人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0191190_05180578.jpg
【参考写真
】残波(ざんぱ)岬灯台
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%AD%E8%B0%B7%E6%9D%91

 7月25日,池田町内の小学5,6年生を対象にした沖縄県 読谷村派遣研修の事前研修 が,池田町西部地域コミュニティセンターで開かれました。
 一行は29日から4泊5日の日程で読谷村の一般家庭に宿泊しながら沖縄県の暮らしや文化,歴史などについて現地で学びます。
 一行は空路で沖縄県入りし,ひめゆりの塔やチビチリガマ,首里城などを見学する予定です。

b0171771_17202081.jpg
【参考写真ひめゆりの塔(手前)と慰霊碑
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%82%81%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%A1%94

 十勝毎日新聞が, 「読谷村派遣団が事前研修 池田」 と伝えています。

 【池田】町内の小学5,6年生を対象にした沖縄県読谷村(よみたんそん)派遣研修(町教委主催)の事前研修が25日,町西部地域コミュニティセンターで開かれた。一行は29日から4泊5日の日程で読谷村の一般家庭に宿泊しながら沖縄県の暮らしや文化,歴史などについて現地で学ぶ。

 同派遣は2015年から町子ども夢基金を活用して毎年行われており,今年で5年目を迎えた。今回の派遣団は池田小学校24人,利別小学校10人,高島小学校1人の児童35人と,引率の教員4人,町職員2人の計41人で構成する。

 一行は空路で沖縄県入り。ひめゆりの塔やチビチリガマ,首里城などを見学する他,民泊しながら沖縄料理体験や三味線体験などを楽しむなど,琉球文化に直に触れて学び8月2日に帰町予定。同月22日に事後研修でレポート発表などを行う。

-略-

(内形勝也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月27日9時00分の記事

by sembiri | 2019-07-31 06:31 | 池田町の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_19191117.jpg
参考写真】横浜みなとみらいホール
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%82%89%E3%81%84%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

 「第52回カワイピアノコンクール」北海道地区本選会のピアノ連弾部門Aコースで,本別中学校3年の廣瀬乃愛さんと1年の武田紗弥さんが最優秀賞を獲得し,8月1日に神奈川県の横浜みなとみらいホールで開かれる 全国大会の出場 を決めました。
 4月に札幌サンプラザコンサートホールで開かれた道本選会では,2人は課題曲のうちフォーレの「ドリーの花」と自由曲を披露し“全道一”を射止めました。

b0191190_19222424.jpg
本別中学校
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「全国大会のカワイピアノコン連弾部門に本別中の廣瀬さんと武田さんが出場」 と伝えています。

 【本別】「第52回カワイピアノコンクール」北海道地区本選会のピアノ連弾部門Aコース(高校1年生以下)で,本別町の廣瀬乃愛さん(14)=本別中3年=と武田紗弥さん(12)=同1年=が最優秀賞を獲得し,8月に横浜市で開かれる全国大会の出場を決めた。晴れの舞台に立つ2人は,少しでも時間があればピアノの前に座り練習に励んでいる。

 同コンクールは,技術の優劣より自発的な音楽表現を評価するという理念を掲げているのが特徴。全国各地で開かれる予選会で入賞し地区本選会で最優秀賞に輝くと,全国大会の出場権を得る。

 4月に札幌サンプラザコンサートホールで開かれた道本選会では,2人は課題曲のうちフォーレの「ドリーの花」と自由曲を披露し“全道一”を射止めた。廣瀬さんは「2人のバランスや音の響きもよかった」と笑顔を見せる。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月17日11時36分の記事
by sembiri | 2019-07-30 06:16 | 本別町内の小・中学校 | Comments(0)

大空中で全校道徳授業

b0191190_01204607.jpg
帯広市立大空中学校
=2018年5月撮影

 7月18日,中学生がいじめや非行防止の活動に取り組む帯広市の「中学生の日」に合わせ,帯広大空中学校で 全校道徳の授業 が行われました。
 大空中では207年から「DSD(Don't Say Die=「死ね」と言わない)宣言」を行い,いじめのない楽しい学校をつくるための活動を続けています。

b0191190_01210984.jpg
帯広市立大空中学校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「いじめや非行のない学校生活を 大空中で全校道徳」 と伝えています。
 中学生がいじめや非行防止の活動に取り組む帯広市の「中学生の日」に合わせ,帯広大空中学校(黒島俊一校長,生徒172人)で18日,全校道徳の授業が行われた。

 同校は2007年から「DSD(Don’t Say Die=「死ね」と言わない)宣言」を行い,いじめのない楽しい学校をつくるため活動。17年には当時の生徒会によりオリジナルの「DSDソング」が作られ,歌い継がれており,この日も全校生徒で合唱した。

 授業では今年のテーマである「敬語」について,正しい使い方のクイズや「どのようなときに使うべきか」「なぜ必要なのか」を生徒同士で話し合い,発表した。

-略-

(長尾悦郎通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月26日11時08分の記事

by sembiri | 2019-07-29 06:18 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_05160796.jpg
【参考写真】スタルヒン像=2018年8月撮影

