人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

b0171771_02004047.jpg
瓜幕自然体験活動留学標示
=2018年5月撮影

 学校教育や社会教育の向上に貢献した個人・学校・団体などをたたえる今年度の「十勝管内教育実践・活動表彰」で,瓜幕自然体験活動留学制度推進連絡協議会が, 教育実践表彰 を受賞しました。
 また,鹿追中学校では,十勝中学校文化連盟も教育実践表彰を受けました。

b0171771_02031630.jpg
鹿追中学校
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「鹿追で管内教育実践表彰式」 と伝えています。
 【鹿追】学校教育や社会教育の向上に貢献した個人・学校・団体などをたたえる今年度の「十勝管内教育実践・活動表彰」で,瓜幕自然体験活動留学制度推進連絡協議会(秋田芳通会長)が教育実践表彰を受けた。

 同協議会は,1988年の設立以来,全国から500人以上の山村留学生を受け入れている。然別湖周辺や瓜幕地区の豊かな自然環境を生かした体験活動や地域の人との交流など,特色ある取り組みが評価された。

-略-

 また,同日に鹿追中学校では,十勝中学校文化連盟(管内34校,会長・中村宏喜鹿追中学校長)も教育実践表彰を受けた。

(大井基寛通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月16日9時30分の記事
by sembiri | 2019-02-28 06:06 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0171771_01354976.jpg
トレーニングジム器具
=2018年5月,「仙美里プロジェクト」で撮影

 本別町民有志の「仙美里プロジェクト」が運営する旧仙美里中学校校舎に,会員制のフィットネストレーニングジム 「マッスルバンク本別ジム」が 本格オープン しました。
 各種プレスマシンがそろい,筋肉美を競う現役の「フィジーク」選手から指導も受けられます。

b0171771_01314109.jpg
「仙美里プロジェクト」
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「旧学校校舎に会員制ジム 本別」 と伝えています。
 【本別】町民有志の「仙美里プロジェクト」が運営する旧仙美里中学校校舎に,会員制のフィットネストレーニングジム「マッスルバンク本別ジム」が本格オープンした。各種プレスマシンがそろい,筋肉美を競う現役の「フィジーク」選手から指導も受けられる。ボディビルから健康づくり,ダイエットにも対応可能だ。

 仙美里プロジェクトが同中学校施設を活用する取り組みは,今年で3年目。カフェ・レストランやエステ,ピアノ教室,ミニ四駆やラジコンの愛好会らがテナントとして入居している。

 ジムは,同プロジェクトのメンバーで,同校舎で空手道場を開いている小川建設工業(上本別)社長の小川哲也さん(46)が開設。「かつて道場とジムを一体運営する仕事に携わったことがあり,昔から構想があった。ジム器具は本州の空手の師匠から譲り受けた」と経緯を語る。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月16日6時00分の記事
by sembiri | 2019-02-27 06:08 | 仙美里地区の様子 | Comments(0)

b0191190_04054316.jpg
おはじき遊び=2018年12月,都内の小学校で撮影

 2月14日,お年寄りの生涯学習の場である下浦幌寿大学は,浦幌小学校で1年生の児童たちに 昔の遊びを伝授 して交流した。
 同大の学生10人が訪れ,1年生30人に,あやとりやけん玉など7種類の昔遊びを紹介しました。

b0191190_19414445.jpg
浦幌小学校
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「お年寄りに昔遊び教わる 浦幌小1年生」 と伝えています。

 【浦幌】お年寄りの生涯学習の場である下浦幌寿大学(小野木博学級長,21人)は14日,浦幌小学校で1年生の児童たちに昔の遊びを教えて交流した。

 同大の学生10人が訪れ,1年生は30人が参加。あやとりやパッチ(めんこ),けん玉など7種類の昔遊びが紹介され,児童らが歓声を上げながら挑戦した。

-略-

 指導した宮本新一さん(77)は「集中力ある子が多く,素晴らしかった」と感心していた。児童らは最後に教えてくれたお年寄りらに大きな声で「ありがとうございました」と感謝した。

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月18日10時16分の記事
by sembiri | 2019-02-26 06:36 | 浦幌町内の小・中学校 | Comments(0)


b0191190_18490072.jpg
東川町役場
=2017年8月撮影

 上川管内東川(ひがしかわ)町が主催する 「第3回バードハウスコンテスト」 の子どもの部で,帯広緑丘(みどりがおか)小学校4年の今野梨桜さんが 最高賞の特賞 に輝きました。
 特賞は1点で,今野さんの作品は,クルミと松かさを壁と屋根にちりばめたバードハウスです。

b0191190_18372699.jpg
帯広市立緑丘小学校
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「東川町バードハウスコン,帯広緑丘小の今野さんが特賞」 と伝えています。

