人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧


b0191190_10044742.jpg
釧路地検帯広支部(法務総合庁舎)
=2019年5月撮影

 11月20日,更別中央中学校の3年生が,コンビニエンスストア強盗致傷事件を題材に,生徒が裁判官,検察官,弁護人,被告人,被害者の役となって 「模擬裁判」を体験 しました。
 釧路地検帯広支部の検事らが講師を務め,生徒たちは公判の流れや評議の要点を学びました。

b0191190_10062807.jpg
更別中央中学校
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「更別中生徒が模擬裁判を体験」 と伝えています。

 【更別】更別中央中学校(宝輪祐子校長,生徒101人)の3年生が20日,社会科の授業で「模擬裁判」を体験した。釧路地検帯広支部の検事らが講師を務め,生徒たちは公判の流れや評議の要点を学んだ。

-略-

 コンビニエンスストア強盗致傷事件を題材に,生徒が裁判官,検察官,弁護人,被告人,被害者の役となって被告人の罪状認否,検察官や弁護人の冒頭陳述,証拠の説明などを体験した。

 生徒たちは3グループに分かれ,無実を主張する被告人が有罪か無罪かについて議論した。「目撃者の証言があいまい」「決定的証拠がない」「被告の家にあった現金やナイフ,スキー帽などが犯人の証拠では」などと意見を交わし,2グループが「無罪」,1グループが「有罪」とした。
 
-略-

(澤村真理子)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年11月25日8時00分の記事

by sembiri | 2019-11-30 06:30 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

鹿追で給食カレーを試食

b0191190_02562531.jpg
【参考写真】家庭の「カレーライス」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9

 11月11日,鹿追町学校給食共同調理場は,町民に給食への理解を深めてもらうための 給食試食会 を町民ホールで開きました。
 100人が参加し,地場産食材をふんだんに使ったカレーライスを味わいました。
 町食生活改善推進員協議会も協力し,野菜サラダやサツマイモのデザートなども提供しました。

b0191190_02554863.jpg
鹿追町民ホール
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「学校給食カレーを試食 鹿追」 と伝えています。

 【鹿追】町学校給食共同調理場(宇井直樹場長)は11日,町民に給食への理解を深めてもらうための試食会を町民ホールで開いた。100人が参加し,地場産食材をふんだんに使ったカレーライスを味わった。

 7月に町が給食を無償化したのを機に初めて開催した。大井和行教育長が町の給食事業について説明。担当者は「子どもたちが好きな物だけでなく,栄養面を考え,食べてほしいものを重点に調理している」と話した。町食生活改善推進員協議会(福井保子会長)も協力し,野菜サラダやサツマイモのデザートなども提供した。

-略-

(大井基寛通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年11月21日9時00分の記事

by sembiri | 2019-11-29 06:30 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

大樹でチーズ作体験

b0191190_02251570.jpg
【参考写真】モッツァレッラチーズ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%A9

 11月16日,生乳から牛乳,加工までの流れを学び,農業や食の大切さを知る日帰りプログラム 「お仕事体験しよう~牧場見学&チーズづくり」 が,大樹町内で開かれました。
 参加者は町生涯学習センターに移動し,牧場とチーズ工房を経営する坂根遼太代表と妻の晃子さんの指導で,モッツァレラチーズとストリングチーズ「さけっちょ」作りに挑戦しました。

b0191190_02273787.jpg
大樹町生涯学習センター
=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「チーズ作りを体験 大樹」 と伝えています。

 【大樹】生乳から牛乳,加工までの流れを学び,農業や食の大切さを知る日帰りプログラム「お仕事体験しよう~牧場見学&チーズづくり」が16日,町内で開かれた。

 南十勝長期宿泊体験交流協議会(STEP,酒森正人会長)主催。十勝管内の小学生13人が参加した。

 参加者は町内の農事組合法人「コスモアグリ」で牧場を見学した後,町生涯学習センターに移動。町内で牧場とチーズ工房「乳(にゅう)life」を経営する坂根遼太代表と妻の晃子さんの指導で,モッツァレラチーズとストリングチーズ「さけっちょ」作りに挑戦した。

-略-

(船水よう子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年11月21日8時30分の記事
by sembiri | 2019-11-28 06:20 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

広野小でオペレッタ公演

b0191190_02002126.jpg
帯広市立広野小学校=2016年8月撮影

 11月20日,帯広広野小学校で東京オペレッタ劇場による オペレッタ「小鳥売り」の公演 が行われました。
 全校児童と保護者,近隣住民らが美しい歌声のハーモニーやユーモアのある演出を楽しみました。