 軟式野球の第40回スタルヒン杯争奪全道スポーツ少年団交流大会兼第41回全国スポーツ少年団交流大会北海道予選会が,7月13~15日,旭川ドリームスタジアムで行われ,十勝代表の 豊成ファイターズが優勝 を遂げました。
 豊成ファイターズは,1985年の少年団結成以来35年目にして初の全国大会出場を決め,決勝でサヨナラ安打を放った大久保朝陽選手が最優秀選手賞に選ばれました。

 十勝毎日新聞が, 「豊成初の全道制し初の全国へ 道スタルヒン杯少年野球」 と伝えています。

 軟式野球の第40回スタルヒン杯争奪全道スポーツ少年団交流大会兼第41回全国スポーツ少年団交流大会北海道予選会(13~15日・旭川市,北海道スポーツ協会北海道スポーツ少年団など主催)で十勝代表の豊成ファイターズが優勝し,全国大会(8月2~5日・兵庫県淡路市)出場を決めた。豊成は決勝を含む全4試合中3試合でタイブレークにもつれる激戦を勝ち抜き,栄冠をつかんだ。十勝勢の優勝は2000年の帯広東フェニックス以来19年ぶり。決勝でサヨナラ安打を放った大久保朝陽(あさひ,5年)が最優秀選手賞に選ばれ,3試合を先発完投した古川遥久(はるく)主将(6年)が最優秀投手賞を受賞,豊田芽依(めい,5年)が打撃賞第3位に輝いた。

(大野篤志)


 豊成ファイターズが1985年の少年団結成以来35年目にして初の全国大会出場を決めた。6年生は5人だけで,5年生がレギュラーの半数近くを占める中での全道制覇。東海林直人監督にとっても就任20年目にしての快挙。チームの歴史に新たな1ページを刻んだナインに「粘りは大したもの」と感嘆した。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月24日11時45分の記事


by sembiri | 2019-07-28 06:20 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_07170372.jpg
帯広市立栄小学校=2016年8月撮影

 7月24日,十勝管内の多くの小学校で 1学期の終業式 が行われました。2学期の始業式は8月21日です。
 帯広栄小学校では,午前9時半から体育館で就業式を行い,その後「1学期おわりの会」が行われました。

 十勝毎日新聞が, 「夏休み楽しみ 管内小学校で終業式」 と伝えています。

 十勝管内の多くの小学校で24日,1学期の終業式が行われた。児童たちは1学期の思い出を振り返り,心待ちにしていた夏休みを迎える。

 帯広栄小学校(渡辺教浩校長,児童434人)では午前9時半ごろから体育館で式を行い,その後「1学期おわりの会」が行われた。福島秀人君(6年)が「1学期71日間の最後の日をみんなで仲良く楽しみましょう」とあいさつ。1学期の思い出や夏休みに楽しみなことを発表し,全校合唱などを行った。

-略-


 十勝教育局によると,24日は帯広市内の全ての小・中学校で終業式が行われた。町村でも27日までに全校で夏休みが始まる。市内小・中学校の2学期の始業式は8月21日。

(細谷敦生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月24日12時39分の記事

by sembiri | 2019-07-27 06:32 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_07453442.jpg
十勝ヒルズ
=2016年9月撮影

 7月20日,幕別町内の十勝ヒルズで,子どもが野菜を育て,自身でプロデュースする食堂を開くことを目的に活動している「キッズトライ農園」の一環で,帯広畜産大学の学生団体「me+you(みーとゆー)」が子どもたちへの 食育イベント を開きました。
 この日は,子どもたちは,農園で栽培されているトマト,ナス,ピーマン,ビーツ,レタスの 収穫を体験 しました。

b0191190_07504952.jpg
帯広畜産大学
=2017年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「野菜しゃきしゃきでおいしい! キッズトライ農園で収穫 畜大生が講師に」 と伝えています。

 【幕別】幕別町内の十勝ヒルズで,子どもが野菜を育て,自身でプロデュースする食堂を開くことを目的に活動している「キッズトライ農園」の一環で,20日,帯広畜産大学の学生団体「me+you(みーとゆー)」が子どもたちへの食育イベントを開いた。

 「キッズトライ農園」は,十勝ヒルズと一般社団法人とかち子育て支援センター(帯広)の長岡行子代表などにより企画され,毎回,10人ほどの子どもが参加し,5月から十勝ヒルズ内の一角で野菜を育てるなどの活動を行っている。

 この日は,大学生が講師を務め,子どもたちは,3グループに分かれて栽培されているトマト,ナス,ピーマン,ビーツ,レタスの収穫を体験した。
-略-

(大谷健人)



以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月24日12時29分の記事
by sembiri | 2019-07-26 06:43 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

札内東中で高校説明会

b0191190_07210463.jpg
幕別町立札内東中学校=2019年5月撮影

 7月18日,幕別町の札内東中学校で,2,3年生を対象に「高校説明会」 が開かれました。
 会場には,帯広三条高校など十勝管内12高校の教員が,自校のカリキュラムや卒業生の進路先,学校が目指す生徒像などについて紹介しました。

b0191190_07120831.jpg
帯広三条高校
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「特色やカリキュラム学ぶ 札内東中で高校説明会」 と伝えています。