 上川管内東川町が主催する「第3回バードハウスコンテスト」の子どもの部で,帯広緑丘小学校4年の今野梨桜(りお)さん(9)が最高賞の特賞に輝いた。

 同コンテストは「自然と親しみのある暮らし」がテーマ。デザインやアート,構造面で評価する。今回は子どもの部に12人,一般の部に10人の応募があった。

 特賞(1点)を受けた今野さんの作品は,クルミと松かさを壁と屋根にちりばめた。材料は昨年秋に祖母と一緒に拾ったものを使った。「トトロの世界にありそうなバードハウスを作りたかった」という。
-略-

(藤島諒司)



以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月18日10時01分の記事
by sembiri | 2019-02-25 06:29 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_18034513.jpg
本別中学校
=2017年2月撮影

 ライオンズクラブ国際協会主催の第31回(2018~19年度)国際平和ポスター・コンテストで,本別中学校1年の山根桃香さんの作品が, 全道で最優秀賞 に選ばれました。
 本別中は,昨年に続く受賞となります。
 本別中からは美術部員9人が出品し,道内3地区の中の1地区(道東・道北の同国際協会の331-B地区)で山根さんが最優秀賞,昨年最優秀賞を受けた2年の西村真優さんが優秀賞,2年の廣瀬乃愛さんが敢闘賞,2年の吉村華瑠さんがガバナー賞を受賞しました。

b0191190_18074734.jpg
本別中学校
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「平和ポスター全道で最優秀 本別中1年の山根さん」 と伝えています。

 【本別】ライオンズクラブ国際協会主催の第31回(2018~19年度)国際平和ポスター・コンテストで,本別中学校の山根桃香さん(13)=1年=の作品が全道で最優秀賞に選ばれた。昨年に続いて同校生徒の受賞となる。

 コンテストは「思いやりは大切なこと」がテーマ。山根さんの作品は,肌の色が違う3人の手が赤いハートの糸でつながっている構図。「世界中で肌の色による差別がなくなればいい。平和という大きな課題に対し,自分の得意な絵でできることを考えた」と話す。

 本別中からは美術部員9人が出品し,道内3地区の中の1地区(道東・道北の同国際協会の331-B地区,応募122点)で山根さんが最優秀賞,昨年最優秀賞を受けた西村真優さん(2年)が優秀賞,廣瀬乃愛さん(同)が敢闘賞,吉村華瑠さん(同)がガバナー賞に輝いた。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月18日8時00分の記事
by sembiri | 2019-02-24 06:00 | 本別町内の小・中学校 | Comments(0)


b0191190_08404928.jpg
参考写真:マネキンを用いた心臓マッサージ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E8%82%BA%E8%98%87%E7%94%9F%E6%B3%95

 2月8日,士幌町の 西上音更小学校で,救急救命士講習会 が開かれ,全校児童が心臓マッサージや人工呼吸などの心肺蘇生法について学びました。
 士幌消防署の田中健二さんと長沢拓也さんが講師を務めました。

b0191190_08390066.jpg
士幌町立西上音更小学校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「西上音更小で救命士講習」 と伝えています。

 【士幌】西上音更小学校(川上裕明校長,児童11人)で8日,救急救命士講習会が開かれた。全校児童が心臓マッサージや人工呼吸などの心肺蘇生法について学んだ。

 職員に限らず,児童たちにも命の大切さを理解し,知識や技術を身に付けてもらおうと同校で初めて実施。士幌消防署の田中健二さんと長沢拓也さんが講師を務めた。

 初めに倒れた人を見た場合,周囲の人に助けを求めたり,救急車を呼ぶことを確認。心臓マッサージでは肘をしっかり伸ばし,まっすぐ押すことを学んだ。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月09日9時00分の記事
by sembiri | 2019-02-23 06:34 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_08192958.jpg
藤丸百貨店
=2017年2月撮影

 2月9日, 「第31回全十勝小・中学校学級・学校・学習新聞コンクール」の表彰式 が,藤丸百貨店8階の帯広市市民活動交流センターで開かれ,入賞者に盾と賞状が贈られました。
 今回は十勝管内の小・中学生から全746点の応募があり,このうち80点が入賞しました。

b0191190_08195499.jpg
帯広市市民活動交流センター
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「入賞80点を表彰 学校学習新聞コンクール」 と伝えています。