【参考サイト】オペレッタ「小鳥売り」(東京オペレッタ劇場)
http://www.operetta.jp/junkai29.html

b0191190_01591335.jpg
帯広市立広野小学校
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「児童も歌で参加 迫力のオペレッタ公演 帯広広野小」 と伝えています。

 帯広広野小学校(中山江里子校長,児童32人)で20日,東京オペレッタ劇場(角岳史代表)によるオペレッタの公演が行われた。児童たちはプロの迫力ある歌声に聴き入り,終盤では歌で公演に参加した。

 文化庁が主催する「文化芸術による子供育成総合事業」の一環。同事業では,子どもたちが優れた舞台芸術を鑑賞することで,発想力やコミュニケーション能力,芸術性の向上を目指している。

-略-


 この日上演したのは,小鳥売りのアダムと郵便配達員のクリステルの恋物語「小鳥売り」。全校児童と保護者,近隣住民らが美しい歌声のハーモニーやユーモアのある演出を楽しんだ。舞台上には児童たちが紙を切って作ったたくさんの「鳥かご」が貼られ,公演を彩った。

-略-

(細谷敦生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年11月20日20時00分の記事


by sembiri | 2019-11-27 06:30 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_09073239.jpg
【参考写真】「他人丼」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%96%E4%BA%BA%E4%B8%BC

 上士幌町学校給食センターは,町内の児童・生徒から, 給食レシピを募集 し,審査で 選んだ4品を給食で提供 しました。
 審査の結果,優秀賞に上士幌中学校2年の五十嵐琉さんの「他人丼・まめまめみそ汁・無限きゅうり」(3品),上士幌高校2年の村上乃野さんの「ジャージャー麺」が選ばれ,10月24,25の両日,実際に給食で提供されました。

b0191190_09084159.jpg
上士幌町学校給食センター
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「子どもたちから募集したレシピ,学校給食に 上士幌」 と伝えています。

 【上士幌】給食で食べてみたいメニューは-。町学校給食センターは,町内の児童・生徒から,給食レシピを募集し,審査で選んだ4品を実際に給食で提供した。

-略-

 同町は上士幌高にも給食を提供しており,町内の小・中・高校の児童・生徒を対象にレシピを夏休み前に募集。栄養教諭や調理員が,給食としての味,栄養バランス,アイデア,大量に作る調理の手間などを審査した。

 審査の結果,優秀賞に上士幌中2年の五十嵐琉さんの「他人丼・まめまめみそ汁・無限きゅうり」(3品),上士幌高2年の村上乃野さんの「ジャージャー麺」が選ばれ,10月24,25の両日,実際に給食で提供された。「ナイスアイデア」として,上士幌高2年の三澤瞳太さんの「れんこんのハンバーグみたいな肉団子」が選ばれた。

-略-

(平田幸嗣)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年11月14日9時00分の記事
by sembiri | 2019-11-26 06:30 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_06563997.jpg
芽室町立上美生小学校
=2018年5月撮影

 第2回北海道児童・生徒木工工作コンクールで,芽室町内の絵画造形教室「こどもアトリエひまわり」に通う 芽室町立上美生小学校6年の増中晴奈さん の作品が,第2部門(小学校高学年)で最高位の 道知事賞を受賞 しました。
 第3部門(中学生)では, 清水町御影中学校1年の井上稀央さん が次席に当たる道木材利用推進協議会賞でした。
 増中さんの作品は,来年6月に表彰式がある「第44回全国児童・生徒木工工作コンクール」に進みます。

b0191190_06553121.jpg
清水町立御影中
学校=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「木工工作コンで増中さんが道知事賞 芽室」 と伝えています。

 【芽室】第2回北海道児童・生徒木工工作コンクール(道木材青壮年団体連合会主催)で,町内の絵画造形教室「こどもアトリエひまわり」(今西ちはる代表)に通う増中晴奈さん(12)=芽室町立上美生小6年=の作品が,第2部門(小学校高学年)で最高位の道知事賞を受賞した。第3部門(中学生)では,井上稀央さん(13)=御影中1年=が次席に当たる道木材利用推進協議会賞だった。増中さんの作品は,来年6月に表彰式がある「第44回全国児童・生徒木工工作コンクール」(日本木材青壮年団体連合会主催)に進んでいる。

