人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0171771_08483938.jpg
北海道立農業大学校正門
=2018年5月撮影

 8月24日,本別町西仙美里の 北海道立農業大学校で オープンキャンパス が開かれました。
 7月に続き2回目の実施で,今回は十勝をはじめ道内外の高校生28人と保護者ら計62人が参加しました。

b0171771_08470001.jpg
北海道立農業大学校寮
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「農大の魅力を発信 2回目のオープンキャンパス」 と伝えています。
 【本別】道立農業大学校(町西仙美里25,赤池政彦校長)のオープンキャンパスが24日,同校で開かれた。

 来年度の学生募集の一環で,7月に続き2回目の実施。今回は十勝をはじめ道内外の高校生28人と保護者ら計62人が参加した。

 高校生らは教育内容の紹介を受けた後,畜産経営学科,畑作園芸経営学科,稲作経営専攻コース,農業経営研究科の志望別に分かれて校内の施設や寮を見学した。

 学生が主体となって説明する体験実習も行われ,畜産経営学科では子牛のほ乳や乳牛へのブラッシング体験を,畑作園芸経営学科は自動操舵(そうだ)トラクターの試乗やイチゴ,ミニトマトなどの収穫調査に挑戦した。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月25日19時30分の記事
by sembiri | 2019-08-31 06:31 | 道立農業大学校 | Comments(0)

広尾高で就業体験発表会

b0191190_13183753.jpg
広尾高校=2018年5月撮影

 8月21日,広尾高校の2年生が町内事業所などでの就業体験について発表する 「インターンシップ発表会」 が開かれました。
 会場には,広尾高1,2年生,広尾中学校2年生,広尾小学校6年生,豊似小学校の5,6年生,体験先の関係者ら約200人が聴衆として参加しました。


b0191190_13162417.jpg
広尾中学校
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「広尾高でインターンシップ発表会」 と伝えています。

 【広尾】広尾高校(皆添英二校長,生徒128人)の2年生が町内事業所などでの就業体験について発表する「インターンシップ発表会」が21日,同校で開かれた。

 就業体験の発表を通じて自らの理解を深め,発表力を養うのが目的。同校1,2年生,広尾中2年生,広尾小6年生,豊似小の5,6年生,体験先の関係者ら約200人が聴衆として参加した。6月に2年生約40人が町内外の職場で体験したうち,8カ所の職場について四つのブースに分かれて発表した。

 拓殖工業(本社広尾,武田孝代表)での体験を発表したのは高瀬寛人さん,長平和徳さん,樋口英何さん。同社の仕事を「地図に残る唯一無二の建設物を作る仕事」と紹介,上空から現場を確認するドローンを使った撮影や測量などを体験したと説明した。

-略-

(石原秀樹通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2019年08月25日8時00分の記事の記事
by sembiri | 2019-08-30 06:13 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_06482189.jpg
【参考写真】日本で一般的なバックホー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC


 8月8日,浦幌町内の特定建設業者「サクシン」が, 道路工事の「子ども参観日」 を実施しました。
 小学校3~6年生の6人が参加し,ミニバックホーを回転させ砂利をすくい上げ,転圧ローラーを前後させる操作を体験しました。

b0191190_06484144.jpg
【参考写真】ロードローラー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

 十勝毎日新聞が, 「児童が道路改良工事を見学 浦幌」 と伝えています。

 【浦幌】町内の特定建設業者「サクシン」(上谷内信雄社長,社員17人)が8日,次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画の一環で「子ども参観日」を実施した。

小学校3~6年生の6人が参加。同社が町内の東山町団地内道路で進めている改良工事の現場を見学した。

 同社の上谷内博副社長から工事内容の説明を受けた子どもたちは,建設機械に試乗。ミニバックホーを回転させ砂利をすくい上げ,転圧ローラーを前後させる操作を体験した。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月21日10時00分の記事

by sembiri | 2019-08-29 06:29 | 浦幌町内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_09013369.jpg
【参考写真】ニンジンスープ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97

 7月31日, 第5回おばあちゃんが教える こどもの料理教室 が,士幌町総合研修センターで開かれました。
 講師は「地場産物を食べる会」の会員が務め,小学1年生から4年生までの児童10人が参加し,「鶏肉の野菜丼」「野菜たっぷりスープ」「カラフルゼリー」の3品を調理し,味わいました。

b0191190_09010126.jpg
士幌町総合研修センター
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「士幌で『おばあちゃんが教える料理教室』」 と伝えています。

