人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


b0191190_07130591.jpg
芽室中学校
=2018年5月撮影

 3月12日,今月末で定年退職を迎える芽室中学校の程野仁校長が,卒業を間近に控えた3年生154人に旅立ちに向け,自作の歌でエール を送りました。
 この日は全12曲の芽室中応援歌の中から,7曲を自らのギター演奏で歌い上げました。
 授業終了後には,3年生がサプライズで 程野校長の“卒業式” を行いました。

b0191190_07153134.jpg
芽室中学校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「卒業生に歌でエール 芽室中程野校長」 と伝えています。

 【芽室】今月末で定年退職を迎える芽室中学校の程野仁校長(60)が12日,卒業を間近に控えた3年生154人に自作の歌で旅立ちに向けエールを送った。

 程野校長は,プラス思考で考え行動する姿勢や生き方の大切さを「プラスの息」というオリジナルの言葉で赴任先の児童・生徒や教職員,保護者らに伝えてきた。芽室中学校の学校便りの名称にも使っている。

-略-

 この日は全12曲の芽中応援歌の中から7曲を演奏。「上を見すぎず下も見ず 先手挨拶・爽やかに 半歩でもいい歩みを止めるな」「前向きに直(ひた)向きに走り続ける君がいい」などのメッセージを自らのギター演奏で歌い上げた。

-略-

 授業終了後には,3年生がサプライズで程野校長の“卒業式”を挙行。生徒代表から卒業証書とメッセージ,花束が贈られた他,3年生全員で合唱を届けた。程野校長は予期せぬ贈り物にハンカチで目元を拭いながら聴き入っていた。(澤村真理子)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月14日6時00分の記事
by sembiri | 2019-03-31 06:34 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_07062358.jpg
士幌町立西上音更小学校=2018年5月撮影

 3月31日午後3時55分から1時間にわたり、札幌テレビ放送(STV)で、今年度で閉校する士幌町の 西上音更小学校の 特集番組が放送 されます。

b0191190_07072426.jpg
士幌町立西上音更小学校
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「閉校の西上音更小 31日にSTVで特番」 と伝えています。

 ◆今年度で閉校する士幌西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)の特集番組

 31日午後3時55分から1時間にわたり、札幌テレビ放送(STV)で放送される。

 番組では同校=写真=に1年間密着。運動会や夏祭り、ミニバレー大会で奮闘する児童や教職員、地域住民を取り上げた。児童の自宅を訪れ、閉校への思いを語ってもらうシーンもある。人気お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん、富澤たけしさんと交流する様子も収めた。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月23日8時30分の記事
by sembiri | 2019-03-30 06:03 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)


b0191190_18163876.jpg
帯広市立翔陽中学校
=2016年5月撮影

 3月12日,帯広翔陽中学校の3年生161人が,保護者や地域住民らを招いて 「ラストコンサート」を開催 しました。
 訪れた約150人を前に,練習を重ねた合唱を披露し,3年間の感謝の気持ちを歌で伝えました。
 コンサートは,オープニングムービーと,混声4部合唱のアカペラによる「若人の歌」で開幕しました。

【参考動画】「若人のうた」 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=uRKWU-Nw-Fk

b0191190_18170569.jpg
帯広市立翔陽中学校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「3年間の感謝歌に 帯翔陽中3年がラストコンサート」 と伝えています。

 帯広翔陽中学校(藤崎禎人校長,生徒480人)の3年生161人が12日,保護者や地域住民らを招いた「ラストコンサート」を同校体育館で開いた。訪れた約150人を前に,練習を重ねた合唱を披露。3年間の感謝の気持ちを歌で伝えた。

 同校の恒例行事。3年生は昨年11月ごろから,朝の10分間を合唱の練習に充ててきた。

 オープニングムービーと,混声4部のアカペラによる「若人の歌」で開幕。仲間の大切さを歌った「結」や「空高く」など5曲を歌った。今年のテーマの「ありがとうを歌にのせて」に合わせ,3年生17人が友達や家族,教諭らに向けて感謝の言葉を贈った。

-略-

(牧内奏)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月13日12時45分の記事
by sembiri | 2019-03-29 06:33 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_18192444.jpg
十勝学園
=2016年5月撮影

 「できることはなんだろう~すべての子どもが安心でいるために~」をテーマに CAP児童養護施設セミナー が,帯広市内の児童養護施設・十勝学園で開かれました。
 CAPは,子どもへの暴力防止の人権教育プログラで,2月27日に約40人が参加して行われました。

b0191190_18190494.jpg
十勝学園
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「暴力から子供たちを守るために 十勝学園でCAPセミナー」 と伝えています。

 CAP児童養護施設セミナー「できることはなんだろう~すべての子どもが安心でいるために~」が,社会福祉法人池田光寿会が運営する帯広市内の児童養護施設・十勝学園(餌取史泰施設長)で開かれた。