 子供たちが木の持つ美しさなどを体感し,創造する楽しさを知ってもらおうとコンクールを開いている。第2部門に26点,第3部門には2点,計45点の応募があった。

 増中さんが出品した「蛇の棲家(すみか)」は十勝の流木を集め,気に入った木を選んで組み合わせるうちに「蛇のイメージが浮かび上がってきた」という。太い枝をベースに,松ぼっくりや小枝を配置し,独特な蛇の棲家の世界観を表現した。

-略-

(及川雅敦通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年11月18日6時01分の記事

by sembiri | 2019-11-25 06:30 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_09065405.jpg
帯広農業高校=2018年4月撮影

 11月15日,帯広農業高校の生徒たちは,帯広稲田小学校を訪れ,3年生約80人に, 「ジャガイモ」の授業 を行いました。
 この日稲田小を訪れたのは,農業科学科の1,2年生15人で,ジャガイモの基礎知識や収穫までの過程などを伝え,同高校で育てたジャガイモを使った料理「イモ団子」を振る舞いました。

b0191190_22500194.jpg
【参考写真】「いももち」
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「帯農高生がジャガイモ授業 帯稲田小」 と伝えています。

 帯広農業高校(二木浩志校長)の生徒たちは15日,帯広稲田小学校(伊賀真美校長)を訪れ,ジャガイモについての授業を行った。ジャガイモの基礎知識や収穫までの過程などを伝え,同高校で育てたジャガイモを使った料理を振る舞った。

 この日小学校を訪れたのは,農業科学科の1,2年生15人。小学3年生約80人に,パワーポイントを使ってジャガイモを植えてから消費者の手に届くまでを説明した。クイズも交えて収穫に使う機械や選別方法,イモの病気を学んだ児童たちは,「(高校の農場で)ジャガイモはどれくらい育てていますか」などと積極的に質問していた。

-略-

 イモ団子はとてもおいしかった」と笑顔を見せた。この日は「母子栄養改善」の研修の一環で,国際協力機構(JICA)の研修員10カ国12人が児童・生徒の様子を見学した。

(細谷敦生)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2019年11月16日10時57分の記事の記事

by sembiri | 2019-11-24 06:03 | 帯広市の小・中学校 | Comments(0)

b0191190_08294273.jpg
ストニィプレイン町表示
=2017年2月,鹿追町民ホールで撮影

 11月16日,鹿追町内の中学生が,町の姉妹都市カナダ・ストニィプレイン町の中高生らとの ビデオチャットを通じた 英会話に挑戦 しました。
 子どもたちは緊張しながらも積極的に会話し,英語の楽しさを体感しました。
 英語を使って楽しむイベント「イングリッシュ・キャンプ」の一環で,鹿追中学校なんどの生徒21人とボランティアの鹿追高校生2人,町内小中学校の教員らが参加しました。

b0191190_08310472.jpg
鹿追中学校
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「鹿追 カナダとビデオチャットで英会話」 と伝えています。

 【鹿追】町内の中学生が16日,町の姉妹都市カナダ・ストニィプレイン町の中高生らとのビデオチャットを通じた英会話に挑戦した。子どもたちは緊張しながらも積極的に会話し,英語の楽しさを体感した。

 英語を使って楽しむイベント「イングリッシュ・キャンプ」(町教委主催)の一環で,中学生21人とボランティアの鹿追高校生2人,町内小中学校の教員らが参加した。

 会場のピュアモルトクラブハウスとインターネットでつないだストニィプレイン町の図書館には,同町の中高生らがスタンバイ。子どもたちはALT(英語指導助手)らのサポートを受けながら,「趣味は?」「好きな食べ物は?」「ボーイフレンドはいるの?」など,思い思いに会話を楽しんだ。熊谷陽太(ひなた)君(鹿追中1年)は「少し緊張したけど,通じた手応えはあった。普段と違う言葉で話すのは楽しい」と話していた。

-略-

(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年11月16日18時00分の記事

by sembiri | 2019-11-23 06:27 | 十勝管内の小・中学校 | Comments(0)

◇教育関連のサイト
文部科学省トップページ174.png
新小学校学習指導要領解説:文部科学省(平成29年06月登録)174.png
b0191190_07074070.jpg
文部科学省(「現行学習指導要領」/平成20,21年改訂)
文部科学省(小学校関連)
文部科学省「未来の学び プログラミング教育推進月間(通称:みらプロ)」
みらプロ「Scratch(スクラッチ)」紹介・体験サイト
文部科学省(小学校外国語活動サイト)
文部科学省(小学校体育まるわかりハンドブック)
文部科学省(小学校外国語活動サイト)
文部科学省(“Hi,friends!”関連資料
文部科学省(外国語活動「単元別学習指導案」
英語活動「授業で使える!教材ダウンロード」