 【幕別】札内東中学校(秦公一校長,生徒262人)で18日,2,3年生を対象とした「高校説明会」が開かれた。生徒や保護者たちが各高校の特色について理解を深めた。

 各高校の教員から直接話を聞いて進路選択の参考にし,有意義な夏休みを過ごしてもらうのが狙い。管内12高校の教員が自校のカリキュラムや卒業生の進路先,学校が目指す生徒像などについて紹介した。

 生徒たちは関心のある3校を選んで真剣な表情で耳を傾け,「大学への指定校推薦はありますか」「自分のランクでは入試で何点くらい取ればいいか」と積極的に質問していた。

-略-

(澤村真理子)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月21日9時30分の記事

by sembiri | 2019-07-25 06:09 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

本別で「農大祭」

b0191190_08464367.jpg
道立農業大学校
=2018年5月撮影


 7月7日,本別町仙美里で道立農業大学校の 第46回農大祭 が,開かれました。
 会場では,農大ブランド「仙美里ケ丘」の名前を冠したチーズやソーセージ,牛乳などを販売しました。

b0191190_08514910.jpg
農業大学校生
=2018年5月,つつじ祭りで撮影

 十勝毎日新聞が, 「自慢の加工品など人気 本別・農大祭」 と伝えています。

 【本別】道立農業大学校(赤池政彦校長)の第46回農大祭が7日,町仙美里の同校中庭で開かれた。

 会場では農大ブランド「仙美里ケ丘」の名前を冠したチーズやソーセージ,牛乳などを販売。同校で生産した小麦粉を使ったパンも人気を集めた。

 学生の個人出店もあり,畜産経営学科2年の高橋美紀さんは,同学科のプロジェクトで生産したバターオイルの「ギー」を店頭に並べた。ゆでたバターから不純物を取り除いたペースト状のギーはクッキーのような甘い香りが特徴で,来場者の興味を引いていた。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月20日8時30分の記事

by sembiri | 2019-07-24 06:30 | 道立農業大学校 | Comments(0)


b0191190_08591660.jpg
北海道ホテル
=2019年5月撮影

 7月17日,帯広市の愛国小学校で プロの料理人 が地元産食材で作った給食が提供されました。
 児童の保護者ら地元・愛国地区の農家から食材の提供を受け,北海道ホテルの羽山正彦シェフら市内のシェフ4人が,鹿肉のハヤシライスなど5品を調理しました。

b0191190_00255470.jpg
【参考写真ハヤシライス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9

 十勝毎日新聞が, 「プロ料理人の給食ににっこり 帯広愛国小で食育授業」 と伝えています。
 帯広愛国小学校(森下寛校長,児童21人)で17日,プロの料理人が地元産食材で作った給食が提供された。子どもたちは野菜たっぷりの料理を味わい,地産地消に理解を深めた。

 同校は農業を通した教育に力を入れている。今回の「料理の哲人から学ぶ食農教育」と題した授業は3年目。児童の保護者ら地元・愛国地区の農家から食材の提供を受け,北海道ホテル(帯広)の羽山正彦シェフら市内のシェフ4人が調理した。

 この日のメニューは鹿肉のハヤシライス,メークインを使ったクリームスープなど5品。全校児童が,保護者や市の食育指導専門員と共に給食を囲んだ。

-略-

(高田晃太郎)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月18日11時40分の記事

by sembiri | 2019-07-23 06:19 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_20095293.jpg
帯広畜産大学
=2017年8月撮影

 7月7日,帯広畜産大学の 公開講座 「ふれあい牧場親子体験学習」 が,畜産フィールド科学センターで開かれました。
 小学4~6年生の児童と保護者23組53人が参加し,実際に乳牛に触れ合ったりして,親子で乳牛への知識を深めました。

b0191190_20083461.jpg
畜産フィールド科学センター=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「小学生が乳牛の生態を学 畜大ふれあい牧場」 と伝えています。
 帯広畜産大学(奥田潔学長)の公開講座「ふれあい牧場親子体験学習」が7日,同大畜産フィールド科学センター(木田克弥センター長)で開かれた。小学4~6年生の児童と保護者23組53人が参加し,親子で乳牛への知識を深めた。

 「驚異の高泌乳~乳牛のからだの仕組み」をテーマに畜大の教員らが授業を行い,参加者は「子牛と成牛の栄養の違い」「お産からミルクができるまで」について実際に乳牛に触れ合ったり,顕微鏡で胃の中の微生物(原虫)の動きを観察するなどして学んだ。

 搾乳体験では,同校の学生たちから搾り方を教わり,子供たちは乳牛の大きさや,体温を実感し,乳をうまく搾れると喜びの笑顔を見せていた。

-略-

(長尾悦郎通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年07月16日11時47分の記事
by sembiri | 2019-07-22 06:12 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)