 【士幌】「第5回おばあちゃんが教えるこどもの料理教室」(町教委主催)が,町総合研修センターで開かれた。

 講師は「地場産物を食べる会」(三浦タミ子代表)の会員が務め,夏休み中の小学生を対象に毎年開催。月に1回,町内の小・中学生を対象に「子ども食堂」も開いている。今回の教室は7月31日に行い,小学1年生から4年生までの児童10人が参加した。

 メニューは「鶏肉の野菜丼」「野菜たっぷりスープ」「カラフルゼリー」の3品。野菜を切る,炒める,煮るなどの調理を教わり,出来上がった料理を講師のお年寄りと交流しながら笑顔で味わった。

-略-

(石村茉矢通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月18日14時30分の記事

by sembiri | 2019-08-28 06:29 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_08264267.jpg
帯広南商業高校
=2018年5月撮影

 8月4日,帯広南商業高校書道部が, 「夏休み書道教室と紙のれん作り」 を開きました。
 近隣の森の里小学校,開西小学校,つつじが丘小学校の3~6年生を対象に開催し,子どもたちは新聞紙などで練習した後,「花火」「天の川」「入道ぐも」など好きな文字を力いっぱいに書きました。

b0191190_08280397.jpg
帯広市立森の里小学校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「帯広南商業高生,小学生に書道手ほどき」 と伝えています。


 帯広南商業高校書道部(牧野愛部長)は4日,同校で「夏休み書道教室と紙のれん作り」を開いた。

 近隣の森の里小,開西小,つつじが丘小の3~6年生を対象に開催。児童は10人が参加し,部活動で培った技術を地域に還元しようと部員13人が手ほどきした。

 子どもたちは新聞紙などで練習した後,縦40センチ,横1メートルの和紙に「花火」「天の川」「入道ぐも」など好きな文字を力いっぱいに書いた。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2019年08月20日11時42分の記事の記事
by sembiri | 2019-08-27 06:15 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

中札内で夏休み工作教室


b0191190_08052717.jpg
中札内村文化創造センター
=2018年5月撮影

 8月9日, なつやすみ工作会 が,中札内村文化創造センターで行われました。
 中札内図書館の主催で,参加した約20人の子どもたちは,日光に含まれる紫外線を利用してオリジナルハンカチ作りに取り組みました。

b0191190_08034073.jpg
中札内村図書館
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「中札内で夏休み工作教室」 と伝えています。

 【中札内】なつやすみ工作会が9日,村文化創造センターで行われた。参加した約20人の子どもたちは,日光に含まれる紫外線を利用してオリジナルハンカチを作った。

 中札内図書館の主催。ハンカチ作りでは,サイアノタイプと呼ばれる昔の青写真で用いられた手法を利用。二つの液体を混ぜ合わせてハンカチに塗り,切り絵や好きなイラスト,小物を上に載せて日光に当てると色の違いが出てくる。子どもたちは自由な発想でハンカチ作りに夢中になっていた。

-略-

(藤島諒司)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月20日9時00分の記事
by sembiri | 2019-08-26 06:32 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

 
b0191190_07541057.jpg
芽室小学校
=2014年8月撮影

 十勝管内の小学校の卒業児童らによる タイムカプセルの開封式 が,2校で開かれました。
 8月16日,芽室小学校の卒業児童が,20年前に学校敷地内に埋めたタイムカプセルを開封しました。
 8月15日,清水町の旧旭山小学校(現・剣の郷創造館)では,閉校時にグラウンドに埋めたタイムカプセルを開封しました。

b0191190_07512897.jpg
旧清水町立旭山小学校(剣の郷創造館)
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「卒業児童らがタイムカプセル開封 芽室,清水」 と伝えています。

 【芽室,清水】管内の小学校の卒業児童らによるタイムカプセルの開封式が2町で相次いで開かれ,当時の思い出の品々と再会した。

 ○…芽室小学校(吉藤清孝校長)の卒業児童は16日,20年前に学校敷地内に埋めたタイムカプセルを開封した。当時の記念写真や学校生活の記録が詰まった“宝物”を手にして,「ワクワクする」と思い出話に花を咲かせていた。

 タイムカプセルは1999年の開校百周年記念事業で埋められた。この日の開封式には当時の児童と関係者の130人が参加した。

-略-

(吉田政勝通信員)