 「第31回全十勝小・中学校学級・学校・学習新聞コンクール」(北海道十勝新聞教育研究会,十勝毎日新聞社など主催)の表彰式が9日,帯広市市民活動交流センター(藤丸8階)で開かれ,入賞者に盾と賞状が贈られた。

 同コンクールは,管内の小・中学生が学校生活などでの学びをテーマに新聞を作成。今回は全746点の応募があり,このうち80点が入賞した。

 式では主催者を代表して十勝毎日新聞社の児玉匡史編集局長が「これからも文字でみんなに呼び掛け,日々の生活をより良いものに変えてゆく活動を」とあいさつ。十勝中学校文化連盟の福留克志教諭は総評で「テーマ,内容ともすごく分かりやすく,読む側も感心するものが多かった」と述べた。

-略-

(長尾悦郎通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月10日10時59分の記事
by sembiri | 2019-02-22 06:16 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0171771_05223088.jpg
参考写真:ブロッコリー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC

 2月7日,音更町内の小学校の給食で,音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだ オリジナル麺「音更ら~麺」 を使用したラーメンが,初めて提供されました。
 この日は,下音更小学校,木野東小学校,柳町小学校,緑陽台小学校,鈴蘭小学校の5校で提供されました。

b0191190_07035342.jpg
音更町立下音更小学校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「音更 学校給食にブロッコリー麺」 と伝えています。

 【音更】町内の小学校の給食で7日,音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され,子どもたちがおいしく食べた。

 「ブロッコリー麺」は,音更メロディーライン推進協議会(事務局・町商工会)の「食べる会」(安久津幸宏リーダー)が“ご当地ラーメン”の「音更ら~麺」として開発した。

 この日,提供されたのは,下音更,木野東,柳町,緑陽台,鈴蘭の5小学校。このうち,下音更小学校(原見寿史校長,児童278人)では,2年生2クラス(49人)に町商工会の山本英明会長,宮原達史町教育長ら町,商工会関係者が同席した。
 
-略-

(長瀬聡美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月08日10時44分の記事

by sembiri | 2019-02-21 06:24 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)


b0191190_20193533.jpg
広尾高校=2018年5月撮影

 1月17日,広尾高校で,広尾中学校の2年生61人を対象とした 中高一貫合同体育の授業 が行われました。
 この日は,高校3年生の男子6人が,鉄棒とマット運動を指導しました。

b0191190_20210091.jpg
広尾中学校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「広尾 広尾高と広尾中で中高一貫合同体育」 と伝えています。

 【広尾】広尾高校(皆添英二校長,生徒129人)で,広尾中学校(加藤健一校長,生徒169人)の2年生61人を対象とした中高一貫合同体育の授業が行われた。

 高校3年生の男子6人がコーチ役を務め,1月17日に行われた。この日は鉄棒とマット運動を指導。鉄棒では前方・後方支持回転,マット運動は倒立前転などの習得を目指した。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月12日9時30分の記事
by sembiri | 2019-02-20 06:22 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 
b0191190_08573803.jpg
士幌小学校
=2014年1月撮影

 北海道教育委員会などが主催する「いじめ・ネットトラブル根絶!メッセージコンクール」で,士幌小学校6年の遠藤令梨さんの標語作品「気をつけろ 一度書いたら 消せないぞ」が,「ネットトラブルの根絶部門」の 小学生の部で最優秀賞 に輝きました。
 最優秀賞と優秀賞に選ばれた作品は,よつ葉乳業が今月から販売している牛乳「北海道十勝軽やかしぼり」のパッケージで紹介されています。

 十勝毎日新聞が, 「士幌小の遠藤さんが最優秀賞 いじめ防止メッセージ」 と伝えています。

 【士幌】道教委などが主催する「いじめ・ネットトラブル根絶!メッセージコンクール」で,士幌小学校6年の遠藤令梨さん(12)の標語作品「気をつけろ 一度書いたら 消せないぞ」が,「ネットトラブルの根絶部門」の小学生の部で最優秀賞に輝いた。

 同コンクールでは昨年7月から1カ月間,道内の小中学校,高校から,いじめやネットトラブルに関するポスターと標語を募集。標語は約3万点が集まり,うち「いじめの根絶」と「ネットトラブルの根絶」の2部門で,計12作品が最優秀賞,優秀賞に選ばれた。

-略-


 最優秀賞と優秀賞に選ばれた作品は,よつ葉乳業が今月から販売している牛乳「北海道十勝軽やかしぼり」のパッケージで紹介されており,道内で150万本が流通するという。

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年02月10日7時00分の記事
by sembiri | 2019-02-19 06:33 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)