 CAPは,子どもへの暴力防止の人権教育プログラム。今回は同学園と十勝CAPそらの駅(棟方惠理子代表)の共催による初のセミナーで,2月27日に約40人が参加して行われた。

 前半は棟方代表が,CAPの取り組みや児童虐待について説明。参加者に対し,「子供たちにあらゆる暴力があることを伝え,諦めて耐えるのではなく,できることをすれば身を守れると知ってもらうことが大切」と呼び掛けた。

-略-

(長尾悦郎通信員)



以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月12日14時11分の記事
by sembiri | 2019-03-28 06:44 | 未分類 | Comments(0)

b0191190_19414445.jpg
浦幌小学校
=2017年8月撮影

 2月26,27両日,浦幌町の「人権標語コンテスト」 で入賞した児童,生徒12人への 表彰状の授与 が各小・中学校で行われました。
 26日は人権擁護委員の出口和枝さんが浦幌小学校を訪問。横山利幸校長が見守る中,最優秀賞に輝いた6年生の関春奈さんらに表彰状と記念品が手渡されました。
 関さんは,いじめがなくなってほしいとの思いを受賞作品の「人と違う それは自分の 個性だよ」に込めました。

b0191190_23141187.jpg
浦幌町役場
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「関さん,青木さんが最優秀賞に 人権標語コンテスト 浦幌」 と伝えています。

 【浦幌】町の「人権標語コンテスト」(町,釧路地方法務局帯広支局など主催)で入賞した児童,生徒12人への表彰状の授与が2月26,27両日,各小・中学校で行われた。

 コンテストには,小学生の部(4年生以上)に195作品,中学生の部に167作品の応募があった。

 26日は人権擁護委員の出口和枝さんが浦幌小学校を訪問。横山利幸校長が見守る中,最優秀賞に輝いた6年生の関春奈さん(12)らに表彰状と記念品が手渡された。関さんは,いじめがなくなってほしいとの思いを受賞作品の「人と違う それは自分の 個性だよ」に込めた。関さんは「(最優秀賞は)思いもよらなかったので,うれしい」と喜んでいた。

 また,中学生の部の最優秀賞には,青木麻耶さん(浦幌中1年)の「人と人 みんな同じく 持つ権利」が選ばれた。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月04日10時00分の記事
by sembiri | 2019-03-27 06:53 | 浦幌町内の小・中学校 | Comments(0)

b0171771_19425100.jpg
【参考写真】雪の結晶=ウィルソン・ベントレー撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA

 3月7日, 雪や氷の性質を学ぶ体験会 が,中札内村の上札内交流館で開かれました。
 上札内地区で人工衛星を使った雪の観測を研究するJAXA,気象庁気象研究所,北大,北見工大などの研究者で構成グループが企画しました。
 この日は村内の中札内小学校と上札内小学校の児童と保護者ら約40人が参加しました。

b0191190_19533767.jpg
上札内交流館(中札内村)
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「雪と氷の不思議に興味津々 上札内で体験会 中札内」 と伝えています。
 【中札内】雪や氷の性質を学ぶ体験会が7日,上札内交流館で開かれた。上札内地区で人工衛星を使った雪の観測を研究するグループが企画。参加した子どもたちは実験などを通じて雪と氷の不思議に触れた。

 研究グループは宇宙航空研究開発機構(JAXA),気象庁気象研究所,北大,北見工大などの研究者で構成。上札内地区では毎年この時期に滞在し,宇宙から人工衛星が観測した積雪量などのデータと,現地のデータを比較する研究をしている。

 この日は,中札内小と上札内小の児童と保護者ら約40人が参加。第59次観測隊として南極に滞在した富山大の杉浦幸之助教授が南極で自然環境や基地での生活の様子を話した。

-略-

(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月11日10時00分の記事

by sembiri | 2019-03-26 06:45 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

芽室町で食育講演会


b0191190_21103408.jpg
芽室町中央公民館
=2017年8月撮影

 3月19日,芽室町主催の 食育講演会「農が持つ教育力」 が,町中央公民館かれまする。
 当日は十勝の高校生の農山漁村ホームステイに取り組む「NPO法人食の絆を育む会」の理事長も務めるノースプロダクションの近江正隆代表が,「農が持つ教育力」と題して基調講演する予定です。


b0191190_21114632.jpg
芽室町役場
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「19日に食育講演会 食農教育スタート 芽室」 と伝えています。


 【芽室】町主催の食育講演会「農が持つ教育力」が19日午後7時から町中央公民館で開かれる。手島旭町長が公約に掲げる「食農教育」の取り組みのスタートの場となる。

-略-

 当日は十勝の高校生の農山漁村ホームステイに取り組む「NPO法人食の絆を育む会」の理事長も務めるノースプロダクションの近江正隆代表が「農が持つ教育力」と題して基調講演する。