全国的な学力調査の集計結果(平成29年08月29日)174.png
国立教育政策研究所
文化庁学習指導要領(昭和~平成)のデータベース
eCase(授業実践事例)
東京都算数教育研究会(都算研)
理科ねっとわーく
家庭菜園(野菜の育て方)
役立つ教材知識(生活科・理科・図画工作/はくぶん)
算数指導研究会「考える足場」
志水廣(愛知教育大学・数学算数研究)
種市算数研究所
文字情報基盤整備事業(外字ヘルプ)
文化庁「常用漢字表の字体・字形に関する指針/報告(案)」

◇教科書関連のサイト
b0191190_05400283.jpg
東書Eネット(東京書籍)
教育出版
大日本図書
新興出版社啓林館
光村図書出版
三省堂
学校図書
日本文教出版
開隆堂
教育芸術社(音楽)
教育技術ネット・小学館
教育記事データベース・明治図書
東洋館出版
光文書院
青葉出版
日本標準
教育同人社


◇教育実践・学習指導案のサイト

北海道教育研究所「ほっかいどうカリキュラムセンター」
岩手県立教育センター「データベース」
宮城県教育研修センター「教育情報データ」
埼玉県立総合教育センター「学習指導案データベース」
埼玉県教育局東部教育事務所「参考となる学習指導案集」
茨城県教育研修センター「学習指導案」
千葉県総合教育センター「教育データベース『Wakaba』」
東京都教職員研修センター「学習指導案のページ」
神奈川県総合教育センター「学習指導案のページ」
山梨県総合教育センター「教育情報コンテンツデータベース」
岐阜県揖斐郡教育研修センター「指導案データベース」
広島県立教育センター「学習指導案例集」
高知県安芸市教育研究所「指導案データベース」
福岡県教育センター「指導案データベース」
佐賀県教育センター「授業に役立つ実践研究」
熊本県教育情報システム「学習指導案等」

b0191190_04141877.jpg◇情報教育関連のサイト
日本教育工学振興会(JAPET)
日本視聴覚教育協会
ネット社会の歩き方

広教「Netモラル」
教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)

◇無料ドリル・プリントのサイト
さんすうプリモン
算数と計算問題のドリル集
幼児・小学生の学習プリント「ぷりんときっず」
小学生の学習プリント「ちびむすドリル」
ドリル・出来杉君「算数ドリル」
下学年(1~3年)の無料学習ドリル
上学年(4~6年)の無料学習ドリル
怪盗ねこぴー
ちばっ子チャレンジ100(国語・算数・理科の問題)

◇北海道・十勝地方関連のサイト
北海道子どもリンク集DoLink
b0191190_07502870.jpgふむふむ北海道(道庁)
十勝総合振興局
十勝支庁-wikipedia
札幌円山動物園
おびひろ動物園
帯広市ホームページ
十勝観光連盟
NHK帯広放送局
HBC北海道放送局
STV札幌テレビ放送
北海道新聞
十勝毎日新聞
十勝毎日新聞社NIE

by sembiri | 2019-11-22 06:05 | ★教師指導リンク集 | Comments(0)

好評,「農大市」

b0191190_00072920.jpg
道立農業大学校
=2018年5月撮影

 10月26日、本別町西仙美里の 道立農業大学校の「農大市」 が、構内で開かれ、200人を超える来場者が新鮮な野菜や牛肉などを買い求めました。
 年に一度のイベントで、イモやカボチャ、キャベツといった野菜や黒毛和牛のほか、ベーコンやアイスクリームなどの加工品を販売しました。
 特に,イモとタマネギの詰め放題も大人気でした。

b0191190_16501271.jpg
【参考写真】つつじ祭りの農大ブース
=2019年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別で『農大市』」 と伝えています。

 【本別】道立農業大学校(赤池政彦校長)の「農大市」が26日、同校で開かれ、200人を超える来場者が新鮮な野菜や牛肉などを買い求めた。

 農大市は同校学生が生産・加工した農畜産物を販売する、年に一度のイベント。イモやカボチャ、キャベツといった野菜や黒毛和牛のほか、ベーコンやアイスクリームなどの加工品を販売。イモとタマネギの詰め放題も大人気だった。

 焼き肉やフライドポテト、ホットミルクなどの試食コーナーは長い列ができる盛況ぶり。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2019年10月31日9時30分の記事


by sembiri | 2019-11-22 06:04 | 道立農業大学校 | Comments(0)