校は1998年3月の閉校時に6年生2人が幹事となり,当時の全校児童10人が思い出の作品などをポリ容器に詰めて記念碑の台座に埋めた。

 記念碑に刻まれた開封日のこの日,当時の卒業生や在校生と地域住民22人が集まった。

-略-

 3つのポリ容器には,校章や校旗,チャイム代わりに使っていた鐘や集合写真,閉校記念ビデオテープのほか,池田俊一校長から児童たちへの「お菓子」や自画像も入っていた。

-略-

(杉原輝美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月18日9時30分の記事
by sembiri | 2018-08-22 06:12 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)