 パネルディスカッションでは,元全国農業青年組合組織協議会会長の黒田栄継氏,大熊孝史芽室南小校長,谷口尚広芽室小PTA会長が,教育現場で農業を活用するための方策や課題,期待を語る。

-略-

(澤村真理子)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月10日8時00分の記事
by sembiri | 2019-03-25 06:07 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)


b0191190_09233183.jpg
しかりべつ湖コタン
=2017年2月撮影

 鹿追町の笹川小学校の3,4年生5人が,学校敷地内に 氷雪造りの建物「イグルー」を建設 しました。
 「しかりべつ湖コタン」のミニチュア版で,地域資源を生かしたユニークな授業が子どもたちの郷土愛を育んでいます。
 「総合的な学習の時間」8コマを体験活動に当て,氷のブロック250個を造って丁寧に積み上げました。

b0191190_09253268.jpg
鹿追町立笹川小学校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「コタン村ミニチュア版 笹川小の児童が学校内にイグルー建設 鹿追」 と伝えています。

 【鹿追】笹川小学校(佐藤正由校長,児童14人)の3,4年生5人が,学校敷地内に氷雪造りの建物「イグルー」を建設した。冬の風物詩として定着している「しかりべつ湖コタン」のミニチュア版で,地域資源を生かしたユニークな授業が子どもたちの郷土愛を育んでいる。

 担任の小松良輔教諭(42)はオーストラリアの大学を卒業した元パイロットで,岐阜県や愛知県で英語塾も経営したユニークな経歴の持ち主だ。授業アイデアを発掘するために,計8日間にわたって「しかりべつ湖コタン」の建設ボランティアに参加し,ノウハウを習得したことがきっかけになった。

 「総合的な学習の時間」8コマを体験活動に当て,氷のブロック250個を造って丁寧に積み上げた。直径2メートル,外観の高さは1・5メートル。実際の10分の1ほどの大きさで,1日に完成した。

-略-

(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月11日8時00分の記事
by sembiri | 2019-03-24 06:23 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)


b0191190_07472296.jpg
【参考写真】新潟市東総合スポーツセンター
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E5%B8%82%E6%9D%B1%E7%B7%8F%E5%90%88%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

 3月23,24日,新潟市東総合スポーツセンターで行われる「第20回全国中学選抜卓球大会」に出場する 上士幌中学校卓球部 の選手が18日,上士幌町役場を訪れました。
 昨年12月に札幌で行われた全道大会男子の部で初優勝した選手一行は,竹中貢町長らに全国大会での活躍を誓いました。

b0191190_07442307.jpg
上士幌中学校
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「全国大会へ意気込み 上士幌中卓球部」 と伝えています。

【上士幌】第20回全国中学選抜卓球大会(23,24日,新潟市)に出場する上士幌中学校卓球部の選手が18日,町役場を訪れ,竹中貢町長らに全国大会の舞台での活躍を誓った。

 出場するのは2年の山崎航誠さん,西尾颯さん,村上力さん,伊藤杏廉さん,星海翔さん,有坂優宏さん,1年の大野隆斗さん,内海森羅さん。昨年12月に札幌であった全道大会男子の部で初優勝した。

 この日は生徒を引率する山崎克宏教諭も同行。主将の山崎さんは「諦めない気持ちを忘れずに最後まで食らいつく」と力強く述べ,他の選手も一人ずつ「大きな声でチームの雰囲気を盛り上げる」「強いチームから多くを学びたい」などと意気込みを語った。

-略-

(安倍諒)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月20日9時00分の記事
by sembiri | 2019-03-23 06:42 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)


b0191190_09342406.jpg
帯広市図書館
=2017年2月撮影

 2月25日,帯広市の明星(めいせい)小学校で 「学校図書館クリニック」 が行われました。
 児童が足を運びたくなる図書室づくりを目指すため,帯広市図書館から市内の小・中学校に講師を招き,図書ボランティアや先生らと交流し,簡単な掲示物の制作や設置をする試みで,この日はイラストをラミネートした掲示物を設置しました。

b0191190_02031938.jpg
帯広市立明星小学校
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「明星小で図書クリニック」 と伝えています。

 明星小学校(杉本伸子校長)で2月25日,「学校図書館クリニック」が行われた。

 児童が足を運びたくなる図書室づくりを目指すため,市図書館から市内の小・中学校に講師を招き,図書ボランティアや先生らと交流し,簡単な掲示物の制作や設置をする試み。この日はイラストをラミネートした掲示物を設置した。

-略-

 市学校公共図書館研究所の鈴木宏和会長(帯広啓西小教頭)は「来年度も市内の小・中学校で参加希望の学校を募集する」と呼び掛けた。

-略-

(鈴木可奈)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年03月05日13時59分の記事
by sembiri | 2019-03-22 06:28 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)