 ○…清水町の旧旭山小学校(現・剣の郷創造館)では15日,同校閉校時にグラウンドに埋めたタイムカプセルを開封した。当時の児童らが20年前を振り返りながら旧交を温めた。

 1999年度末で閉校した同校では,同年9月27日,児童14人と教員らが20年後の開封を約束し,未来の自分に宛てた手紙やそれぞれにとっての宝物などをカプセルに詰めた。グラウンドには3年前の台風で増水した近くの久山川の水が流れ込んだが,カプセルは無事だった。

-略-

(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月18日8時00分の記事

by sembiri | 2019-08-25 06:48 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_07260973.jpg
足寄動物化石博物館=2019年5月撮影

 足寄動物化石博物館は8月11日から,館内で発掘体験を楽しむ 「発掘キット 星をほろう」 を数量限定で提供しています。
 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台の連携を記念した企画で,今回は,宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に登場する,はくちょう座を構成する星の一つ,アルビレオをテーマに制作しました。

b0191190_07262190.jpg
足寄動物化石博物館
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「動物化石博物館で発掘キット発売 足寄」 と伝えています。

 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は11日から,館内で発掘体験を楽しむ「発掘キット 星をほろう」を数量限定で提供している。

 同館と,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)の連携を記念した企画で,6年目。今回は「トパーズ・サファイアセット~銀河鉄道の夜より~」と銘打ち,宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に登場する,はくちょう座を構成する星の一つ,アルビレオをテーマに制作した。

 発掘キットは,青く染められたピンポン玉ほどの模造岩の中に,二重星でもあるアルビレオに見立てた青いサファイアと黄色のトパーズを埋め込んだもの。同博物館の体験プログラム「ミニ発掘プレミアム」の一つとして提供している。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月11日8時00分の記事

by sembiri | 2019-08-24 06:24 | 足寄町の小・中学校 | Comments(0)

士幌町で子ども料理教室

b0191190_05472568.jpg
【参考写真】ハンバーグステーキ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0


 7月30日,士幌町の「こども料理教室」 が,町保健センターで開かれ,調理や衛生,栄養について学びました。
 今回は2年生から5年生までの小学生9人が参加し,調理実習では,おにぎりやハンバーグ,小松菜の和え物など計8品を3グループに分かれて作りました。

b0191190_05460033.jpg
士幌町保健センター
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「士幌で子ども料理教室」 と伝えています。

 【士幌】「こども料理教室」(町保健福祉課主催)が,町保健センターで開かれ,調理や衛生,栄養について学んだ。

 食育事業の一環として,夏休みと冬休みに毎年開催している。今回は2年生から5年生までの小学生9人が参加し,7月30日に開催。「彩り豊かなお弁当づくり」をテーマに,市販の食品に含まれる塩分量や砂糖の量などを学んだ。また,手洗いチェッカーを使って汚れがなくなってから調理をするなど衛生面についても理解を深めた。

 調理実習では,おにぎりやハンバーグ,小松菜の和え物など計8品を3グループに分かれて作った。「帰ったら家族に作ってあげたい」と話す児童も。その後,近くの公園に行き,青空の下で自分たちが作った弁当を食べた。

-略-

(石村茉矢通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月17日10時00分の記事
by sembiri | 2019-08-23 06:30 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

音更で親子昆虫観察会

b0191190_04533414.jpg
十勝が丘公園=2019年5月撮影

 8月3日,音更町教委主催の生涯学習講座 「親子昆虫観察会」 が,十勝が丘公園で行われました。
 初めての開催で,町内の幼児・小学生と保護者10組28人が参加し,元足寄大誉地(およち)小学校校長で昆虫コレクターの平林照雄さんが講師を務めました。

b0191190_05030431.jpg
【参考写真】昆虫展示
=2017年2月,東大雪自然館で撮影

 十勝毎日新聞が, 「音更で親子昆虫観察会」 と伝えています。

 【音更】町教委主催の生涯学習講座「親子昆虫観察会」が3日,十勝が丘公園で行われた。

 初開催で,町内の幼児・小学生と保護者10組28人が参加。元足寄大誉地小校長で昆虫コレクターの平林照雄さん(71)が講師を務めた。

 平林さんから注意事項の説明を受けた後,子どもたちは持参した虫網を手に同公園周囲の草むらなどで昆虫探しに挑戦。捕獲した虫の名前を平林さんに確認してもらい虫かごに入れていた。

-略-

(村西信一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年08月19日9時00分の記事

by sembiri | 2019-08-22 06:29 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)